【差別化】○○専門不動産になろう!ターゲットを絞って集客力UP

お客様が集まらない不動産会社様の傾向として

不動産のことならなんでもお任せ!

といったスタンスで活動されているケースが多いです。これではお客様としても何を任せていいのか悩んでしまい他社にいってしまいます。

どの業界にも言えますが、大手であればブランド力で集客できます。しかし不動産業界全体の9割は中小企業ですので、中小企業が大手と同じような戦略で勝つことはできません。

では何が重要になってくるかというと差別化です。

不動産業界は比較的差別化要因がたくさんあり、○○専門となること売り上げUPした会社がたくさんあります。

今回は不動産会社が「差別化できる要素」と「なぜ差別化して専門店になるのがよいのか」を解説していきます。

Tips

差別化はランチェスター戦略の中でも重要な要素です。

【集客】ミカタストア人気資料【11月度】

すでに多くの不動産会社様に資料ダウンロードいただいております。競合他社に遅れることのないよう是非資料をチェックしてみてください。

サービス名 概要
イン・ハウズ WEB広告の運用、アクセス解析、改善提案、サイト改修を全てパッケージ
売却特化ホームページ制作
人気
難易度の高いエリアでもSEOで1位続出
不動産集客ポータルサイト【王様の家探し】 不動産を購入したいお客様が「完全会員登録制」で利用するポータルサイト

差別化して○○専門不動産になろう!

○○専門不動産はジャンルごとに細かく分けることができます。

地域・エリア別

比較的多いのが、地域やエリア別の専門業者です。

  • 都道府県
  • 市町村区
  • ○○地区
  • ○○駅

都道府県では専門性が弱いので、市町村区、広い領域であれば駅だけに特化する方法もあります。

属性別

属性別はお客様の属性に特化した専門店です。

  • 年代
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成

職業はたくさん数があるので、

  • 医者
  • 学生
  • 個人事業主
  • フリーランス

といったように分けることができます。

取り扱い物件別

  • アパート
  • マンション
  • 土地
  • 戸建て

「マンションだけに特化する」というだけでも大きな差別化ポイントです。

ミカタくん
取り扱い物件の中でも、「○○㎡以上のマンションのみ取り扱い」といった差別化も可能ですね!

組み合わせでさらに専門性が上がりターゲットが絞れる

分野に特化することで専門性を上げることができますが、組み合わせることでさらにターゲットを絞りこむことができます。

例)

  • 学生×○○駅 ←よくみかけますね
  • 女性×フリーランス
  • ○○駅×ファミリー

など組み合わせ次第で無限に専門領域を作ることができます。

実際に存在する○○専門不動産会社

実際に専門領域に特化しお客様の集客に成功されている不動産会社様をいくつか紹介します。

会社名 専門領域 URL
株式会社ケイズワン マンション×タワー×湾岸 https://wangan-mansion.jp/
売り主の窓口株式会社 売却 https://www.o-stop.jp/
株式会社フリーダムコーポレーション マンション×高級×築古 https://www.vintage-mansion.tokyo/

上場企業もやってます

会社名 専門領域 URL
株式会社サンセイランディック 底地権 https://www.sansei-l.co.jp/ir/irfaq/
株式会社カチタス 地方×戸建×築古 http://katitas.jp/
スター・マイカ株式会社 マンション×オーナーチェンジ×ファミリー https://www.starmica.co.jp/

こうしてみると専門領域で他社と差別化することがいかに重要かわかります。差別化をしっかり行い○○エリアでマンション買うなら、▲▲となってしまえば集客面で心配はなくなるでしょう。

差別化し○○専門になるメリット

他社と差別化し「○○専門不動産」にすることでたくさんのメリットが生まれます。

  1. 確度の高い見込み客が集まりやすくなる
  2. 情報を整理しやすくなる
  3. お客様からの信頼性が増す

専門領域にくるお客様はほかを探すことはあまりせず「その不動産会社」で決めるケースが多いです。(同じような専門領域の競合他社があれば別ですが・・)

というのも、「専門領域の会社だから、これ以上の情報を出してくる会社はない」と思うためです。

さらに○○エリアしか紹介しない不動産となれば、お客様に「その領域のプロフェッショナル」であることを訴求できるので信頼間が圧倒的に増します。

差別化はマーケティング面でも大きなメリットがある

専門不動産になることはマーケティング面でもメリットがあります。

ブランディング

専門領域でお客様の信頼を獲得し続けることができれば、

〇〇エリアでマンションと言ったら△△不動産

といったようにお客様に自然に認知されます。

わざわざ派手な広告や無理な露出を増やしてブランディングしなくても、お客様から選ばれる会社になります。

WEB集客面

WEBの集客で苦戦している不動産会社様も多いですが、専門領域に特化すれば、そのことだけを情報発信するだけでいいので

  • WEBサイトのコンテンツ
  • SNSでの情報発信

など、集客が非常に楽になります。

とにかく専門領域の「不動産物件情報」や「事例」などを情報発信をすれば、自然とお客様が集まってきます。

まとめ

専門領域を作り、そこに特化することで確度の高いお客様を獲得することができます。

今現在集客がうまくいっていない不動産会社様は、

まずは自社は何が得意なのか?

をよく理解し、そこの領域で勝負してみるのもいいかもしれません。

【導入企業続々】集客力がUPするサービス

ミカタ社では資料請求サイト「ミカタストア」を運営しております。
不動産会社ではIT化に伴い、不動産会社の集客力をUPするサービスがたくさん出てきており、続々と導入する企業が増えてきています。
まだツールを導入していない企業様は他社に後れを取らぬよう是非チェックすることをおすすめします。
▼Pick UP▼
前向き検討客に会える
『イン・ハウズ』は、不動産会社に特化したWEB集客パッケージです。
効果が低下する紙媒体から、デジタル集客へとシフトし、自社サイトを集客装置として構築し運用します。

不動産会社のWEB集客パッケージ「イン・ハウズ」の特徴と価格を見る
【ブランディング&集客UP】動画制作配信サービス
「NO1称号」を取得し訴求力のある「動画制作」となります。
YouTubeで広告配信までをワンストップで行うブランディング&集客UPパッケージサービスです。モニターにリサーチを行い御社のNO1称号を取得することによって、地域内でのブランディング・認知度拡大ができるサービスとなります。

【ブランディング&集客UP】動画制作配信サービスの特徴と価格
KASIKAがあなたの営業を変える
KASIKAは、不動産販売・住宅建築業界に特化したマーケティングオートメーションツールです。不動産会社・工務店様が抱える悩みをKASIKAが解決します。
優良顧客がすぐにわかる。反響に対してすぐに自動メールを送るなど、他社より一歩先行く動きを実現できます。

KASIKAの特徴と価格
【データを無料公開】売却獲得の勝ちパターン

実際に売却経験のある売主様2500人に「どのように不動産会社を選んだのか」を調査しました。今回はE-BOOK形式で調査データを無料公開いたします。

フェーズ別のユーザー心理と推奨アクションの解説ありますので、興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事