不動産調査シート

不動産売買につきものなのが、契約書・重要事項説明書の作成です。

エリアや物件にもよりますが、調査に1日、契約書作成に1日、チェックに2日~3日程度かかります。

ここで一番大事なのが、役所調査。

役所調査で調査漏れがあると、再調査でさらに時間がかかり、月末の案件だと次月に繰り越されてしまいます。

また、再調査に気づけばいいですが、気づかず契約を進めてしまうと場合によっては仲介責任を問われることもあります。

不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないため

調査漏れが発生する一番の原因は、調査項目が定型化できていないからです。

不動産会社様によっては、役所に行き担当者の話を、ノートやメモ書きでやっていることもあります。

これだと、調査担当によって聞くことがバラバラになり、トラブルの温床になってしまいます。

そこで今回ミカタでは、調査項目が定型化した役所調査シートを作成し無料で公開させていただきます。

こちらの役所調査シートを作った方は(元)大成有楽不動産販売で営業所の契約担当をしていた方です。

その方が在籍していた営業所ではその方が入社してから調査ミスが激減したとのことです。

もしまだ役所調査シートを定型化できていない不動産会社様がいらっしゃれば、ミカタの無料調査シートを是非ご活用ください!

不動産役所調査シートダウンロードはこちら

ミカタストアでは不動産調査シートを無料で配布しております。ご入力いただきましたメールアドレスに役所調査シートをすぐにお送りさせていただきます。(所要時間30秒)

▶不動産役所調査シートダウンロードページ
※ダウンロードページに移動します。

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事