不動産営業マンが活用したいメールテンプレートまとめ【全18種】

不動産会社の方で多い悩みのひとつに、接点を持ったお客様にどのようなメールを送ったらよいかわからない・・

といったものがあります。

メールは顧客とのコミュニケーションのツールとして今やかかせないものとなっていますので、必ず送るべきものですが、かといって時間をかけすぎて他の業務に支障をきたすことがないようにしたいものです。

そこで今回は「賃貸」「購入」「売却」の3種類のお客様に対し6パターンずつ、計18種のメールテンプレートを用意しました。

手前味噌ではございますが、全国4,000名を超える営業マンが参加するコンテストの2部門(メール返信率・アポ取得率)にて、『年間成績 全国1位』をとったノウハウも含めて公開させて頂きます。

不動産のメールテンプレートまとめてみた全18種※随時更新

それぞれ個別ページにてコピペ用のメール文章を掲載しております。テンプレートをまとめてダウンロードしたい方は下記フォームをご入力ください。

▼メールアドレスのみですぐダウンロ―ドいただけます▼

賃貸検討者向けメールテンプレート6種

ポイント

賃貸を検討しているお客様は、引っ越しの期限が決まっていることがほとんどのため、迅速かつ適切な案内をメールにて行う必要があります。

ファーストメールで連絡がないようであれば、他社での案内を受けている可能性も高いので、すぐに次のメールを送り、コンタクトをとりやすいようにしてあげる必要があります。

購入検討者向けメールテンプレート6種

ポイント
不動産購入検討者は即買いということはめったにないため、ロングスパンでメールを送り、社名や担当者名をお客様に覚えてもらう必要があります。
少しずつ情報提供を行い、さらにお客様の要望に答えた資料の添付など、丁寧かつ信頼できる不動産会社であるという印象付けが大切となります。

売却検討者向けメールテンプレート6種

ポイント
不動産売却検討者に対しての追客も購入と重要なポイントは同じです。
「ロングスパンでメールを送り、社名や担当者名をお客様に覚えてもらうことが重要」
「丁寧かつ信頼できる不動産会社であるという印象付けが大切」
ただ、購入顧客以上に「お客様に忘れられない」という目的が大きくなります。「ただ価格が知りたかっただけ」というお客様もいつかは売りに出す可能性が高いです。実際に行動に移すとなった時「そういえばあんな人いたな」と連絡する候補に浮上することが非常に重要なのです。

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事