サンセイランディックの売上・戦略は?2022-1Q

サンセイランディックの全体の売上と利益

直近3期と2022期1Qの売上高と営業利益は以下のとおりです。

サンセイランディック,売上

売上高は44億4,400万円と前年同期比マイナス17.2%ですが、2022期計画に対してはプラス12.3%、営業利益は4億4,700万円と前年同期比マイナス15.3%、2022期計画に対してはプラス52.0%の結果でした。

サンセイランディック,売上

サンセイランディック,売上

2022期通期計画に対して売上高は進捗率25.9%(通期計画171億300万円)、営業利益の進捗率は31.8%(通期計画14億200万円)と順調なすべり出しです。
*2022期通期計画は修正されています。

サンセイランディックのセグメントごとの売上

セグメントは以下のとおりです。

1. 不動産販売事業
2. 建築事業

サンセイランディック,売上

サンセイランディック,売上

セグメント別売上高および利益については、建築事業の割合が低下しています。
後述するように株式会社One's Life ホームの事業分離が影響しており、建築事業は今後増加が見込めない状況です。
サンセイランディック,売上

不動産販売事業別の内訳は四半期ごとに変動があり、1Qは居抜き物件の割合が多くなり、売上・利益とも計画を上回っています。
また底地も売上・利益とも計画をわずかに上回りました。
所有権は売上・利益とも計画を下回りましたが、利益率は想定通りとなっています。

サンセイランディックの短期的な戦略

後述する「株式会社One's Life ホーム事業分離」に伴い、2022期通期予想および2022期2Q予想を以下のとおり修正をしました。

・2022期2Q売上高は70億5,200万円を82億9,000万円とし、営業利益は3億9,500万円を8億3,900万円に修正
・2022期通期売上高は182億3,500万円を171億300万円とし、営業利益は13億100万円を14億200万円に修正

通期での売上高は減少しますが、One's Life ホーム株式譲渡と債権放棄による法人税減少などにより利益は増加します。

※参考文献
https://www.sansei-l.co.jp/wpsansei-l/wp-content/uploads/2022/05/636126668bcbbae8b57225fd5abeea7f.pdf

サンセイランディックの長期的な戦略

建築事業の縮小により、中期経営計画に盛り込まれていた新規事業の開発が急がれる局面となったようです。
前リポートで触れた「八幡平観光活性化PJ」はまだ時間がかかると見込まれ、かねてから事業領域の拡張は至上命題であり、次2022期2Q決算説明書が注目です。

※参考文献
https://www.sansei-l.co.jp/wpsansei-l/wp-content/uploads/2022/05/636126668bcbbae8b57225fd5abeea7f.pdf

サンセイランディックの最近のトピックス

吸収合併が流動的となっていた「株式会社One's Life ホーム(OLH)」は、事業分離することに決定しました。
OLHの全株式を株式会社相川スリーエフに譲渡し、OLHへの債権はすべて放棄することになります。
OLHの吸収合併は2021期2Qのリポートで紹介したように、同社における不適切取引の可能性が表面化し、吸収合併について再検討されていたものです。
今後は株式会社相川スリーエフのサポートにより、OLHの事業成長が図られるとしています。

※参考文献
https://www.sansei-l.co.jp/wpsansei-l/wp-content/uploads/2022/05/2d82f80a7311563d33fb73448ce25360.pdf

Twitterでフォローしよう