おすすめ記事

不動産売買につきものなのが、契約書・重要事項説明書の作成です。

エリアや物件にもよりますが、調査に1日、契約書作成に1日、チェックに2日~3日程度かかります。

ここで一番大事なのが、役所調査。

役所調査で調査漏れがあると、再調査でさらに時間がかかり、月末の案件だと次月に繰り越されてしまいます。

また、再調査に気づけばいいですが、気づかず契約を進めてしまうと場合によっては仲介責任を問われることもあります。

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないため

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないからです。

不動産会社様によっては、役所に行き担当者の話を、ノートやメモ書きでやっていることもあります。

これだと、調査担当によって聞くことがバラバラになり、トラブルの温床になってしまいます。

そこで今回ミカタでは、調査項目が定型化した役所調査シートを作成し無料で公開させていただきます。

こちらの役所調査シートを作った方は(元)大成有楽不動産販売で営業所の契約担当をしていた方です。

その方が在籍していた営業所ではその方が入社してから調査ミスが激減したとのことです。

もしまだ役所調査シートを定型化できていない不動産会社様がいらっしゃれば、ミカタの無料調査シートを是非ご活用ください!

不動産調査シートダウンロードはこちら

下記のフォームにご入力いただきました、メールアドレスに役所調査シートをすぐにお送りさせていただきます。(所要時間30秒)

役職 (必須)
経営者管理職営業WEB担当営業事務その他



JIREI PROにはレインズの"15.2倍"の情報があります【6,000万件】
✓注意点:ちゃんと情報を活用できる企業様限定
JIREI PROを使えば確実に情報戦で勝つことができます

「レインズやA〇BBを調べたけど、データが少なすぎて判断できない…」「売主様からレインズに載っていない過去の売出について質問をされたけど調べる術もない…」「このマンションをよく取り扱っている会社を調べたいがわからない…」

こうした悩みをすべて解決する「Smoola JIREI PRO」が正式リリース

媒介契約には情報は命です。

JIREI PROの圧倒的な情報量を是非一度お試しください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします