不動産査定書作成ツールおすすめ3選まとめ

不動産の査定書を作ることは手間のかかる作業ですが、営業マンにとっては非常に大切な仕事です。

査定書の枚数やフォーマットは法的に決まっていないため、各社工夫を凝らし、どのようにしてお客様の目を引く査定書を作れるかが、今後の商談の大きなポイントとなります。

とはいえ、

  • 査定書にボリュームを出せない・・
  • 査定書作りが苦手・・

という営業マンもたくさんいます。

今回は「ワンクリックでボリュームのある査定書が作れる」おすすめツール(業者)を3つご紹介いたします。

資料請求できます。

下記のマーク(資料あり)があるサービスについては問い合わせ不要で今すぐに資料請求が可能です。

不動産査定書作成ツールおすすめ3選まとめ

  • 不動産ビジネスセンター
  • 査定番頭
  • 不動産査定システム

1.株式会社FIVES(不動産ビジネスセンター)【資料あり】

不動産,査定書作成,おすすめ

サービス名 不動産ビジネスセンター
運営会社 株式会社FIVES
初期費用 入会料+ID設定料18,000円
料金 月額利用料9,800円
対応物件 マンション・土地・戸建・ビル・アパート

株式会社FIVESが提供する不動産ビジネスセンターでは、物件レポート、土地売買事例、周辺施設など71もの幅広いサービスコンテンツがあるので、資料作成時間の短縮や、納得感のある提案資料を作ることができます。

ポイントワンクリックで大ボリュームの査定書(約50枚)を作成することができます。

2.株式会社アドパークコミュニケーションズ(査定番頭)

不動産,査定書作成,おすすめ

サービス名 査定番頭
運営会社 株式会社アドパークコミュニケーションズ
初期費用 初期費用10,000円(税別)
料金 月額利用料9,500円(税別)
対応物件 マンション・土地・戸建・アパート

株式会社アドパークコミュニケーションズが提供する『査定番頭』はインターネットが利用できる環境であれば場所を選ばず利用できるASP型サービスのため、アプリケーションのインストール作業が不要、最小限の入力項目で、誰でも簡単&スピーディに査定提案書が作れます。

不動産査定提案書は複数のテンプレートから選択ができ、自社カラーなどのイメージに合わせて選ぶことができるのも査定番頭の特徴です!

3.株式会社東京カンテイ(不動産査定システム)

不動産,査定書作成,おすすめ

サービス名 不動産査定システム
運営会社 株式会社東京カンテイ
初期費用 要問合せ
料金 要問合せ
対応物件 マンション・土地

株式会社東京カンテイが提供する『不動産査定システム』はASPサービスのため、専用プログラムのインストールやデータ更新の必要はありません。

説明の難しい統計的手法ではなく「価格根拠の明示」が可能な売買事例での比準による明確な査定を採用しています

すでに公的価格や売買事例がシステム内に登録済みのため物件概要の入力も不要で圧倒的なスピードで査定書が作成できます。

不動産会社に役立つ資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは資料やチラシテンプレートがダウンロードいただける、ミカタストアを提供しています。

不動産,査定書作成,おすすめ

売上げアップ・集客・追客に役立つ資料がショップ形式でダウンロードいただけます。まだ見ていない方は是非ご覧ください!

ミカタくん
資料は定期的に追加されるのでお見逃しなく!

まとめ

ひと言で査定書といっても、

  • ずっしりと重みのある査定書なのか
  • ペラペラの査定書なのか

でお客様から見た営業マンへの印象は大きく異なります。

こうした査定書作成ツールを使ってお客様によりよい印象が与えれるよう工夫していましょう!

▼今すぐダウンロードできる資料▼

査定書で勝つ方法を紹介します!

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事