【図解】不動産賃貸仲介の仕事内容や年収を徹底解説!

「不動産賃貸仲介とは何か?」という質問に関して、適切に答えられる方は多くないかと思います。特に、

  • 賃貸仲介と賃貸管理の違い
  • 賃貸営業と売買営業の特性の違い
  • なぜ賃貸よりも売買の方が年収が高いのか

といった点について理解されている方は少ないのではないでしょうか。

今回は不動産賃貸仲介において理解が難しいポイントに関して、徹底的にわかりやすく解説していきたいと思います。

【図解】不動産賃貸仲介とは?

不動産賃貸仲介とは一言でいえば、主に住宅などの不動産の賃貸取引が行われる際に、貸主と借主の間を取り持つことで取引を円滑に進めることを指します。

不動産を賃貸する際には、貸主と借主双方に対して複雑で難しい法的手続きや契約の締結が求められます。これらを遂行するには高度な専門知識を伴うため、不動産賃貸仲介業者が両者をサポート及び代行するのです。

また賃貸仲介の仕事は「不動産取引の仲介」に収まりません。賃貸取引を発生させてから収束させる一連のフローを担うため、「貸し手(物件)を探す」ところから始まり、「募集情報を作成・公開」して「借り手を探す」というステップを経て、「法的手続きや契約の締結」をサポートします。

賃貸仲介仕事

賃貸仲介の不動産業界の位置づけ

不動産業界の業態は3つに大別することが出来ます。

  1. デベロッパー
  2. 管理会社
  3. 仲介会社

1つ目が、取得した土地に建物を建てて売却及び運営を行う「デベロッパー」。

2つ目は、デベロッパーを含めた建物を保有する大家やオーナーから委託され、建物まわりの管理を行う「管理会社」です。

そして最後は既存の建物を企業や消費者向けに販売したり賃貸する際の仲介を行う「仲介会社」です。

賃貸仲介はここに含まれています。土地に建物が建てられてから消費者の元に届くまでのフローとそれに係るステークホルダーを図式化すると、以下の表のようになります。

不動産業界図解

このように賃貸仲介会社は、デベロッパーや個人のオーナーから賃貸仲介業務依頼を受け、法人や個人の消費者に営業をかけながら契約に結び付ける業務を行います。

新しく不動産業として開業される法人の8割が賃貸不動産をメインに事業展開すると言われるほど、不動産業界において賃貸仲介業務は欠かせない存在となっています。

管理業務・売買仲介との違い

管理業務との違い

まず管理業務と賃貸仲介業務には顧客とかかわるタイミングに違いがあります。

上記の図からもわかりますが、賃貸仲介業務とは賃貸契約が締結されるまでの間貸し手と借り手に対して様々なサポートを行うことです。

それに対して管理業務とは、共同住宅やオフィスなどに居住者やテナントが入居している間は常に関わりを持つことになります。業務内容にも明白に違いがあり、賃貸仲介業務には含まれない代表的な管理業務としては、クレーム対応、退去立ち合い、家賃集金などが挙げられます。

しかしながら、仲介業務と管理業務を同時に行っている不動産会社が多いのも事実です。例えば賃貸仲介大手の大東建託やレオパレスなどは、借主が賃貸を検討してから契約、入居、退去に至るまで、一連の流れを統括的にサポートしています。

また、地場の中小企業などは仲介業務をメインにやることが多いですが、ストック型の安定収益を得るために管理業務を行っていることも珍しくありません。

賃貸仲介と管理の代表的な違いを以下の表にまとめました。

賃貸仲介業務 管理業務
収益化構造 ストック型(単発型の収益) フロー型(継続型の収益)
入居者との接点 入居前まで 入居から退去まで
代表的な業務内容
  • 賃貸物件の掲載
  • カウンター営業
  • 内覧のサポート
  • 契約の締結
  • 客付け(空室対策)
  • 入居者対応
  • 建物管理
  • オーナー対応

売買仲介との違い

売買仲介と賃貸仲介では、文字通り扱う契約内容に差異があります。またそのため取り扱う物件も異なっており、売買仲介では分譲住宅や中古の戸建て物件、賃貸仲介では賃貸用物件を中心に扱うことになります。

また、取引額とそれに伴う手数料にも大きな違いがあります。売買仲介は取引物件価格は一般的に数百万を超え、取引物件価格の最大5%の手数料を得られることから1度の仲介手数料が数十万円に上ります。一方の賃貸仲介についてですが、家賃相場は高くても10万円という規模の中、仲介手数の相場が家賃の0.5~1か月分となるため、1度の仲介手数料は多くて10万円というところでしょう。

以上のように賃貸仲介業においては手数料の金額が低いことがわかります。その分管理業務を並走して行うパターンが多く、また空き家を探す際の仕入れが比較的容易でリスクが低いため、売買仲介と比べ安定したビジネスモデルが構築されます。

こうしたことから営業スタイルにも差があり、反響営業(インバウンド営業)を主とする賃貸仲介にく比べ、売買仲介では自社から積極的に営業を仕掛けるアウトバウンド営業を行うことが多いです。

賃貸仲介と売買仲介の代表的な違いを以下の表にまとめました。

業務内容 賃貸仲介業務 売買仲介業務
契約内容 賃貸契約 売買契約
主な取り扱い物件 賃貸用物件 分譲住宅、中古戸建物件
収益化構造(手数料) 家賃の0.5~1か月分+消費税 取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税(取引物件価格が400万円超の場合)
営業スタイルの傾向 インバウンド営業(受動的) アウトバウンド営業(能動的)

賃貸仲介は店舗の中でなにしてるの?一日のスケジュールについて

不動産賃貸の業務内容は、物件情報の掲載や空室確認、契約書作成といったいわゆる「事務作業」と、電話や来客対応、内覧者案内などお客様とかかわる「営業活動」の2種類に大別することが出来ます。

売れている営業マンであるほど後者の営業活動の比重が高く、忙しいことが多いです。また一般的にお客さんと接する機会が多くなる週末は、平日よりも忙しくなります。そのため平日と週末において事務作業と営業活動の比率が全く異なるケースもよくあります。

さらに1年間を通してみてみると、転勤や卒業・入学などのが多い3~4月などは繁忙期であり、既定の出社時間をはるかに上回る労働時間となることも珍しくありません。一方、年間を通して最も落ち着く時期が7~8月であり、比較的働き方に余裕が出てくると言えます。

このように、季節や曜日によって繁忙具合が異なったり業務内容に差が生まれることは事実ですが、以下に賃貸仲介業の平均的な1日のスケジュールをまとめてみました。

賃貸仲介1日のスケジュール

9時半出社19時退社とする不動産会社が多いですが、繁忙期には顧客が多くなかなか事務処理が追付かず残業となる場合もあります。

なお、このスケジュールには記載しておりませんが、契約の締結があると時間がかかります。また突発的な問題も発生するので、賃貸仲介の一日の行動は忙しいといえるでしょう。

さらに詳しく知りたい方はこちらをチェック→不動産賃貸仲介の仕事内容と1日のスケジュール

賃貸仲介はテレアポ(飛び込み営業)をしなくてもいいの?

「営業」という言葉を聞いて、相手の興味関心を問わず電話を掛けたり(テレアポ)家に押し掛ける(飛び込み営業)などの強引な営業スタイルを思い浮かべる方も多いでしょう。このように企業側から積極的にアプローチを行い新規顧客を開拓していく営業手法を「アウトバウンド営業」といいます。

一方でWebサイトなどに掲載した情報を元に反響を寄せた顧客に対して行う営業を「インバウンド営業」といいます。

どちらの営業スタイルを取るかというのは、基本的に各企業が属する市場の需要量に委ねられます。供給できるモノやサービスに対して需要量が上回る場合インバウンド営業が多くなる傾向が強く、逆に需要量が少なければ積極的なアウトバウンド営業の比重を上げる必要があります。賃貸物件に対しては常に十分な需要が存在し、Web上のポータルサービスも十分に確立されていることからインバウンド営業を行うことが多いです。

では、賃貸仲介に多く見られる営業スタイルにはどのような利点が挙げられるのでしょうか。インバウンド営業のメリット/デメリットを以下にまとめました。

【賃貸仲介営業のメリット/デメリット】

メリット デメリット
精神的コストの削減

顧客から積極的にアプローチをかけてくる分成果につながりやすく、成功体験を得ることで比較的自信を持って営業に臨むことが出来ます。

営業力が向上しない

成約につながりやすい潜在顧客を相手にすることが多いため、相手のマインドを変えるような強い営業力を身につけるのは難しいでしょう。

Webマーケ施策の理解

テレアポや飛込みをしない分、Webから反響を獲得する施策が重視されます。そのためWebマーケティングについての理解が深まると言えます。

自主性が身につかない

顧客の反響に対して営業を行う受動的な作業になってしまうため、目標に対して自ら筋道だてて行動を組み立てていく自主的な働き方が身につきづらい環境といえます。

しかしながら賃貸仲介でもインバウンド営業が他業界に比べて多い傾向にあるというだけで、アウトバウンド営業をやらなくていいというわけではありません

例えば以下のケースでは、賃貸仲介であっても積極的に顧客に対して営業を働きかける必要があります。

  • 企業が創業したばかりで、早急に実績や売上を上げたい場合
  • 7~8月などの閑散期で、極端に売上が減少してしまう場合
  • 新卒や若手営業マンの教育を行う場合

以上のように、「テレアポをしなくていいのか?」という問いについてですが、賃貸仲介業の営業スタイルは基本的に受動的な反響営業などが中心ですが、テレアポやDM、飛込みなどのアウトバウンド営業を行う可能性も多分にある点を考慮する必要があるでしょう。また、賃貸仲介営業についても、メリットだけでなくデメリットもあるという点は十分に承知しておくべきかと思われます。

「不動産賃貸仲介とは?」まとめ
  • 貸主と借主の間を取り持つことで取引を円滑に進める
  • 手数料が低いが仕入れが容易で安定したビジネスモデル
  • 賃貸仲介の1日の行動は忙しく残業も少なくない

【賃貸仲介】年収について

不動産仲介業に勤める給与所得者(正社員、非正社員、役員)の平均年収は約435万円です。

国税庁が2021年9月に公表した調査結果によれば、日本の民間企業で働く給与所得者の平均年収は433万円ですので、同等の水準ということになります。

また、以下の表に取扱高の多い不動産賃貸上位10社の年収ランキングをまとめました。なお、インセンティブ等を含めた額で表すため、同データの平均年収は口コミサイトから引用した値になります。

順位 会社名 運営サービス 平均年収
1 大東建託リーシング 大東建託リーシング 587万円
2 APAMAN アパマンショップ 536万円
3 レオパレス レオパレス 523万円
4 東建コーポレーション ホームメイト 511万円
5 ミニミニ ミニミニ 452万円
6 ハウスメイトパートナーズ ハウスメイト 449万円
7 タイセイ・ハウジー 賃貸ハウジー 420万円
8 ハウスコム ハウスコム 416万円
9 スターツピタットハウス ピタットハウス 415万円
10 エイブル エイブル 381万円

取扱高が上位10社の平均年収を見てみると、6位のハウスメイトパートナーズ以上の会社が仲介業界全体の平均年収を上回っていることがわかります。1位につけた大東建託リーシングは平均年収が587万円とかなりの高水準であることがわかります。

賃貸と売買ではどちらの年収が高いか?

では、不動産の賃貸仲介業は同じく売買仲介業と比べてどのくらいの給与水準といえるのでしょうか。以下のグラフに賃貸・売買の事業規模が大きい大手10社をまとめてみました。

以上のように上位5社は売買仲介、逆に下位6社は賃貸仲介となっており、賃貸仲介は売買仲介に比べて給与水準が低いことがわかります。

これは先ほども触れたビジネスモデルが起因した結果で、賃貸契約の手数料が家賃1~2か月分であるのに対し、売買契約の手数料が不動産取得価格の数パーセントとなっており、契約1回当たりの手数料に大きな差があるためです。

まとめ

今回は「不動産賃貸の魅力とは?仕事内容や年収を徹底解説」というテーマでご紹介いたしました。

話がいろいろと横道にそれた部分もありますので最後にまとめたいと思います。

  1. 賃貸仲介業者は賃貸取引に伴う高度な専門知識を用いて仕事をする
  2. 賃貸仲介の1日の行動は忙しい
  3. 賃貸仲介の営業は受動的なインバウンド営業でテレアポは少ない
  4. 不動産仲介業の平均年収は全産業と同水準
  5. 賃貸仲介の平均年収は売買仲介と比べて低い

 

Twitterでフォローしよう

売買
賃貸
工務店
集客・マーケ
業界NEWS