「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2021年4月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に月間900件以上(2021年4月現在)の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2021年4月度】

集計期間 2021年4月1日~2021年4月30日

合計 916 694 75.80% 4.5 90 9.80% 154 15.60%
媒体名 査定数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル数 キャンセル率
リビンマッチ 271 202 74.50% 4.9 23 8.50% 56 19.40%
イエウール 233 174 74.70% 4.38 15 6.40% 42 17.60%
HOME4U 141 121 85.80% 3.36 18 12.80% 17 11.00%
イエイ 109 73 67.00% 5.99 4 3.70% 26 23.20%
すまいステップ 74 55 74.30% 3.89 11 14.90% 5 6.20%
ホームズ 32 24 75.00% 4.38 12 37.50% 1 2.80%
マンションリサーチ 30 20 66.70% 5.03 2 6.70% 5 13.90%
おうちダイレクト 15 15 100.00% 2.6 4 26.70% 1 3.80%
リガイド 7 7 100.00% 3.29 0 0.00% 1 14.30%
ズバット不動産売却 3 2 66.70% 5.33 0 0.00% 0 0.00%
不動産連合隊 1 1 100.00% 3 1 100.00% 0 0.00%

今月に関しては、とにもかくにも「訪問査定率」から触れざるを得ない状況となりました。
昨年5月のサービスリリース以降、初めて10%を下回る「9.8%」という低水準での着地となり、サービス運営を預かる身として深く反省をしております。
まず何よりも弊社のサービス運営の至らなさを猛省し、来月以降の数字回復に向け、トークや架電ルール、業務フローなど改善を推し進める所存です。

立場上、自己弁護になってしまう側面もあるため、本来であればあまり申し上げるべきではないかもしれませんが、少しでも皆様に情報提供もさせて頂きたく、以下に弊社なりの見解を述べさせていただきたいと思います。

まず全体の入口となる「通電率」の落ち込みが目立っており「75.8%」と先月比4%減での着地でした。
通電率の落ち込みは、そのまま全体の期待値減少に繋がってしまうため、弊社ではここを大変重く受け止めています。
また、通電し話せた後の数字も見ていくと、キャンセル率も先月比2.2%増の「15.6%」と悪化しています。

反響全体の傾向として「訪問査定を受け入れる」ということにネガティブな変化をしており、少なからず新型コロナウイルスの感染拡大、緊急事態宣言の再発出等の影響はあったものと考えております。

しかし、全体では落ち込みがあったものの、一部の不動産会社様に限ってはむしろ通電率・訪問査定率が先月比で回復した事例もあります。
該当の不動産会社様への聞き取りを行ったところ、お客様の年齢層に応じてeメールだけでなく、SMS・LINEなどの各種連絡手段を使い分けるようにしており、長文を送る時以外はSMSかLINEによる「短文」でのやり取りを意図的に増やしたとのことでした。
(※本稿はお話を伺った方に許可を得て執筆しています。)

お客様がコミュニケーションに感じる負担・ストレスを減らすようにしたところ、こまめに連絡が取れるようになり、全体のアポイント率の向上にも繋がった事例です。
ここから見えてくるのは、電話のみでなく顧客にとって都合の良い連絡手段も取り入れた「マルチチャネル」の重要性かもしれません。

実は弊社でも、将来的には電話以外の連絡方法にも対応した追客支援サービスの構築を検討しています。スマホが普及し様々なコミュニケーション手段が取れるようになっている今、こうした柔軟性が今まで以上に必要になっていることを感じた1ヶ月でした。

最後に、媒体ごとの数字にも少し触れておきたいと思います。
訪問査定率・キャンセル率ともに、数ヶ月連続で数字が落ち込んでいる媒体も少なくない中、先月から注目している「すまいステップ」は引き続き堅調な数字を維持しています。
上位5社の中では最も訪問査定率が高く、キャンセル率が一桁台で着地した唯一の媒体となりました。
反響の「取得件数」ではまだ最上位の各社には及んでいないものの、「質」においては一定以上の期待値があると思われます。

以前から最も数字の良かったHOME4Uも訪問査定率・キャンセル率の2部門はすまいステップに首位を譲ったものの、通電率は「85.8%」と流石の高水準でした。
この2媒体に関しては先月に続いて、期待値の高さにおいては優秀であると感じています。

皆様の媒体選考時、弊社の公開する情報が少しでも参考になれば幸いです。

また、以下の記事ではこのサービスを運営することで得られた「アポ取得ノウハウ」を公開しています。
よろしければ併せてご一読ください。

【PR】最後に・・・

一括査定サービスを利用しても、なかなか対応ができていない、訪問査定率が伸び悩んでいるという方、

弊社の「テレアポ外注サービス」のご利用をぜひご検討ください!

こんな方にオススメです!
・新規反響対応まで手が回らない
・なかなか電話が繋がらない
・訪問査定率が1ケタ台・・・

ご不明点やご質問はお気軽にお問い合わせくださいませ。

【連絡取得率86%】一括査定初期対応コールセンター

一括査定では他社に先駆け一番最初に売主とコンタクトをとることで、その後の営業活動が優位に進みます。

ただ、契約・決済・案内・営業人員不足などにより、初期対応がおろそかになってしまっている不動産会社様が多くいらっしゃいます。

一括査定初期対応コールセンターはわずらわしい一括査定の初期対応を完全外注化することで、業務の効率化を図り営業担当が別の案件に集中できるようになるためのサービスです。

Twitterでフォローしよう