おすすめ記事
インスペクション付き仲介の活用方法

私はインスペクションに関する義務化が開始される前の2011年から、インスペクション専門の一級建築士事務所を設立し、多くのインスペクションを行なってきました。

その間、不動産会社さんからの依頼で「インスペクション付き仲介」もサポートしてきました。そして、それはことごとく失敗していました。

インスペクション付き仲介というのは、「仲介するときには原則としてインスペクションを無料で行う」というものです。

失敗にも色々ありますが、今回の失敗とは、不動産会社さんが期待していた結果を得られなかったことです。不動産会社さんの目的は、「集客」でした。

チラシなどに「インスペクション付き仲介」をアピールすれば、集客できるのではないか。そう考えてチラシを作成していたみたいです。

もちろん、「インスペクション費用は全額不動産会社さん負担」という見出しでチラシを作成していましたが、集客にはつながっていませんでした。

いくつもの不動産会社さんが、オリジナルのチラシを作成していました。

購入者向けのチラシ、売主さん向けチラシ、色々試していましたが、どれも【集客】という目的を達成している不動産会社さんはいませんでした。

なぜか?
色々と要因は考えられますが、

チラシを見て来店した方にヒアリングすると、ほとんどの方が「インスペクション自体を知らない」という結果がありました。

不動産の購入前や売却前の段階でインスペクションのメリットを把握している消費者が非常に少ないので、集客のネタにならないということがわかりました。

インスペクション付き仲介の活用方法

「インスペクション付き仲介」で集客を期待しない

もちろん、これは私が知っている不動産会社さんの経験であって、必ずしも集客に使えないということではありません。

さらに時代が変わり、一般消費者が不動産の購入前や売却前からインスペクションの価値を把握している場合には、結果が大きく変わると思います。

「色々と失敗して成功がないみたいですが、インスペクション付き仲介を活用する方法はないのですか?」

という声が上がって来そうですが、それは違います。

目的が【集客のネタ】となる場合には活用できなかったという事実はありますが、目的を変えて成功している会社さんがあります。

では、「インスペクション付き仲介」で成功している会社さんの目的は何か、それは【顧客満足度向上】

これを目的にした場合、成功している不動産会社が多いです。

一生に1回程度の不動産取引でリピートも少ないのに、顧客満足度を向上して何になるの? という会社さんがいましたので、ここで少し、顧客満足度が向上することによって起きるメリットについて説明しておきます。

顧客満足が向上すると得られるメリット

①紹介の数が増える・・・いい商品、サービスと感じた場合、知人に紹介してくれますので、紹介は増えます。

②リピート率が高まる・・・不動産仲介の場合、リピートするまでの時間は長いですが、満足度が高い場合、次回の売却や購入の際に声が掛かります。

③新規顧客獲得の増加・・・一見、新規顧客と関係ないように感じますが、今の時代口コミは非常に重要になっています。その良い口コミを書いてくれるのは、顧客満足度が高い方。その方の口コミを見込客が目にすることで、新規顧客の獲得増加になると言えます。

④LTV※が最大になる=【顧客生涯価値】・・・※「Life Time Value(ライフ・タイム・バリュー)の略」一人の顧客が生涯にわたって企業にもたらした価値の合計を言う。(ウィキペディア(Wikipedia))より。 仲介だけでなく、リフォームや補修工事、火災保険などなど、色々な提案ができて、収益にもつながります。

などなど、他にもメリットはたくさんありますが、顧客満足度を上げると大きなリターンがあります。一見顧客満足は、遠回りのようですが、実は収益を上げるには近道かも知れません。

さて、「インスペクション付き仲介」で顧客満足度向上している会社が、どんなことをしているか、それは、

売却前にインスペクション
購入前にインスペクション

これが基本で、これを確実にしています。

これで顧客満足度が上がるのか?
この質問が来そうですが、答えは上がります。正しくは上がっています。

なぜか?

答えは簡単です。

売る人は、早く高く売りたいが、トラブルは嫌だ。トラブルなく、早く高く売りたい。と願っています。これに対応できるのがインスペクションだからです。

トラブルは嫌だ、でも何をしたら良いかわからない売主さんに、インスペクションの説明をしてトラブル回避の提案をして顧客満足度を上げます。

インスペクションをして悪い箇所が見つかってしまったら、高く売れないのでは?という質問もあると思いますが、これも対応次第で満足度を上げることができます。

買う人は、安いからといって、欠陥住宅は買いたくない。と願っています。これも売る人と同様に、不安だけど何をしたら良いかわからない買主さんに、インスペクションの説明した後、実際にインスペクションを行なって顧客満足度を上げます。

まとめ

インスペクション付き仲介は【集客】ではなく【顧客満足度向上】として活用するのがベター。

完全無欠の物上げマニュアルができました!

中古マンションを仕入れ、自社の専任物件を増やすといっても、新築の売主の開拓は難しいですし、チラシやネットで売却依頼を獲得しようとすると費用がかかってしまいますよね。

断言しますがそれらの問題を解決する唯一の方法が、このメソッドなのです。

しかしこのメソッドを始めた当初は、管理人訪問のウェイトがかなり大きく、実際に成果が上がるまでには不安になることもあるかもしれません。

でも、ご安心ください。

このメソッドに沿って活動すれば、ほぼ間違いなく初年度から結果が出ます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事