おすすめ記事
宅建士を武器にする営業マンは役に立たない説【これマジです】

不動産業界では資格人気No.1といわれる「宅建士」(正式名称:宅地建物取引士)

「宅建士に合格すれば不動産業界で活躍できる・・」

「宅建士さえあれば不動産会社で即戦力になれる・・」

と思っている方も多いと思います。

残念ながら宅建だけ持っていても不動産業界では通用しません。

今回は"宅建士を武器にする営業マンは役に立たない説"についてご紹介いたします。

Tips

平成27年4月に「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」に名称変更されました。

宅建士を武器にする営業マンは役に立たない説【これマジです】

タイトルの通りですが、「宅建士」であることを武器にする営業マンは役に立たないです。

これは宅建のみならず、すべての資格に通じますが、資格・検定の合格を自分の価値だと思っている方は仕事ができないです。

宅建自体は確かに難関資格に位置付けられますが、「司法書士」「弁護士」「不動産鑑定士」といった士業でさえも供給過多の時代に「宅建」程度で武器になると思っている考え方がアウトです。

「資格があれば食える」←まさに仕事ができない人の考え方です。

不動産営業マンの仕事を理解しましょう【現場のリアル】

営業の仕事は数字を上げることです。宅建の問題を解くことではありません。

特に新卒入社の方が「資格が重要」という考えになる傾向にあります。

宅建の勉強を会社でやってると、

・お前の仕事は宅建をとることか?
・宅建とって数字あがるなら苦労しない
・数字と宅建どっちが大事なの?

と言われます。(本当に言われます。)

不動産業界は勉強ができるから偉い!が成り立つ世界ではなく、いかに明日生きるか。という世界なのです。

実際、宅建は満点近くで取ったけど、お客さんとのコミュニケーションが取れず数字が上がらない…という不動産営業マンは一定数います。

売上げの上がらなかった方は最終的に、契約書チェックや書類作成の裏方部署に異動します。(ちなみに裏方部署を目指すのであれば宅建をしっかり勉強するのは全然OKです)

ただそれも組織がしっかりしている大手だけです。

ほとんどの不動産会社では、裏方部署が無いため、いつの日にか肩をたたかれます。(ようするにクビです。)

そもそも宅建が不動産業界で必要と言われる理由

ご存知の方も多いと思いますが、なぜ不動産業界には宅建が役に立つといわれるかというと、

  1. 設置義務
  2. 独占業務

この2点が宅建士が不動産業界で有利と言われる理由です。

①設置義務について

 

宅地建物取引業者は、その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならない(宅地建物取引業法第31条の3第1項)。

この場合、原則として、「事務所」に関しては業務に従事する者5人に対して1人の割合で、マンションのモデルルームのような案内所等、「事務所以外の場所」で契約行為を締結する専任の宅地建物取引士を置くべき場所に関しては、業務に従事する者の人数に関係なく1人以上でなければならない。なお、同一の物件について、売主である宅地建物取引業者および媒介または代理を行う宅地建物取引業者が、同一の場所において業務を行う場合には、いずれかの宅地建物取引業者が専任の宅地建物取引士を1人以上置けばよい。

②独占業務

宅建士には独占業務と呼ばれる宅建士にしかできない仕事があります。それが以下の3点です。

  1. 「重要事項の説明」
  2. 「重要事項説明書への記名押印」
  3. 「契約内容書面への記名押印」
  1. 「重要事項の説明」
  2. 「重要事項説明書への記名押印」
  3. 「契約内容書面への記名押印」

「宅建士の設置義務」「独占業務」この2つの強みから宅建士を目指す人が後を絶たないわけです。

【悲報】宅建士はいくらでも代わりがいます。

ここで質問です。

  1. 無資格だけど月500万円を売り上げるトップセールス【Aさん】
  2. 宅建保有者【Bさん】

上記の2人ではどちらが代えが効かないでしょうか?

 

 

答えは圧倒的に前者の【Aさん】です。(不正解の人は結構ヤバイです)

平成29年末時点で宅建士の登録を完了している人は100万人以上いるとされています。(一般財団法人 不動産適正取引推進機構より)

100万人もいるわけですから、不動産会社が宅建を保有している人材を採用することは難しくない話です。(在籍する社員に宅建を取ってもらってもいいわけですし)

反対に毎月大きな売り上げを上げる営業マンAさんは不動産会社にとっては本当に貴重です。

保有している資格こそありませんが、会社への貢献度はかなり高いですし、退職されたら企業にとってかなりのマイナスです。

宅建を武器にする人
宅建士持ってる僕が辞めちゃうよ~いいのかなあ

やめてどうぞ。

↑こういう人にならないように、宅建士だけを武器にするのはやめて、営業スキルやその他のビジネススキルを磨くことをおすすめします。

就活生であれば宅建士はおまけ程度にアピールするのがベターです。

宅建士は就職活動中の大学生に人気です。

上述した通り、宅建だけを武器にする人は不動産会社では大して役に立ちません。

宅建士にもし合格したのであれば、あくまでもおまけ程度に考えて、自分の性格上の長所や短所を分析し、長所であれば伸ばす、短所であれば改善するといった考え方にシフトしたほうが社会人になったときに役に立ちます。

宅建士を持っていても泥臭い飛び込み営業・テレアポはします。売上げが上がらなければ上司から叱責されます。

改めてになりますが、宅建士は全国に100万人います。

宅建士だけを武器にして、上司や先輩に嫌われないようビジネススキルを高める必要があります。

ミカタくん

「宅建士の自分だけは特別だ!」といった思い込みはやめましょう!

まとめ

やや過激なタイトルではありましたが、今回のテーマをまとめます。

  • 宅建士は代わりはいくらでもいる
  • 宅建士を武器にする人は役に立たない
  • 営業力を中心としたほかのビジネススキルを伸ばすべき

宅建士になれば即戦力という幻想はやめて、資格以外の部分で勝負できるような貴重な営業マンになりましょう!

おまけ

宅建士,使えない,漫画,

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事