不動産業界のDXを推し量る不動産テック企業「株式会社いい生活」は、全国の不動産会社の業務基盤となる不動産業務クラウド「ESいい物件One」にて、「アパマンショップ」からの反響を通知するメールを自動で取込む機能のリアルタイム化を実現したと発表しました。

画像はJIJI.COMより

 

「反響情報自動取込機能」では、不動産会社が様々なポータルサイトを媒介して得た反響情報を、自社が持つ顧客のデータベースへと自動取り込みできるサービスです。このサービスをご活用いただくことで不動産会社が抱えている、日常的に変動する顧客情報を登録したり管理する面倒から解放し、業務効率化へ貢献します。
 今回のバージョンアップでは、「アパマンショップ」からもたらされる反響の情報がリアルタイムで取り込めるようになります。いい生活はこれからも積極的にITを活用しながら、不動産業界に携わる従業員の業務効率化に貢献することで、その結果として顧客満足度向上に努めます。

■株式会社いい生活について https://www.e-seikatsu.info/
 いい生活は、「ITの力で不動産の市場を全ての参加者にとってより良いものに」をミッションに掲げ、不動産にまつわる業務を円滑化するクラウド・SaaSを自社で開発・提供する「不動産テック」企業です。不動産業界のこれからを切り拓くSaaSによって巨大な不動産市場のDXを推進します。

Twitterでフォローしよう