「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2022年7月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に月間約2,000件(2022年7月現在)の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2022年7月度】

集計期間 2022年7月1日~2022年7月31日

※キャンセル率=キャンセル数/弊社が受信した査定全ての件数(キャンセル数には、お客様のご要望によるキャンセルのほか、権限のない他人、イタズラなども含まれます)
※媒体によってはキャンセル案件の一部を「課金対象外」として扱うため、媒体選定に関しては「課金金額/訪問査定数」などの費用対効果を基に選定いただくことを推奨しております。
※月間の対応件数が10件未満の媒体は、記載せず。

合計 1,929 1,501 77.7% 4.76 302 15.6% 242 11.2%
媒体名 対応顧客数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル数 キャンセル率
イエウール 552 413 74.8% 5.17 67 12.1% 93 16.1%
HOME4U 477 384 80.5% 4.39 79 16.6% 42 7.3%
リビンマッチ 470 377 80.2% 4.88 78 16.6% 74 14.5%
すまいステップ 156 114 73.1% 5.09 31 19.9% 17 10.1%
LIFULL HOME'S 93 72 77.4% 3.59 27 29.0% 4 3.9%
おうちクラベル 66 51 77.3% 4.97 5 7.6% 8 9.9%
マンションナビ 29 20 69.0% 4.17 2 6.9% 1 3.3%
スーモ 16 15 93.8% 3.63 3 18.8% 0 0.0%
リガイド 15 13 86.7% 3.93 5 33.3% 1 5.6%
サテイエ 15 11 73.3% 5.8 1 6.7% 0 0.0%
イエイ 10 6 60.0% 5.2 0 0.0% 0 0.0%
ズバット不動産売却 10 9 90.0% 4.5 1 10.0% 2 20.0%
いえカツ 10 9 90.0% 2.5 2 20.0% 0 0.0%

お世話になっております。ミカタ(株)の長谷川と申します。
今月から野村に代わり、コールセンターサービスのCSを担当している私が記事を書かせていただきます。
よろしくお願い致します。

先月に続き約2,000件と相当量の反響を対応させて頂きました。
結果として通電率先月比+2.9%訪問査定率-1.9%と通電率は上がったが、訪問査定率は下がってしまう結果で着地致しました。

8月以降も、通電率は維持しながら、5・6月の同等の訪問査定率を獲得できるように、
改めて対応スピードの強化に取り組んで参りたいと思います。

引き続き「質」による競争が激化傾向・・・?

今月も先月に引き続き、業界全体で反響の「質」を意識した競争が進んでいると感じております。
今月は、反響の「質」に注目して少し詳しく見ていきたいと思います。

まずは「HOME4U」
件数も477件と多い中で、訪問査定率16.6%、キャンセル率7.3%と先月に続き、安定して「質」を維持しています。
キャンセル率10%以下を継続できているのは、「売却を検討しているお客様」又は「いずれかは売却をしたいと考えて動いているお客様」をしっかりと集客できていることが数字から見てもわかります。

次に、質の高さといえば「LIFULL HOME'S」
やはり強いですね・・・弊社で対応させていただく案件数も先月比+26件と増えていますが、訪問査定率29%と、安定して約30%の訪問査定率を維持しております!
毎月、LIFULL HOME'Sの質の高さには驚いております・・・

続いて、質が高く案件数も担保できる「すまいステップ」
訪問査定率+3.6%と、約20%の数字で着地!
案件数が増えていくと訪問査定率は必然と下がる傾向がございますが、「すまいステップ」の場合は、なんと訪問査定率が向上しています。
キャンセル率も「ほぼ横ばい」という素晴らしい結果となっております。
不動産会社様からも「すまいステップはどう?」とご相談を頂くことが多いので、不動産会社様の間でも、「質が良い」と話題になっているのではないでしょうか・・・?
来月の数字も楽しみです!!

最後に、昨年の11月頃から堅調な数字を維持してきた「イエウール」について、お話させていただきます。
今月は先月に引き続き、苦戦をした印象です。
案件数はトップですが、訪問査定率は12%と落ち込んでいただけではなく、キャンセル率も先月と横ばいという結果になっています。
6月の広告施策が市状にマッチしていなかったことが引き金となってるのかもしれません・・・

ですが、去年の同時期と比較すると9.3%12%と、改善に向けて対策を続けていることは感じられますので、来月以降の数字に期待しています!!

8月もお楽しみに!

来月(8月)は夏季休暇を含む月になります。

「数字に変動があるのか・・・?」
「やっぱり長期休暇があると案件数って増えるのか?」など

様々な視点で数字を見られる月だと思います。
毎月、弊社の対応実績レポートを楽しみに見ていただいている方々も実感と比べながら、来月のレポートもお待ちいただけますと幸いでございます。

今回、野村に代わり初めて考察記事を書かせていただきました。
まだまだ足りないところもあると思いますが、数字をもとに、皆様にフレッシュな情報を発信できるよう頑張ります!
引き続きよろしくお願いいたします。

 

不動産会社に人気のセミナー一覧

 

Twitterでフォローしよう

売買
賃貸
工務店
集客・マーケ
業界NEWS