おすすめ記事
不動産調査シート

不動産売買につきものなのが、契約書・重要事項説明書の作成です。

エリアや物件にもよりますが、調査に1日、契約書作成に1日、チェックに2日~3日程度かかります。

ここで一番大事なのが、役所調査。

役所調査で調査漏れがあると、再調査でさらに時間がかかり、月末の案件だと次月に繰り越されてしまいます。

また、再調査に気づけばいいですが、気づかず契約を進めてしまうと場合によっては仲介責任を問われることもあります。

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないため

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないからです。

不動産会社様によっては、役所に行き担当者の話を、ノートやメモ書きでやっていることもあります。

これだと、調査担当によって聞くことがバラバラになり、トラブルの温床になってしまいます。

そこで今回ミカタでは、調査項目が定型化した役所調査シートを作成し無料で公開させていただきます。

こちらの役所調査シートを作った方は(元)大成有楽不動産販売で営業所の契約担当をしていた方です。

その方が在籍していた営業所ではその方が入社してから調査ミスが激減したとのことです。

もしまだ役所調査シートを定型化できていない不動産会社様がいらっしゃれば、ミカタの無料調査シートを是非ご活用ください!

不動産調査シートダウンロードはこちら

下記のフォームにご入力いただきました、メールアドレスに役所調査シートをすぐにお送りさせていただきます。(所要時間30秒)

役職 (必須)
経営者管理職営業WEB担当営業事務その他



完全無欠の物上げマニュアルができました!

中古マンションを仕入れ、自社の専任物件を増やすといっても、新築の売主の開拓は難しいですし、チラシやネットで売却依頼を獲得しようとすると費用がかかってしまいますよね。

断言しますがそれらの問題を解決する唯一の方法が、このメソッドなのです。

しかしこのメソッドを始めた当初は、管理人訪問のウェイトがかなり大きく、実際に成果が上がるまでには不安になることもあるかもしれません。

でも、ご安心ください。

このメソッドに沿って活動すれば、ほぼ間違いなく初年度から結果が出ます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事