おすすめ記事
不動産売却検討者向けメールテンプレート【接客後に送る用】

本メールは不動産売却検討者の方に対して、接客した後に送るメールテンプレートです。

特に重要な部分には赤字をしております。

不動産売却検討者向けメールテンプレート【接客後】

〈お客様名〉様

大変お世話になっております。
〈社名〉の〈担当者名〉です。

本日は、お打合せの機会を頂きまして誠にありがとうございました。

<打合せ内容に合わせて感想を述べる>
 ※基本的には物件を褒める
  例:実際に拝見したご自宅は、設備はもちろん建具や構造材等、
    非常に良好なコンディションに保たれており、
    大切になさってきたことが良くわかる大変素敵な建物でした。
 ※特に盛り上がった話題があれば再度触れておく
  (共通の趣味や故郷の話など、不動産に関係なくても良い)

<持って帰ってきた宿題がある場合、整理しておく>
※例:本日承りました下記3点の宿題は確認の上、改めてご報告させて頂きます。
1.お住み替え先の候補資料の作成(明日18:00までにメールにて)
2.譲渡所得税の試算について税理士に確認(次回お打合せにて)
3.警備システムの移設可否について(次回お打合せにて)
※ご報告の〆切まで決めておき、記載できると尚良い。
※抜け漏れ防止になるだけでなく、信頼に繋がる。

<次回アポが取れていれば明記しておく>
※例:次回は「●月●日(●)●:●」に再度ご自宅へ伺います。

<打ち合わせを踏まえ、お客様に自分が用意できるメリット等、自己アピール>
※例:同じ■■市内では多くのお取引を担当させて頂いており、
周辺の情報についてはもちろん、
エリア内で物件をお探しのお客様も多数いらっしゃる為、
きっと<お客様名>様のお役にたつことができると思っております。

実際のご売却活動の際には是非ともお声がけくださいませ。
<お客様名>様よりのお声がけ、心よりお待ち申し上げております。

今後とも何卒よろしくお願い致します。

■■_________________________________

<メール用署名欄>

_________________________________■■

接客後のメールは「即」送ることを心がける

接客したあとのメールは、なるべくその日のうちに送れるようにしておくことが重要です。

即、メールを送ることで、

レスポンスが早い印象を与えることができ、なおかつ、お客様の温度感が冷めないうちに返答をもらうことができます。

ちょっとしたことですが、こうした部分が他社との差別化に繋がります。

不動産会社の悩み”追客”をステップメールの自動化で解決

不動産会社様の悩みで一番多いのが追客です。追客は重要ではありますが、社内の人手が足りないと後回しになり、結局なにもできず、売上げに繋がらないというのはよくある話です。

せっかく1度反響を取ったのに宝の持ち腐れとなってしまいます。そこで不動産会社のミカタでは追客を自動化したステップメールのサービスを開始しました。

いま日本にある不動産会社様向けの追客ツールは”ミカタの追客自動化ステップメール”だけです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事