ITとリアルを融合し、これまでにない中古住宅の仲介事業を展開している、不動産テック企業の株式会社WAKUWAKU は、株式会社バンブーインターナショナルとブランドパートナー契約を締結しました。それに合わせて4月29日、ショールーム「リノベ不動産|用賀店」をオープンしました。

画像はPR TIMESより

 「中古仲介+リノベーション」で展開し、ワンストップサービスの市場シェアが一位である「リノベ不動産」は、資金計画や不動産仲介だけでなく、その後のリノベーション設計のデザイン、施工、イン テリアコーディネートまでの一括サービスを展開しているプラットフォームです。本部では、リノベーションのWEBメディアである「リノベ不動産ドットコム」の他、業界特化型のCRM・MAツールや業務の全体的なプロセスを効率化することができる統合基幹情報システム「リノベ不動産cloud」など、最新のITシステムを駆使した「中古仲介+リノベーション」のノウハウ・セールスプロセス・WEBマーケ・デザイン・建材・アフターコンテンツ、さらには業界特化型のシステム開発するなどと、不動産業界全般におけるDXの推進に注力してカスタマーエクスペリエンスの改善・向上を進めています。 産業全体における構造上の問題点を解決して、業界側が一方的に価値を提供する形のサービスでなく、顧客第一で考える新しいサービスの提供を叶える付加価値を事業者(toB)向けに展開しています。

Twitterでフォローしよう