「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2022年8月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に月間約2,000件(2022年8月現在)の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2022年8月度】

集計期間 2022年8月1日~2022年8月31日

※キャンセル率=キャンセル数/弊社が受信した査定全ての件数(キャンセル数には、お客様のご要望によるキャンセルのほか、権限のない他人、イタズラなども含まれます)
※媒体によってはキャンセル案件の一部を「課金対象外」として扱うため、媒体選定に関しては「課金金額/訪問査定数」などの費用対効果を基に選定いただくことを推奨しております。
※月間の対応件数が10件未満の媒体は、記載せず。

合計 2,403 1,869 77.8% 4.58 347 14.4% 299 11.3%
媒体名 対応顧客数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル数 キャンセル・いたずら等
イエウール 594 448 75.4% 4.98 71 12.0% 76 12.3%
リビンマッチ 592 460 77.7% 4.99 62 10.5% 125 19.4%
HOME4U 553 441 79.7% 4.11 84 15.2% 34 5.4%
すまいステップ 199 158 79.4% 4.27 42 21.1% 27 12.2%
LIFULL HOME'S 137 114 83.2% 3.66 44 32.1% 5 3.4%
おうちクラベル 136 99 72.8% 5.04 15 11.0% 18 11.9%
マンションナビ 53 36 67.9% 5.32 4 7.5% 5 7.9%
スーモ 38 31 81.6% 4.18 7 18.4% 2 3.9%
サテイエ 24 23 95.8% 3.63 3 12.5% 0 0.0%
いえカツ 19 18 94.7% 1.58 3 15.8% 2 8.7%
リガイド 18 12 66.7% 4.94 4 22.2% 1 5.3%
イエイ 12 8 66.7% 2.83 3 25.0% 1 7.1%

今月は、夏季休暇の影響なのか、対応件数が先月比+474件と約2,400件の査定を対応させていただきました。
この対応件数は、過去1番の数字です!

各媒体別で見ても、件数は多いところで先月の約1.5倍ほど増加しています。やはり8月は、「家族皆で集まる時間を作りやすい」「実家に帰省する予定がある」
など、不動産や相続に関して話し合う機会が多いのではないでしょうか。

次に訪問査定率について、14.4%と先月比-1.2%という結果でした。弊社の基準としている訪問査定率が「15%」なのであと一歩足りず・・・
夏季休暇もあり、普段より少ない架電回数で通電ができてますが訪問査定までたどり着けていない結果についてはとても反省しております。

以後、安定した訪問査定率を獲得できるようにオペレーターの教育・対応スピードの強化に努めて参りたいと思います。

続いて、各媒体の数字について解説させていただきます。

大手3社はやっぱり強い・・・

大手3社の「イエウール」「HOME4U」「リビンマッチ」。先月と比べて、訪問査定率が落ちてしまいましたが、この査定件数の中で、通電率は約75%、訪問査定率が平均12%を獲得しているのは驚きです。
各社毎に集客の仕方はもちろん異なりますが、件数も担保しつつ、一桁下回らない訪問査定率をキープできているのは「反響の質」に重きをおき、アフィリエイト広告の対策をしているのではないでしょうか。

件数をキープしながら「キャンセル率」をどのくらい減らすことができるのか。「訪問査定率」を安定させられるのか。ここはどこの媒体でも課題の部分ですよね・・・
年末に向けて、引き続き数字を観察しながら様子を見ていきたいと思います。

ホームズ、驚異の32%!?

訪問査定率32%は、触れずに終わることはできなかったです(笑)
やはり、査定依頼の段階で「匿名査定」「実名査定」か選択できる仕組みが高い訪問査定率に繋がっていると思っています。
平均架電回数に着目してみると、約3回架電をすれば8割のお客様と通電できる実績も素晴らしいです。営業サイドの気持ちになると、なるべく少ない回数で通電したいですよね(笑)

SUUMO売却も好調

SUUMOといえば「購入に強い!」印象がありましたが、先月に引き続き訪問査定率が18%と好調です!
査定件数はそこまで多くありませんが、入ってくる反響の質は高い傾向にあると考えていいと思います。
ですが、難点として査定依頼時に「電話番号」の入力が必須ではないので、そもそも電話でコンタクトができない査定依頼も混ざっています。
その中で、キャンセル率が3.9%と低い数字を出しているのはかなり強いです。

SUUMO売却の勢いがこのまま続くのか・・・?今年も残すところ後4か月ですが、注目媒体の一つとして見ていきたいと思います。

 

おまけ:第1回 所有権移転率 調査レポート

先日、こっそりと新しいレポートの公開を始めました。

「最近の一括査定って、実際どのくらいの案件が売り出されるのか?」

そんな素朴な疑問に答えを出すべく、泥臭く、1年前の謄本を片っ端から閲覧し集計をしています。

まだまだ調査対象の母数が少なく、ブレ幅が大きいデータだとは思いますが中々面白い結果が出ています。

  • 一括査定後、約2割は1年以内に売却している
  • 売買完了までに要した平均日数は半年強
  • 訪問査定になった人より、電話拒否した人のほうが売っていた

このレポートも定期的に集計し、より精度の高いものにしていくつもりでおりますので「もっとこういう数字が知りたい」「こんな切り口ではどうなるのか?」といったご意見、ご要望がございましたらお気軽にお聞かせくださいませ。

面倒な追客、丸投げできます。

反響受信直後から最大2年間、ひたすら追客します。

繋がるまでしつこく、マルチチャネルで徹底追客

  1. 反響取得したらすぐTEL
  2. 繋がらなければSMSも送信
  3. 最大14コール(毎日2回×7日間)
  4. 120種のメールを2年間ステップ配信
  5. 最新の市況情報メルマガも月1配信
  6. メール開封状況に応じてTEL

低コスト・低リスクなアシスタントとしてご活用ください。

  • 採用・教育の手間なし
  • サボらない
  • 休まない(曜日や月末などの影響もなし)
  • いきなり辞めない

不動産会社に人気のセミナー一覧

 

Twitterでフォローしよう

売買
賃貸
工務店
集客・マーケ
業界NEWS