不動産会社が陥りがちなポータルサイト入稿のエラー

不動産ポータルサイトに物件情報を掲載する場合、各ポータルサイトが設けている管理画面に直接入力する方法と、物件コンバーターと呼ばれるシステムを利用する方法の2種類があります。

この記事では物件コンバーターを利用した時に起こるエラーについて解説していきます。

本ページは武蔵株式会社提供の物件コンバーター【マルチユース】の紹介記事です。
不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

直接入力と物件コンバーターの違い

ポータルサイトの管理画面を利用し物件情報を直接入力する場合、そのポータルのレイアウトに近い項目の並びで入力できたり、レイアウト選択、会社・支店・担当者情報の選択など、専用システムでしかできない項目の入力ができるなど、入力のしやすさは専用管理画面が一番です。

しかしデメリットもあり、1つの物件情報を複数のポータルサイトや自社ホームページに掲載する場合、その数だけ入力の手間が発生します。

その入力の手間を解消するために利用されているのが物件コンバーターです。

1回入力した物件情報を複数のポータルサイトや自社ホームページなどすべてにデータ連携できる仕組みなので、入力の手間だけでなく価格変更などデータに修正が入った時でも、1つ直せばすべてに反映されるのでデータ管理も楽になります。

不動産会社が陥りがちなポータルサイト入稿のエラー

ポータルサイトの管理画面を利用して物件情報を登録する場合は、そのポータルサイトの必須項目やエラーとなる表記の仕方などを物件情報登録時にメッセージでお知らせしてくれます。

それに対して物件コンバーターでポータルサイトとデータ連携する場合、その物件情報にエラーがあったら入稿されません。

一刻も早くポータルサイトに掲載させたいという気持ちを抑えて、次のポータル入稿の締め時間までにデータを修正して待つことになります。

ポータルサイトへの入稿でよくあるエラーは以下の通りです。

  • 入力禁止文字が入っていることによるエラー
  • 必須項目チェック
  • 掲載枠数オーバー

入力禁止文字が入っていることによるエラー

ポータルサイト毎に「入力禁止文字」と呼ばれるものが存在します。

これは各ポータルサイトが特定の文言を入力した物件に対して「警告」または「掲載落ち」させますよというルールで、その特定の文言の事を「入力禁止文字」と呼んでいます。

例えば「無料」「格安」「破格」といった文字を入力禁止にしていたりします。

武蔵のマルチユースでは各ポータルサイト毎に入力禁止文字チェック機能があります。

入力後にポータルのアイコンをクリックすると、入力した物件情報に「入力禁止文字」が含まれていないかをチェックしてくれるので、入力禁止文字による掲載落ちを防ぐことができます。

必須項目チェック

不動産の情報をインターネットなどの広告媒体に掲載する場合、必ず表記しなくてはいけない項目があります(不動産公正取引協議会が取り決めている必要な表示事項)。

それ以外にポータルサイト毎に必須項目があります。Aのポータルでは不要な項目でも、Bのポータルだと必須項目。その両方に掲載したい場合は入力しなくてはいけません。

マルチユースでは公取の必須項目から入稿フラグがあるポータルの必須項目まで、データ登録時にエラーチェックすることができます。エラーメッセージが出た物件はエラーを解消してポータル転送に備えることができます。

掲載枠数オーバーによるエラー

ポータルによっては掲載枠数の上限を定めるケースがあります。その上限数以上転送すると物件情報に誤りがなくてもエラーとして掲載されないケースがあります。

マルチユースではそのようなケースの場合「ポータル受付エラー」として表示されます。エラー内容を見て、入稿されなかった物件をどうするのかを次の入稿までに対処することができます。

マルチユースのご利用について

登録できる物件の種類は、売買の戸建て、マンション、土地、事業用の物件登録が可能です。分譲、投資物件に関してはお問い合わせ下さい。

所在地が東京・神奈川・千葉・埼玉以外の地域にお伺いすることは難しいですが、TV電話やメール等のやりとりでサポートいたします。

今使っているホームページとのデータ連携も、htmlコーディングデータをいただければ可能です。

マルチユースの資料はミカタストアより無料ダウンロードいただけます。
\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事