【完全予約制】不動産仕入れセミナーPremium@東京・大阪・福岡

一括査定サイト攻略法・不動産所有者DM作成法に加え、その業務効率化の方法までもお伝えする充実の180分

不動産仕入れセミナー Premium

伝説の2016年東京神田セミナーや2018年の大阪中之島セミナーを超える、まさに“Premium”なセミナーをご用意致しました。講師及び総合コーディネーターとして、不動産集客コンサルの第一人者で不動産コラムニストとしても活躍中の梶本幸治先生をお招きし、「今日から使えるノウハウと、スグに利用出来る営業ツール」を余すところなく解説して参ります。
梶本 幸治 先生
45歳・不動産業歴23年
株式会社レコ
取締役コンサルティング本部長
「梶本のコンサル」サイト運営者不動産業専門の集客・教育コンサルタントとして全国各地にクライアントを抱え又、不動産集客専門サイト「梶本のコンサル」を運営する等、その集客手腕には定評がある。特に仕入れ手法の理論と実践に関しては、多くの不動産会社から高い評価を受ける。その他にも各種メディアにて不動産コラムを執筆するコラムニストとしての顔も持つなど、活躍するフィールドは広い。●不動産集客情報サイト「梶本のコンサル」
http://www.kajicon.jp
不動産仕入れセミナー Premium”の主なメニューは下記の通り
  • 不動産仕入れDMの反響率を公開し、仕入れ施策の具体化を提案。
  • 梶本先生の名物コンテンツ「反響の取れないDM例」を丁寧に解説。
  • 各種不動産仕入れDM作成時の、注意すべき点を個別に解説。
  • 面倒な不動産所有者調査やリスト化を、外部委託できるサービスの紹介。
  • 一括査定サイトからの受託率を、営業戦力5名以下の会社実例で紹介。
  • 一括査定サイト反響時から長期追客までの営業フローを公開。
  • 一括査定サイト攻略のカギ「送客情報」「登記簿読込」「ネット検索」を解説。
  • 受託に繋がる査定書作成方法と、売主への応酬話法を公開。
  • DMや査定書送付時に「担当者自身を売り込む」為のツールを公開。
  • 仕入れ施策によって入手した情報を、住宅地図で一元管理する方法とは。
  • 査定書添付書類(路線価や用途地域)を、スグに準備出来る手法とは。
  • 売り顧客に向けて効果的な追客メールを簡単に送付する方法を紹介。

ゲスト講演

【講師】利根川 諒志
マンションリサーチ株式会社
一括査定の新しい勝ち筋【JIREI PRO】を活用し「早い」「差別化」「信頼アップ」により面談率・媒介獲得率を飛躍的に増加させる方法とは !?
【講師】山田 力
ヒトワークス株式会社
ユーザーの70%以上は、スタッフ紹介ページを閲覧!驚くべき担当者の決定方法とは?今、見直すべき担当者の重要。
【講師】福田 栄史
ミカタ株式会社
ライバル不在の営業手法!数字につながりづらい長期顧客の追客を仕組化でファーストチョイスの不動産業者になるためには?

セミナー開催概要

  • 【東京講演】11月15日(金)/東京駅近辺 13:30~17:00(13:00より受付開始)
  • 【大阪講演】11月21日(木)/大阪駅近辺 13:30~17:00(13:00より受付開始)
  • 【福岡講演】12月13日(金)/博多駅近辺 13:30~17:00(13:00より受付開始)
セミナー定員: 60名様
経営者 10,000円 ➡ 3,000円(税込)
その他: 10,000円(税込)

申し込みはこちら

役職 (必須)
経営者管理職営業WEB担当営業事務その他

参加会場(必須)

【大阪講演】11月21日(木)/ 13:30~17:00【福岡講演】12月13日(金)/ 13:30~17:00



\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事