「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2021年10月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に月間1,500件以上(2021年10月現在)の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2021年10月度】

集計期間 2021年10月1日~2021年10月31日

合計 1554 1454 93.6% 4.62 216 13.9% 193 11.3%
媒体名 査定数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル・いたずら数 キャンセル・いたずら率
リビンマッチ 494 465 94.1% 4.99 53 10.7% 85 16.1%
イエウール 326 303 92.9% 4.79 22 6.7% 43 12.5%
HOME4U 288 277 96.2% 4.13 59 20.5% 22 6.7%
すまいステップ 206 190 92.2% 3.63 45 21.8% 20 9.1%
おうちダイレクト 62 58 93.5% 4.81 10 16.1% 4 5.4%
LIFULL HOME'S 60 57 95.0% 3.55 17 28.3% 5 7.1%
イエイ 57 51 89.5% 7 4 7.0% 9 14.8%
マンションナビ 29 24 82.8% 5 3 10.3% 2 5.4%
ズバット不動産売却 17 15 88.2% 5.76 1 5.9% 2 11.8%
リガイド 4 4 100.0% 4.25 1 25.0% 0 0.0%
スーモ 4 4 100.0% 5 1 25.0% 1 6.3%

夏頃に低迷していた通電率が9月・10月と2ヶ月連続 9割以上で着地することができました。
一方で訪問査定率先月比 -2%と数字を落としてしまっており、反省も多い1ヶ月であったと感じております。

現場スタッフとの打ち合わせからの所感ですが、今まで以上に反響発生後の1番手争いが激化しているのを実感しています。
人口の多い都市から、その傾向が徐々に強くなってきており3分以内1分以内で架電できたとしても「既に通話中だった」という事例が少しずつ増えているようです。
まだ通電率は高く維持できているので大きく数字は落としていないものの、今後はさらなるスピード向上を果たさなければ実績の維持・向上は難しいのではないかと考えております。

今後の最重要課題としては「対応スピードの向上」を掲げ、仕組みの改善、社内システムの開発などに取り組んでいく予定です。

次に各媒体ごとの数字を見ていきますが、今月に関しては突出した実績は出ておらず、良くも悪くも「今までの傾向通り」で着地したと感じております。

今までも実績の安定していた媒体は引き続き堅調に推移しており
訪問査定率は高く、キャンセル率は低く・・・

一方で大手媒体を脅かす側である新興媒体の勢いが振るわない月であったのは個人的には悲しいところです。
そもそもに弊社で取り扱えている件数がまだまだ少ないので、もっと母数を集めなければいけないのですが「一都三県限定」や「●●県限定」といった地域密着の企業様との交流も増えてきており、こうしたエリア特化型の動向は非常に気になっております。

業界全体で「新規反響の見込みが年々薄まっている」と叫ばれて久しく、「一括査定疲れ」という言葉すらもでてきています。
そんななか、新興媒体の動きとしては全体的に「反響の量より質」という方向性が強くなってきているように思います。「質重視」の行く先がどのように着地していくのか、今後も弊社なりに見届けていく所存です。

ちなみに、ただの個人的感想を述べても皆様に有用な情報をお届けできないので、最近公表した中でも反響の大きかった記事を改めてご紹介しておきたいと思います。

上記記事では「曜日・時間帯ごとの通電率・訪問査定率の分布」をご紹介したのですが「一週間の間で最もアポが取れるのは水夜」といったデータを根拠とともに公開しております。もしご興味がございましたらご一読頂けますと幸いです。

追々には地域ごとの特性や、売り主様の関心事の違いなど、よりローカルに特化した情報も集めていきたいと思っておりますので、データが集まった暁には本サイトにてご公表させていただきます。引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

【PR】最後に・・・

一括査定サービスを利用しても、なかなか対応ができていない、訪問査定率が伸び悩んでいるという方、

弊社の「テレアポ外注サービス」のご利用をぜひご検討ください!

採用・教育・管理のコストがいらず、月額5万円からご利用いただけます。

こんな方にオススメです!
・営業アシスタントを雇いたいがコストが…
・外出も多いし反響を即対応できない
・休みの日の顧客対応に疲れた
・一括査定やってみたいが人が足りない

ご不明点やご質問はお気軽にお問い合わせくださいませ。

月額5万円~の売主専門テレアポスタッフ

一括査定の新規反響から訪問査定アポを取る電話代行です。

一括査定サイトから入ってきた反響に対して、すぐに電話をかけていますか?

また、電話が繋がるまでしつこく電話できていますか?

本サービスでは電話対応を完全外注化することで、業務効率化を図り、営業担当者が別の案件に集中できるようになります。
売主専門テレアポスタッフの4つの強み
  1. 採用・教育・管理のコストが一切不要です。
  2. 通電率約8割(1年以上安定して8割を維持)
  3. 定休日なし(週末はもちろん、水曜・月末も即時対応)
  4. 最大14回架電(1日2回×7日もれなく対応)
下記の項目に少しでもお心あたりのある方は、是非「月額5万円~の売主専門テレアポスタッフ」の資料をダウンロードしてみてください。

  • 営業アシスタントを雇いたいがコストが…
  • 外出も多いし反響を即対応できない
  • 休みの日の顧客対応に疲れた
  • 一括査定やってみたいが人が足りない

Twitterでフォローしよう