不動産会社におすすめのAIサービス4選

最近ではAI(人工知能)を活用したサービスを取り入れる不動産会社も増えてきています。

特に不動産業は膨大な量のデータを扱うので、AIを使うことでデータ処理の時間、対応する人員を減らし、より精度の高いデータを導き出すなど、多くのメリットを得ることができます。

今回はそんなAIを活用した、不動産販売、賃貸、管理など様々な業務に向けたサービスを7つご紹介していきたいと思います。

不動産会社におすすめのAIサービス7選

  1. Gate
  2. AI不動産査定ツール・AIマーケティングオートメーションツール
  3. 管理ロイド
  4. 博士のオンライン来店予約
  5. Oeruka
  6. RPAらくらくロボシリーズ
  7. Propo Cloud(プロポクラウド)

1.Gate

不動産,AIサービス

会社名 リーウェイズ株式会社
サービス名 Gate
用途 物件査定・シミュレーション、市場分析、オフィス専用市場分析
価格 要問合せ
業種 売買仲介・販売・賃貸・管理

リーウェイズ株式会社が提供するGateは、不動産会社140社以上、金融機関10社以上の導入実績をもつAIサービスです。

  1. 物件査定・シミュレーション
  2. 市場分析
  3. オフィス専用市場分析

の3種類のパッケージがあり、2億件以上の不動産データを学習したAIが業務をバックアップしてくれます。

物件査定のAIツールは、価格や賃料決定の判断基準としてや、市況感を把握するためなどに使用でき、物件査定の時間短縮などにも役立ちます。

実際に金融機関でも使われているAI査定ツールなので、提示される側への安心感や信憑性の高さも評価されています。

2.AI不動産査定ツール・AIマーケティングオートメーションツール

不動産,AIサービス

会社名 SRE AI Partners株式会社
サービス名 AI不動産査定ツール・AIマーケティングオートメーションツール
用途 AIが自動査定・AIが顧客ごとに情報を作成し、自動で追客メールを送信
価格 要問合せ
業種 売買仲介・販売

SRE AI Partners株式会社はソニーのグループ会社であり、ソニーグループが蓄積してきた情報技術、ソフトウェア技術、AI/機械学習を核に様々なAI×コンサルティングのサービスを提供しています。

AIクラウド事業ではAI不動産査定ツール、AIマーケティングオートメーションツールの2つのパッケージを展開。AI不動産査定ツールは査定1件あたり約180分の作業時間が最短で10分まで短縮可能に。見やすいデザインと、簡単でシンプルな操作方法も特徴です。

AIマーケティングオートメーションツールはAIが顧客ごとに情報を作成し、自動で追客メールを送信。周辺の売出情報や新着物件情報、不動産を売りたい方には「AI不動産査定ツール」で算出した査定価格など、顧客ごとに合った提案を可能にしています。

3.管理ロイド

不動産,AIサービス

会社名 株式会社THIRD
サービス名 管理ロイド
用途 不動産管理の業務オペレーションをAIで効率化
価格 要問合せ
業種 管理

株式会社THIRDが提供する管理ロイドは、紙が原因で発生している不動産管理業務の非効率を改善し、重複業務、ムダな業務を無くすAIツールです。

特にペーパレス化、遠隔監視の低コスト化、労働生産性の改善、不動産管理品質の向上を課題とする会社におすすめです。

管理ロイドのスマホアプリとWEBシステムがリアルタイムで連動するため、アプリから点検・検針・清掃報告などを入力する事で、事務所に戻ってからの報告書作成業務をなくしたり、現場作業直後に報告書の自動出力ができるなど、作業時間短縮や作業スピードUPなどが図れます。

4.博士のオンライン来店予約

不動産,AIサービス

会社名 株式会社博士.com
サービス名 博士のオンライン来店予約
用途 24時間どこでも簡単に来店予約、自動追客できる
価格 要問合せ
業種 賃貸

株式会社博士.comが提供する博士のオンライン来店予約は、24時間いつでも来店予約に対応し、深夜、休日など営業時間外の反響取込み、自動追客などができるサービスです。

AI物件提案機能では、物件情報(直接入力やコンバート取込など)から希望条件に合わせて物件提案を行います。 ユーザーは希望に近い物件を選択することでAIにより類似条件が絞られ、 よりユーザーにマッチした物件提案が行われます。

また、オリジナルAIチャットという機能もあり、事業別にチャットパターンが多数用意され、ユーザーはAIチャットとやりとりをして部屋探しが出来る仕組みになっています。

5.Oeruka資料あり

不動産,AIサービス

会社名 価値住宅株式会社
サービス名 Oeruka
用途 最新の相場情報によるAI自動査定
価格 初月費用:あり
月額課金:25,000円
業種 売買仲介・販売

価値住宅株式会社が提供するOerukaは、AI自動査定サイトと自動追客システムがセットになったこれまでにないツールです。

AI自動査定では必要な相場データはすべて自動で更新、また、導入にあたっての手間も一切なくすぐに導入が可能な上、メンテナンス等の手間もかからないので大変オススメです。

AI自動査定サイトで集客し、そのまま自動追客できるワンストップのシステムなので、他の査定サイトとの差別化も図れそうですね。

6.RPAらくらくロボシリーズ資料あり

不動産,AIサービス

会社名 株式会社いえらぶGROUP
サービス名 RPAらくらくロボシリーズ
用途 不動産業務をロボットが代行
価格 要問合せ
業種  売買仲介・販売・賃貸仲介

株式会社いえらぶGROUPが提供するRPAらくらくロボシリーズは、不動産業務をロボットが代行してくれるRPAシステムです。

AI-OCRという画像データのテキスト部分を認識し、文字データに変換する光学文字認識機能も搭載されているため、RPAと組み合わせることにより、複雑な管理や文書のデータ化などすべて対応可能に。

また、物件画像のカテゴリを自動で判定・登録する機能もあるので、画像カテゴリの入力不備をなくしたり、より短時間で画像情報を充実させることができます。

7.Propo Cloud(プロポクラウド)資料あり

不動産,AIサービス

会社名 株式会社Housmart
サービス名 Propo Cloud(プロポクラウド)
用途 AIとHousmartデータベースによる高精度な自動追客
価格 初月費用:300,000円
月額課金:50,000円~
業種  売買仲介・販売

株式会社Housmartが提供するPropo Cloud(プロポクラウド)は、AIとHousmartデータベースによる高精度の提案機能で自動追客ができます。

一都三県の売り出し物件を独自に収集しデータベースを構築しているため、このデータをそのまま追客に活用、物件の入力作業も不要です。新着・値下がり物件を毎日更新し、配信できます。

コロナ感染拡大の影響で対面接客が難しくなった現在では、ご来店いただかなくとも物件提案でき、登録した多くのお客様への対応が可能な点も非常に便利ですね。

まとめ

AIを使った様々なサービスを見て頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

不動産にAIを活用するメリットは、不動産会社の業務効率化だけでなく、一般ユーザーの手間や満足度の向上にもつながります。

また、AIは人間以上に高い精度で分析することができ、処理スピードも人と比べ遥かに高いです。査定などの評価基準においては客観的で担当者ごとのバラつきを防ぐこともできます。

必要に応じてAIツールを使い分けることで、これまで以上の成果を生み出すことができますので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

▼こちらもオススメ▼

【データを無料公開】売却獲得の勝ちパターン

実際に売却経験のある売主様2500人に「どのように不動産会社を選んだのか」を調査しました。今回はE-BOOK形式で調査データを無料公開いたします。

フェーズ別のユーザー心理と推奨アクションの解説ありますので、興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事