不動産会社が使える屋外広告サービス7選

「屋外広告」の一番のメリットは「視認性の高さ」です。

通行中のドライバーや歩行者はもちろん、公共交通機関であれば通勤や通学で利用している人に対してほぼ毎日、広告を届けることが可能になります。 繰り返し目にすることでメッセージの刷り込みや認知度が高まるなどの効果も期待できます。

また、エリアや路線、駅など設置場所を絞ることでターゲットを絞り、広告の目的に合ったより効果的な訴求が実現できます。

特に強制的に視認できる交通広告は、「見たい」「知りたい」と思っていなかった人に対してもアプローチが可能になるなど大きなメリットも持っています。

今回は①電柱広告 ②消火栓標識広告 ③駅看板広告 ④バス広告の4つの屋外広告ごとの効果・費用・おすすめのサービスをご紹介していきたいと思います。

参考それぞれの予算感とメリットも記載していますので合わせてご覧ください。

【集客】ミカタストア人気資料【4月度】

すでに多くの不動産会社様に資料ダウンロードいただいております。競合他社に遅れることのないよう是非資料をチェックしてみてください。

サービス名 概要

REALVOICE

“反響率”“紹介客数”を増やすREALVOICE
売却特化ホームページ制作
人気
難易度の高いエリアでもSEOで1位続出

不動産会社が使える屋外広告サービス7選

1.電柱広告

不動産,屋外広告

仕様 巻広告、掛け看板
予算・コスト 制作費+月額広告料数千円(地域による)
メリット 歩行者やドライバーの目につきやすい・リーズナブル

電柱広告は道路上に掲出できる数少ない広告の一つです。歩行者やドライバーの目につきやすく、店舗への誘導案内や営業エリアの告知などにも向いています。

巻付タイプの電柱看板にQRコードを付けることにより、情報量が飛躍的にアップし、これまで以上にさまざまな情報を提供することも可能です。また、他の広告と比較してもリーズナブルな広告料金で利用できるため、長期的に訴求したい会社様へもおすすめです。

▼おすすめの電柱広告サービス・業者▼

2.消火栓標識広告

不動産,屋外広告

仕様 消火栓標示の下の広告スペース
予算・コスト 制作費+月額広告料数千円(地域による)
メリット 赤色や単独広告で目立つ・リーズナブル

こちらも道路上に掲出できる数少ない広告の一つです。消火栓標示広告は赤いポールで消火栓標識と一体となっているため注目度が高く、他の広告も雑居しないため視認性が高い点が特徴です。

電柱広告同様、低予算での広告展開や広告は初めてといった会社様におすすめの屋外広告となります。

広告料の安さを活かし、最寄の駅から店舗周辺までに間に複数本を掲出し、店舗までの誘導を目的とした道案内広告としても利用されています。

▼おすすめの消火栓標識広告サービス・業者

3.駅看板広告

不動産,屋外広告

仕様 照明設備を備えた内照式看板、間接照明看板、柱巻タイプの看板など
予算・コスト 制作費+広告掲載料(電鉄・路線により異なる)
メリット 公共性&接触性が非常に高い・反復訴求効果がある

駅看板広告は、駅施設構内外に設置された長期掲出が可能な看板タイプの駅広告商品です。

日々多くの人が利用する駅に広告を出すことで認知度UPはもちろん、通勤・通学で交通機関を使う場合はほぼ毎日広告に接触するので、同じメッセージを繰り返し伝える「反復訴求効果」が起きやすく、より来店や購入に繋がりやすくなります。

また、エリアを絞ることで無駄な広告費を抑え、店舗近くの路線だけに広告を掲載し効率よく宣伝ができる点も魅力的です

▼おすすめの駅看板広告サービス・業者

4.バス広告

不動産,屋外広告

仕様 窓上ポスター・側吊ポスター・運転席後部ポスター・普通ステッカー・丸型ステッカーなど
予算・コスト 下記に記載
メリット 地域密着型の広告訴求・リーズナブル

バス広告は、その地域に住む方をターゲットにした地域密着型の広告訴求媒体です。利用する層がある程度絞れるので、より明確なターゲットに向けてダイレクトに訴求することが可能です。

また、運営会社や路線にもよりますが、7日間・1ヶ月などの短期間の広告出稿ができ、リーズナブルなので予算も抑えられる点はおすすめです。

西武バスの広告掲載料を記載しますので、ぜひ参考にされてみてください。

広告媒体 サイズ 価格 期間
窓上ポスター 1枚 / B3 @1,000円〜 1ヶ月
側吊ポスター 1枚 / B3 @800円〜 7日間
運転席後部ポスター 1枚 / B3 @2,000円〜 1ヶ月
普通ステッカー(窓) 1枚 @800円〜 1ヶ月
丸型ステッカー(窓) 1枚 @500円〜 1ヶ月

参照:バス広告のご案内(西武バス)

▼おすすめのバス広告サービス・業者

屋外広告の効果を引き出すポイント

ぱっと見ただけで伝わる広告

屋外広告を見るシーンとしては、移動中などの歩いている時、車で移動している時などにたまたま視界に入る、一瞬だけ目に留まる、などが多いと思います。そのため、瞬間的に見て伝わる広告でなければ意味がありません。

おしゃれなデザインにこだわったり多くの情報を書き込むよりも、見やすく、一瞬で内容が把握できることを意識して作ることがポイントになります。

そうすることで内容に興味を持ち、足を止め、詳しく見てもらうことに繋がるのです。

ターゲットに合った場所に絞り広告を出す

地域や路線、駅を絞ることで、自社のターゲットが多くいる特定のエリアに対してのみ、効率よく広告を掲載することが可能です。また、集客効果の高いエリアに的を絞ることは、広告費の削減にも繋がります。

そのためにも事前にエリアの特徴、通行人の属性などを把握し、合致するターゲットがいるエリアに絞り広告を出すことで効果が最大限発揮されるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

屋外広告は目立つ場所に設置すればOKというわけではありません。

広告のターゲットとなる顧客の目に留まりやすい、効果的な広告戦略を展開できるように、まずは広告媒体ごとの特徴、費用、掲載期間などもしっかり把握し、広告の効果を最大限発揮できるよう取り組みましょう。

▼おすすめの記事▼

“反響率”“紹介客数”を増やすREALVOICE

\“反響率”“紹介客数”を増やすREALVOICE/

▼問い合わせをもらったのに案内につながらない
▼なぜ、ウチで決めてくれなかったのか
▼紹介やリピーターが増えない

REALVOICEは、「顧客のリアルな声」から紐解き、反響、来店、成約、紹介を増やすことに寄与します。

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事