おすすめ記事
優秀な社員の独立やライバル会社への流出を防ぐ5つの方法

不動産業界というのは比較的独立・起業が多い業界です。

もともと稼ぐことに対して意識の高い人材が集まりやすい、ということもあり、ある程度のノウハウを手に入れたら独立してしまおうと考える人が多くいます。

また不動産業界は人の入れ替わりが激しく、同じ不動産関係の会社に転職するケースも非常に目立ちます。

個人が独立や転職でキャリアアップすることは非常に喜ばしいことではありますが、会社としては優秀な人材がいなくなってしまうわけですから気が気ではありません。

今回は優秀な社員の独立やライバル会社への流出を防ぐ方法をご紹介したいと思います。

Tips

全業界の転職者数は年間200万人~300万人程度です。

優秀な社員の独立やライバル会社への流出を防ぐ5つの方法

1.権限を大幅に与える

まず優秀な人材の多くは力をつけていくにつれて「自分の裁量を最大限持ちたい」と考えています。

今の会社では、自分の決定できる裁量がないから、独立や転職を検討する方が非常に多いです。

「やりたいことができないから」というのはよくある転職理由のひとつです

優秀な社員の独立や他社への流出を防ぎたいのであれば、「今の会社より自由な会社はない」と思ってもらえるよう、本人が納得するよう、自由に仕事ができる環境作りが重要となります。

2.固定を上げる(歩合率を減らす)

不動産会社では歩合で営業マンのモチベーションを保つケースもありますが、歩合率が高すぎると「独立したほうがよいのでは?」と考えるようになります。

そのため優秀な営業マンには固定給を大幅に上げて歩合をへらすことで、安定を与えて上げる必要があります。

高い固定給であれば、競合他社に引き抜かれる心配もありませんし、歩合のように毎月頑張らなくてもよいという安心感を与えることができます。

固定給を上げることは会社にとって、少し痛いですが、優秀な社員が離れてライバル会社にいくリスクを考えれば、固定給をあげる方法も十分検討の余地はあるでしょう。

参考
「ずっと歩合のプレーヤーとして活躍したい」と思っている人材はかなり稀です。まずは固定給に魅力を感じるのか感じないかを聞いてみるのもよいでしょう。

3.個人の数字は持たせない

不動産の営業マンは常に数字とのプレッシャーと戦っています。

これはトップセールスマンも例外ではありません。

毎月毎月数字に追われることは営業マンとしては仕方のないことではありますが、少し目標を下げて、他の業務を任せたりすることで肩の荷を少しおろしてあげることができます。

ただし多くの不動産会社では、トップセールスマンが営業を辞めると大きな打撃を受けますので、人材を補填し目標を分散する。などの処置が必要となります。

その分、人件費はかかりますが、会社にとってのペイラインを考えながら人材補填・人材流出を防ぐのは経営陣の大きな仕事です。

4.店舗・子会社を持たせる

独立したい人材に関していうと「小さくても自分の城が欲しい」と思っている人がほとんどです。

店舗を多数展開している企業であれば、1店舗まるまる任せてしまう。とすることで独立心を少し満たしてあげることができます。

店舗がない不動産会社でも、子会社化して代表を任せてしまう。など、独立心を満たす対応を試みるのもひとつの手です。

優秀な人材が辞めてしまう恐れがあるのであれば、1店舗・1つの会社を丸々任せてしまうというのも検討すべきでしょう。

ポイント大きな仕事を任せることは対象である人材の「承認欲求を満たす」ことができます。承認欲求が満たされれば独立・他社への流出も防ぐことが可能となります。

5.部下を持たせる

常に営業成績は1位のトッププレーヤーも、常に営業ばかりだと仕事に飽きを感じます。

それは収入以外の面で仕事へのやりがいを求めているためです。

優秀だからこそ、

  • マネジメント
  • マーケティング
  • 経営戦略

などに興味を持ちます。

社内にそれだけ仕事あれば違う業務を任せてもいいですが、それぞれが分業して少数精鋭で経営している不動産会社様も多いです。

その場合は営業としてのキャリアを重視して、自分の数字を作ることではなく、部下を育てることにコミットさせれば、新しい挑戦をしてもらうことが可能です。

対象となる人材にとっては新しい挑戦ですし、マネジメントから得られるものはたくさんあります。

まずは部下を持たせて育てることにチャレンジしてもらいましょう。

まとめ

優秀な社員の独立やライバル会社への流出を防ぐ5つの方法いかがでしたでしょうか。

  • 権限を大幅に与える
  • 固定を上げる(歩合率を減らす)
  • 個人数字は持たせない
  • 店舗・子会社を持たせる
  • 部下を持たせる

いずれも実際に行われたことのある対処方法ばかりです。

頭ではわかってはいるものの、なかなか実行に移せない部分も多いと思いますが、よほど手放したくない人材であれば、上記のように思い切った方法で引き留めるのも有効な手段です。

今現在独立・転職を検討している社員がいる会社の社長や人事担当の方は、こうした対策をして自社への影響を最小限に抑えましょう!

【PDF】売上に伸び悩むすべての不動産営業マン必読のノウハウ

不動産会社の悩みの中でも特に多いのが「一括査定に勝てない」ということです。

一括査定に勝つ会社は勝つためのノウハウを持っています。

不動産会社のミカタでは【一括査定の勝ち方】を無料公開しています!
一括査定に勝って、今日から物元業者になりましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事