おすすめ記事
自社ホームページがGoogleで上位表示されないと悩んでいる不動産会社にお伝えしたい事

結論からお伝えすると、「自社ホームページの位置付け(捉え方)を、今の時流に合せて変えましょう。そうする事で、自社ホームページをもっと有効活用できます。」と言う事になります。

ただ、その前に、何故、自社ホームページの上位表示が難しくなって来ているのかについて、先ずは見て行きましょう。これを理解して頂く事が、位置付け(捉え方)を変える為にも重要になります。

自社ホームページを運用している不動産会社で有れば、

  • 「●●市 不動産」
  • 「●●駅 中古マンション」

等のキーワードで、Google・Yahoo!の上位に表示させたいと考えると思われます。

しかし、ここ最近は、大手ポータルサイトや、大手フランチャイズ本部サイトが、良いキーワードの上位を占めて、中小零細規模の不動産会社の自社ホームページが、上位にランキングされる事は、難しくなって来ています。

ホームページの数・ページ数が増えた等々、様々な理由が有りますが、一番の理由は、「Googleの精度が高まって、(結果として)ポータルサイトや、
大手FC本部サイトが強いルール(アルゴリズム)になった」事が挙げられます。

Googleの検索結果が決まるルール(アルゴリズム)は、様々な要素が絡んでいる為、説明が難しいのですが、Googleの経営者の視点で考えてみると、とてもシンプルで分かりやすくなります。

Googleの理想は、キーワード検索をしたユーザーに、

「順位が上のホームページほど、求めている情報が多くて、最新で、充実していて、順位が下がれば下がる程、情報が薄くなって行く。やっぱり、Googleの検索結果って便利だね。」

と、いつでも思ってもらえる事です。

(因みに、Yahoo!JAPAN は、Googleと提携しており、Yahoo!の検索結果は、ほぼGoogleの検索結果と同じです。)

具体的に「●●市 中古マンション」と言うキーワードで考えてみましょう。

情報量と言う点では、一概にページ数とは言えないのですが、ページ数も、重要な要素です。そのホームページの中に、「●●市 中古マンション」に関するページが、他のホームページよりも多いと言う事が、一つの評価基準となります。

一昔前のSEO業者の中には、この基準を悪用(応用?)して、「●●市の中古マンションの契約の流れ」とか「●●市の中古マンションの不動産用語集」等、別に「●●市」や「中古マンション」とは関係が無く、地名だけ変えたら他社にも使い回し出来る様なページを大量生産して、上位表示させていた所も有ります。

しかし、Googleは、この悪用(応用?)を把握するので、ページが多い事は評価するものの、今度は、そのページが更新されているのか?と言う評価基準にも重きを置く様にルールを改訂します。

こうなると、物件情報ページとは違い、これらのページは作成した切りになる為、ページは存在するものの、更新が無い(少ない)為、余り評価されないページとなります。

一昔前のSEO業者の中には、この新ルールも悪用(応用?)して、機械的に毎日全ページ更新して、上位表示を達成・維持していた所も有ります。

しかし、Googleは、これも把握しますので、ページが多くて、更新頻度が高い事は評価するものの、「ユーザーにとって、本当に重要なページなら、そのページに多くのユーザーがアクセスして来るはずだ。又、アクセスして、そのページをじっくりと見るので、滞在時間も長くなるはずだ。更に、1ページだけ見て帰る事は無く、次のページ・その次のページと見て行くはずだ。」と言う観点での基準も重要視する改訂をしました。

こうなって来ると、SEO業者の対策で、人為的に順位を操作する事は非常に難しくなります。以前は、SEO業者からの営業電話・営業メールが殺到していたのに、最近、殆どと言って良い程、SEOの営業が来ない理由は、ここに有ります。

その結果、

 「●●市 中古マンション」で、他のホームページよりも、情報(ページ数)が多い
→ ページが多いだけで無く、それらのページが(機械的にではなく)更新頻度が高い
→ 更新されているだけで無く、それらのページに、(色々な)ユーザーが実際にアクセスしている
→ アクセスしたユーザーは、そのページで、情報を得る為に、滞在時間が長くなり、
→ 更に、そのページから、サイト内の次のページに進んで行く

と言うホームページが、Googleに評価される様になりました。

これに当てはまるのが、一不動産会社のホームページよりも、ポータルサイトや、大手FC本部ホームページです。

この為、「●●市 マンション」等の良いキーワードで、検索結果の上位に、ポータルやFC本部サイトが表示されやすいルールになっています。

これは、或る意味、王道なので、ユーザーにとっては悪い事では有りません。しかし、不動産会社の自社ホームページとしては、SEO対策では効果が得難い時代になってしまいました。

しかし、「●●市 不動産」「●●市 マンション」と言う良いキーワードで上位表示されなかったとしても、自社ホームページを活用する方法は有ります。

その為には、「●●市 不動産で上位に来ないから、効果が無い」「●●駅中古マンションで上位に来ないなら、自社ホームページを持つ意味が無い」
と言う、過去の呪縛から解き放たれて、そういう時代に、どうすれば、
自社ホームページで効果を上げる事が出来るかについて考えて行く事を
お勧め致します。

この点については、項を改めて、ご案内出来ればと思います。

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事