不動産集客のコツ | わかりやすくするだけで集客率は上がる!

不動産広告の集客率を上げるのに、誰でもできるカンタンな方法があります。

それは「専門用語」をできるだけ使わないこと

たったそれだけで、集客率はもちろん成約率まで上げることができます。

人間は不思議なもので、自分が知っていることは他人も知っていると思いがちです。

だから、不動産業界にいる人は、不動産業界で使われている専門用語もみんな知っているものと勘違いします。

そのため不動産広告にも専門用語が当たり前のように使われているのです。

しかし、はじめて家を買う人にとって不動産業者が使う専門用語は未知の言葉。

聞き慣れた言葉のようにスッと頭の中には入ってきません。

頭の中に入ってこないということは、言葉の内容もイメージできないということ。イメージできなければ当然、購買意欲もそそられません。

あなたならどちらの紹介文に購買意欲をそそられますか?

以下の文章はどちらもロールス・ロイス・ファントムを紹介したものです。さて、あなたはどちらの紹介文に興味をそそられますか?

紹介文:A

乗車定員:インディヴィデュアルシート4名/ラウンジシート5名
全長/全幅/全高:5,835mm/1,990mm/1,655mm
ホイールベース:3,570mm
車両重量:2,600kg
エンジン形式:60度V型12気筒DOHC48バルブ
総排気量:6,749cc
最高出力:338kW(460PS)/5,350rpm
トランスミッション形式:電子制御6速AT
タイヤサイズ:前/後 265x790R540A (111V)
内装:ウッドとレザーの持ち味を活かしたドアとダッシュボード

紹介文:B

まるでリビングでくつろいでいるような優雅なシート。こんな車は見たことがない。手招きされて足を踏み入れ、アーチ型のドアを閉め、特別な人のために用意された座席に座る。香り豊かなレザー、天然木を使ったエキゾチックな内装、高級感漂うウィルトン織りのカーペットが最高品質にこわだるあなたのライフスタイルにスポットを当てる。キーを回すと、世界で最も精巧な動力装置が目を覚ます。シフトレバーに手をかけ、アクセルを踏み、言葉にできないほどのスリルに襲われる。感じるだろうか?体をかけめぐるこの興奮を。460馬力のエンジンが今、解き放たれる。

紹介文Aは、スペックを紹介したものです。不動産業界でいえば物件概要のようなもの。クルマ好きの人や自動車業界の人ならこの紹介文でも十分このクルマの素晴らしさは理解できることでしょう。

それに対して紹介文Bは、専門用語を極力使わないでロールス・ロイス・ファントムを紹介した文章です。こちらの紹介文ならクルマに詳しくない人や女性でも何となくその良さは理解できそうです。

私たちは無意識のうちに専門用語を使ってしまいます。しかし、専門用語はあくまで業界内で通用する言葉。

はじめて家を購入する人にとっては、わかりにくい言葉だということを忘れてはいけません。

売れる広告のキホンはわかりやすいこと。小学校高学年の子どもでも理解できる言葉や文章でつくることが大切です。

まずは、専門用語を極力排除しましょう。それだけで集客率は大きく変わります。お試しください。

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介
不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事