おすすめ記事
不動産営業マンのサボる場所ランキングBEST5

不動産の営業マンは日々数字を追いかけ、多忙な毎日を過ごしています。

営業所に帰れば上司に詰められ、お客さんは中々決断をしてくれない…

そんな多忙な毎日を過ごしている営業マンには、やはり息抜き(サボリ)は必要。

今回は、実例をベースに不動産営業マンはどこでサボっているのかを独自アンケートをもとにご紹介します。

Tips

サボるの由来はフランス語の”サボタージュ(木靴)”から来ています。木靴で機械を蹴って作業をストップさせるることが由来だとか(諸説あり)
\ 不動産会社に役立つ資料を/
「無料」ダウンロ-ド

営業を効率よく行いたい、売上げに繋がるサービスを知りたいと思っている方も多いでしょう!

不動産会社向けのサービスは年々進化し、追客が自動化できるツールや、WEB上のお客様の動きがわかるツール過去事例がすべて見れるデータベースなど、知らぬ間に多くのサービスがリリースされています。

不動産会社のミカタでは、それらの資料を「その場で」「無料」でダウンロードできるミカタストアを公開しております。

売上げに直結する資料やアップセルに繋がるサービスもございますので、是非サービスサイトをご覧ください!

不動産営業マンのサボる場所ランキングBEST5

【1位】営業車の中

不動産の営業マンの多くが回答したサボる場所ダントツ1位は営業車の中です。

機動力に優れ、自分の好きな場所に車を移動させ、車内の自由スペースを快適に使っている営業マンが多いようです。

お客様との商談が少し早く終わった場合や、帰社前の一休みなど、時間と場所を選ばないのも魅力の一つです。

多くの営業マンが営業車の中でサボリ、明日への活力を養っています。

ミカタくん
よく車の中で寝ているサラリーマンを見かけますね。仲間です。

【2位】喫茶店・カフェ

サボる場所ランキング第2位は喫茶店・カフェです。サボり仲間が多数出没しています。

喫茶店の出口付近に座り、上司からの電話にすぐ出れるようにするのは鉄則です。

喫茶店であれば時間調整が効きやすく、コスパもいいので、多くのサボリーマンからの支持を得ています。

首都圏であれば、ベローチェがコスパ・気軽さ共におすすめです。(一杯300円程度)

参考ルノアールのように電源があると長期滞在も可能ですが、価格が高いです。

【3位】漫画喫茶(ネットカフェ)

サボる場所ランキング第3位は漫画喫茶(ネットカフェ)です

漫画喫茶は

  • ドリンクフリー
  • 漫画・雑誌
  • PC

などが完備されているので、居心地は非常にいいですがお金がかさみます。

上司からの電話があったとき、場所によってはばれてしまう危険性もありますので要注意です。

ミカタくん
「今しかない!」というタイミングで行きましょう!

【4位】自宅

営業マンがさぼる場所第4位は自宅です。

自宅でサボる営業マンの多くが営業車で自宅まで行き、リラックスしているようです。

コスパはもちろん、リラックス効果も今回紹介する中でダントツです。

あまりにリラックスしすぎて風呂に入る方もいるようですが、さっぱりしすぎるとすぐばれるのでご注意ください。

【5位】パチンコ屋

サボる場所第5位はパチンコ屋です。

パチンコ店でサボリながら一稼ぎを狙う一攫千金タイプの営業マンです。

ただしパチンコ店は周囲の音がうるさいため、すぐ上司からの電話出れないのが、大きなデメリットです。

自身の副収入を稼ぎ、所得UPのメリットもありますが、反対に一文無しになる可能性もあります。

ミカタくん
昼間からパチンコ屋にいるサラリーマンほとんどがサボっている人です。

【番外編】日帰り温泉

ランキング外ですが、直行直帰で日帰り温泉にサボりに行くツワモノもいるようです。

癒しを得ることができますが、ばれた時はドヤされる可能性大

こうしたハイリスクハイリターンのサボリ方をする方もいるようです。

ミカタくん
典型的なギャンブラータイプです。

まとめ

不動産の営業マンがサボる場所ランキングTOP5は以下の通りです。

  1. 営業車の中
  2. 喫茶店・カフェ
  3. 漫画喫茶
  4. 自宅
  5. パチンコ店

営業マンにはサボる時間も重要です。

ただしくれぐれもサボり過ぎて数字(売上げ)がおろそかにならないように注意しましょう。

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事