おすすめ記事

不動産仲介業で働いているときってもきれないのがノルマ(営業成績)です。

売上げノルマは不動産会社ごとエリアごとに異なりますので、〇〇円やれば平均的という情報はなかなか知ることができないのではないでしょうか。

今回は不動産仲介会社のエリア別の平均ノルマと、ここまでやればトップセールスというノルマ基準をご紹介します。

Tips

「ノルマ」は和製英語なので海外では通じません。

不動産仲介営業の売り上げノルマ目安表【都道府県別】

エリア ノルマ(月) トップセールス(月)
札幌 100万円 250万円
東京(都心) 200万円 500万円
東京(都下) 200万円 333万円
神奈川(横浜・川崎) 200万円 416万円
神奈川(その他) 150万円 333万円
埼玉(中心部) 150万円 333万円
千葉(中心部) 150万円 333万円
愛知(名古屋) 200万円 416万円
大阪(中心部) 200万円 416万円
大阪(府下) 100万円 250万円
兵庫(神戸市界隈) 200万円 333万円
京都(中心部) 150万円 333万円
福岡(福岡市) 200万円 416万円
その他地方都市 100万円 250万円

※不動産会社のミカタ調べ

全国的に月の売上げノルマは100万円が目安となる不動産仲介会社が多いようです。

不動産トップセールスの数字は青天井ですので、あくまでも「この数字をクリアすればトップセールスへの仲間入り」の基準を記載しています。

各不動産会社ごとにも異なりますので、参考程度にご覧ください。

不動産仲介営業「売上げノルマ達成の難易度」は?

不動産営業,ノルマ,目標,

不動産業界はかなり大きな数字が動きますので、一見すると簡単にクリアできそうにも見えますが、平均ノルマを達成できる営業マンは全体の2割程度です。

ちなみにノルマを達成するには以下のようなイメージで売上を立てる必要があります。

売上げノルマ達成の条件(月200万円)

参考東京の平均ノルマとトップセールスの数字を基準にしています。

毎月3,000万円の物件を

  • 両手仲介1件(買い100万円、売り100万円)
  • 片手仲介2件(買い・売りいずれか100万円を2件)

上記のいずれかで売上げ200万円を作る必要があります。

もちろん単価が小さい場合は件数を増やしてノルマを達成する必要があります。

トップセールスの条件(月500万円)

毎月3,000万円の物件を

  • 両手仲介2件
  • 両手仲介1件片手2件

上記2件のいずれかで月300万円を作る必要があり、さらにトップセールスであればさらに

+3か月に1回程度:1億両手1件 or 5000万円両手2件=600万円

=(月300万円×12ヶ月)+(600万円×4ヶ月)=年間6,000万円

といった数字の作り方をする必要があります。

こうしてみるとトップセールスマンはかなり優秀であることがわかります。

営業ノルマを達成するためには「長期的な視点」が必要

ご紹介したとおり、不動産仲介で売上げノルマを達成するためにはかなりストイックに営業しなければいけません。

しかし毎月毎月0からスタートともなるとだんだんモチベーションが下がります。

そこでおすすめするのが追客自動化ステップメールで、長期的にお客様とのつながりを持つことです。

追客自動化ステップメールの特徴は

  1. 配信先を登録するだけ
  2. 120通のメールで2年間自動追客
  3. 文章は考える必要なし

さらにエリアで1社限定としていますので、近隣競合他社とメールが被ることはありません。

  • 毎月の数字を追うのが疲れた
  • 新しい施策を試したい
  • もう取り逃ししたくない

という営業マンはぜひ追客自動化ステップメールを試してみてください。

ミカタくん
詳細は下記の記事にて解説しています。

まとめ

不動産仲介売り上げノルマ目安表いかがでしたでしょうか。

エリアごとにも異なりますが、不動産仲介の営業マンは月100万円が売り上げノルマの最低ラインとなります。

トップセールスともなると毎月500万円以上・年間で1億以上の売上を立てる方もいます。

毎月の売り上げノルマを達成できるよう、テレアポだけでなく、ステップメールなどのツールを駆使して安定的にノルマを達成することが大切です。

JIREI PROにはレインズの"15.2倍"の情報があります【6,000万件】
✓注意点:ちゃんと情報を活用できる企業様限定
JIREI PROを使えば確実に情報戦で勝つことができます

「レインズやA〇BBを調べたけど、データが少なすぎて判断できない…」「売主様からレインズに載っていない過去の売出について質問をされたけど調べる術もない…」「このマンションをよく取り扱っている会社を調べたいがわからない…」

こうした悩みをすべて解決する「Smoola JIREI PRO」が正式リリース

媒介契約には情報は命です。

JIREI PROの圧倒的な情報量を是非一度お試しください

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします