不動産売却検討者向けメールテンプレート【3回目】

本メールは不動産売却検討者向けの初回メール、2回目のメールに対して返信があったものの反応が薄い場合や、 返信は無いものの見込み、又は注力顧客である場合に送る第3回目のメールとなります。

反応が薄い場合は、あまりお客様にとって有益な情報ではなかった可能性がありますので、できれば新着物件の資料等を用意し、
「メールを送るたびに何がしかのメリット」を提供したいところです。

\ 不動産会社に役立つ資料を/
「無料」ダウンロ-ド

営業を効率よく行いたい、売上げに繋がるサービスを知りたいと思っている方も多いでしょう!

不動産会社向けのサービスは年々進化し、追客が自動化できるツールや、WEB上のお客様の動きがわかるツール過去事例がすべて見れるデータベースなど、知らぬ間に多くのサービスがリリースされています。

不動産会社のミカタでは、それらの資料を「その場で」「無料」でダウンロードできるミカタストアを公開しております。

売上げに直結する資料やアップセルに繋がるサービスもございますので、是非サービスサイトをご覧ください!

不動産売却検討者向けメールテンプレート【3回目】

〈お客様名〉様

大変お世話になっております。
〈社名〉の〈担当者名〉です。

先日、〈問い合わせ媒体・サイト名等〉より
ご所有不動産についてお問い合わせを頂戴し、
資料をメールさせて頂いたのですが無事届いておりますでしょうか?

※場合によってメールボックスを探しやすいように送信日時も案内。
しつこい営業を嫌う方は嫌悪感を感じる場合があるので要注意。
例:(●月●日(●)●時頃に送信しております。)

メールがエラーしてしまっていたり、
データが破損して見られないといったことがございましたら
すぐに再送させて頂きますのでご指示頂けますと幸いです。

また、ご郵送も承っておりますので、
ご家族との相談や、検討用にご入用でしたらご遠慮なくお申し付けください。

ご売却をご検討なさる方々はご家族とのご相談など、
長期間にわたりご検討なさる方がほとんどです。

近々にご売却の予定が無い場合も、検討材料のご用意や、税金対策面でのご提案等、
お役に立てることがあるかもしれませんので、
不動産に関しましてはお気軽にご相談くださいませ。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

■■_________________________________

<メール用署名欄>

_________________________________■■

3回目のメールは初回メールから「2週間後」が理想

3回目のメールを送る時期は初回ファーストコンタクトメールを送ってから2週間程度が理想です。

  • 1週間後には「2回目のメール」
  • 2週間後には「3回目のメール」

反響のあったお客様との繋がりを絶たないために、定期的な連絡が必要です。

不動産会社の悩み”追客”をステップメールの自動化で解決

不動産会社様の悩みで一番多いのが追客です。追客は重要ではありますが、社内の人手が足りないと後回しになり、結局なにもできず、売上げに繋がらないというのはよくある話です。

せっかく1度反響を取ったのに宝の持ち腐れとなってしまいます。そこで不動産会社のミカタでは追客を自動化したステップメールのサービスを開始しました。

いま日本にある不動産会社様向けの追客ツールは”ミカタの追客自動化ステップメール”だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事