不動産会社が店舗前看板を設置する時、どんな内容が良いですか?

不動産業界でご活躍のあなた、こんにちは。
株式会社レコの梶本幸治です。

今回は「不動産会社が店舗前看板を設置する時、どんな内容が良いですか?」というお悩みを取り上げます。

あなたの会社では店舗前にどのような看板を設置されていますか?
大手の不動産会社やFC加盟店であれば、看板の自由度は低いかも知れませんが、それでも各店舗で工夫を凝らし来店増につなげる努力をしておられるかと思います。

しかし以前、本コラムでもご紹介(2021年1月14日公開|不動産会社が街なか(ロードサイド含む)に看板を立てる時、どんな内容が良いですか?)しましたように、下記のような文言【だけ】を書いてしまっている不動産会社さんも多いのではないでしょうか。

・不動産の事なら何でも、〇〇不動産にご相談下さい。
・マイホームの夢叶えます。〇〇ホーム。
・土地、一戸建て、マンションは〇〇エステートにお任せ。
・不動産で未来を創る。〇〇住宅。

このような文言【も】書いておられる分には結構かと思いますが、このような文言【だけ】では困りますね。

店舗前の看板は「ここに不動産会社がありますよ。覚えて下さいね」という目的で設置する訳ですから、社名を大きくアピールすることは重要です。そういう意味では「不動産の事なら何でも、〇〇不動産にご相談下さい」という看板も一定の効果はあるでしょう。

しかし、ここでもう一度考えてみて下さい。
今回のお悩みは「店舗前看板」です。今まで本コラムで取り上げてきた「街なか看板(ロードサイド含む)」や「物件現地看板」と異なり、お客様はあなたのスグそこまで来ておられるのです。
もう五歩も歩けば、あなたのお店に入って来られる距離にお客様がいらっしゃるのです。
その点を忘れないで下さい。

ではあと五歩、歩みを進めて頂いてご来店を促そうとしたとき「不動産の事なら何でも」「マイホームの夢叶えます」「土地、一戸建て、マンションは…」「不動産で未来を創る」という言葉は、お客様の心に刺さるでしょうか?

私は刺さらないと思います。

お客様によって不動産会社を訪れる理由は様々です。
家を買いたい方、売りたい方、借りたい方、貸したい方。管理を任せたい方もいらっしゃるでしょうし、リノベーションの相談相手を探しておられる方もいらっしゃるかも知れません。

そして、あなたの会社にも得意分野、アピールポイントはありますよね?
「ウチはエリア内の物件を殆どパネルにしているし、ネット掲載不可の物件のパネルもあるから、お客様に喜んでもらえると思います」や「ウチの会社は建設も得意だから、リフォーム+仲介・リノベーション+仲介なら任せてほしいな!」とか「ウチの会社は実需居住用だけでなく、収益物件の取り扱いにも力を入れているから水面下の投資物件情報も多いんだよ」等々、沢山アピールしたい事はあると思います。

そんなアピールポイントが「不動産の事なら何でも、〇〇不動産にご相談下さい」で表現出来ていると思いますか?出来ていないですよね。

そうです、店舗前看板にはあなたの会社の強みやアピールポイントをしっかり記載して頂きたいのです。
そして、しっかりと読み込めるだけの文章や分かりやすいイラストや図表も記載し、お客様に「あっ!この不動産会社なら私の悩みを解決してくれる」をと思って頂けるようにしましょう。

それから最後に少しだけテクニックをご紹介します。
看板から店舗入り口に向け矢印を書き、「不動産相談窓口はこちら」や「スタッフ一同、ご来店をお持ちしています」などの文言をそえると来店増が期待出来ます。
それから、営業時間と定休日も大きく記載して下さい。

あと五歩、歩みを進めて頂いてご来店を促すために、出来る工夫は全て行いましょう!

 

集客できる看板をお探しの方は下記の記事もご覧ください。

本記事執筆者による””断り文句”をすべて切り返す「売主応酬話法講座」 ~全14シーンを攻略で”仕入れ力”大幅アップ~”

仕入れ営業における対売主折衝力を、一気に引き上げる1時間研修。
売主様を論破するのではなく「売主様の本音」を引き出す為のテクニック14編

本講座では14編の応酬話法を紹介・解説しながら「売主様の本音」迫るテクニックを身につけて頂きます。
売主様を論破するのではなく「売主様の本音」を引き出し「真の売却理由」を把握する事を目標としています。

下記の項目に少しでもお心あたりのある方は、是非、”断り文句”をすべて切り返す「売主応酬話法講座」 ~全14シーンを攻略で”仕入れ力”大幅アップ~をご覧ください。

  • 不動産業はやはり、仕入れが最も重要だと考えている。
  • 不動産一括査定で、売主様とのアポイントが取れない
  • 査定訪問時上手く話せず、売主様の真意が分からない。
  • 媒介受託時に、売主様の希望価格や売却理由をつかみ切れない。
  • 価格交渉が入った際、売主様にご納得頂けず価格が通らない。
  • そもそも、売主様に何を話せばよいか分からない。
  • 査定が競合した時、殆ど他社に取られるか一般媒介になる。

詳細”断り文句”をすべて切り返す「売主応酬話法講座」 ~全14シーンを攻略で”仕入れ力”大幅アップ~を見る

Twitterでフォローしよう