「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2022年6月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に月間約2,000件(2022年6月現在)の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2022年6月度】

集計期間 2022年6月1日~2022年6月30日

※キャンセル率=キャンセル数/弊社が受信した査定全ての件数(キャンセル数には、お客様のご要望によるキャンセルのほか、権限のない他人、イタズラなども含まれます)
※媒体によってはキャンセル案件の一部を「課金対象外」として扱うため、媒体選定に関しては「課金金額/訪問査定数」などの費用対効果を基に選定いただくことを推奨しております。
※月間の対応件数が10件未満の媒体は、記載せず。

合計 1,971 1,474 74.8% 4.86 344 17.5% 232 10.7%
媒体名 対応顧客数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル数 キャンセル率
リビンマッチ 522 397 76.1% 5.1 96 18.4% 71 12.7%
イエウール 513 384 74.9% 4.89 89 17.3% 84 15.5%
HOME4U 470 369 78.5% 4.44 88 18.7% 31 5.8%
おうちクラベル 163 102 62.6% 5.09 10 6.1% 24 11.2%
すまいステップ 104 76 73.1% 5.04 17 16.3% 10 9.1%
LIFULL HOME'S 67 52 77.6% 4.94 24 35.8% 2 2.5%
スーモ 26 19 73.1% 3 4 15.4% 0 0.0%
サテイエ 25 17 68.0% 5.36 2 8.0% 3 11.5%
マンションナビ 18 12 66.7% 5.28 4 22.2% 1 5.0%
いえカツ 18 14 77.8% 4.22 2 11.1% 2 9.1%
リガイド 17 14 82.4% 4.29 3 17.6% 1 0.0%
ユスフル 10 6 60.0% 6.9 2 20.0% 0 0.0%
ズバット不動産売却 9 8 88.9% 4.33 1 11.1% 3 25.0%

先月に続き約2,000件と相当量の反響を対応させて頂きましたが、結果として通電率先月比-0.2%訪問査定率先月比+0.2%「ほぼ横ばい」で着地ができました。
新拠点の開設や、一部拠点の閉鎖統合による人員配置の変更など、案件が増えていく中でもより早く対応するための体制構築を継続してきましたが、5月・6月と数字を維持できたことで一定の成果があったものと捉えております。

しかしながら、通電率が若干とは言え落としている点は深刻に捉えています。
初回架電までの平均スピードをさらに加速させることで改善可能であると思っていますので、人員増・システム改修などを地道に続けていく予定です。

訪問査定率については、過去最高を記録した4月の18.6%には届きませんでしたが、それでも歴代2位の数字を更新できましたので非常に嬉しい結果となりました。
「弊社の努力が実った!」と申し上げたい気持ちはあるものの、各媒体の数字を冷静に俯瞰すると他の要因があるように思います。

今月は特に、案件数の多い大手媒体を筆頭として、全体的に訪問査定率が上昇傾向にありました。
希望的観測かもしれませんが、業界全体で反響の「質」を意識した競争が進んでいるのかもしれません。
媒体ごとにもう少し詳しく傾向を見ていきたいと思います。

まずやはりLIFULL HOME'Sは強い・・・今月も飛び抜けた訪問査定率の高さ、キャンセル率の低さでした。
どうしても案件数は限られますが、質の高さは引き続き圧倒的です。

次に取り上げておきたいのがリビンマッチなのですが、直近3ヶ月連続して訪問査定率15%以上で推移しており徐々に上昇し続けております。
キャンセル率も今月が今年に入ってから最も低い数字になっており、訪問査定率・キャンセル率のいずれもで、上半期は好調が続いていたイエウールを超える実績となりました。

続いてイエウール・すまいステップを運営するspeee社について、正直今月は苦戦した印象です。
訪問査定率が落ち込んだだけでなくキャンセル率も若干上がってしまっているので、6月の広告施策が市況にマッチしていなかったのかもしれません。とはいえ、昨年11月ごろから堅調な数字を維持してきましたので、個人的には一時的なものではないかと思っています。来月の数字に期待しています。

最後にHOME4Uですが、実は年明けからしばらく数字がブレていたので気になっていたのですが、ここに来て調子を崩す前の安定感が戻ってきた印象です。
訪問査定率は高く、キャンセル率は低く、これだけの件数を集客しながらキャンセル率を1桁台に抑えるのはさすがの実力だと感じます。

最後に、少し感覚的なお話になってしまうのですが、6月はなんとなく「潮目が変わったな」と感じました。
1月~5月は各社それぞれの方針があり、そこに向かっているような様子が数字に現れていましたが、ここに来て今までにない動きが出てきています。
近日中に2022年上半期の総合ランキングを公開予定なのですが、下半期はガラッと様子が変わるのかもしれません。

おまけ:第1回 所有権移転率 調査レポート

先日、こっそりと新しいレポートの公開を始めました。

「最近の一括査定って、実際どのくらいの案件が売り出されるのか?」

そんな素朴な疑問に答えを出すべく、泥臭く、1年前の謄本を片っ端から閲覧し集計をしています。

まだまだ調査対象の母数が少なく、ブレ幅が大きいデータだとは思いますが中々面白い結果が出ています。

  • 一括査定後、約2割は1年以内に売却している
  • 売買完了までに要した平均日数は半年強
  • 訪問査定になった人より、電話拒否した人のほうが売っていた

このレポートも定期的に集計し、より精度の高いものにしていくつもりでおりますので「もっとこういう数字が知りたい」「こんな切り口ではどうなるのか?」といったご意見、ご要望がございましたらお気軽にお聞かせくださいませ。

面倒な追客、丸投げできます。

反響受信直後から最大2年間、ひたすら追客します。

繋がるまでしつこく、マルチチャネルで徹底追客
  1. 反響取得したらすぐTEL
  2. 繋がらなければSMSも送信
  3. 最大14コール(毎日2回×7日間)
  4. 120種のメールを2年間ステップ配信
  5. 最新の市況情報メルマガも月1配信
  6. メール開封状況に応じてTEL
低コスト・低リスクなアシスタントとしてご活用ください。
  • 採用・教育の手間なし
  • サボらない
  • 休まない(曜日や月末などの影響もなし)
  • いきなり辞めない

Twitterでフォローしよう