「一括査定サイトの通電率・訪問査定率 他」媒体毎の集計レポート【2021年2月度】

弊社では一括査定からの新規反響に対する「訪問査定取得」を目的としたテレアポ外注サービスを運営しており、日本全国を対象に毎月500件以上の査定依頼への架電を代行しています。

本記事では、月ごとの対応実績についてとりまとめたレポートを公開させて頂きます。

※本来、訪問査定率や通電率については地域差もあるものではありますが、本レポートでは地域ごとの集計はしていないため、あくまで参考としてご参照ください。

コールセンター対応レポート【2021年2月度】

集計期間 2021年2月1日~2021年2月28日

合計 542 458 84.5%% 4.4 66 12.20% 47 8.10%
媒体名 査定数 通電数 通電率 平均架電回数 訪問査定数 訪問査定率 キャンセル数 キャンセル率
リビンマッチ 214 181 84.60% 4.36 26 12.10% 17 7.80%
イエウール 140 123 87.90% 4.39 13 9.30% 16 11.10%
イエイ 83 63 75.90% 5.54 5 6.00% 7 8.20%
HOME4U 74 63 85.10% 3.77 16 21.60% 4 4.40%
マンションリサーチ 16 15 93.80% 3.63 2 12.50% 1 4.30%
すまいステップ 6 4 66.70% 6.17 1 16.70% 1 14.30%
おうちダイレクト 4 4 100.00% 2 2 50.00% 1 16.70%
リガイド 1 1 100.00% 1 0 0.00% 0 0.00%
ホームズ 1 1 100.00% 1 0 0.00% 0 0.00%
アットホーム 1 1 100.00% 1 0 0.00% 0 0.00%
不動産連合隊 1 1 100.00% 10 0 0.00% 0 0.00%
ズバット不動産売却 1 1 100.00% 1 1 100.00% 0 0.00%

先月から引き続き、HOME4Uは一定水準以上の「査定件数」「訪問査定率」を維持しており、なおかつキャンセル率も低いと、非常に優秀な実績を残しています。

他社様でもすまいステップおうちダイレクトの2社は、「訪問査定率」が平均を上回っておりますが、弊社では母数があまり確保できていないので、レポートとしてはまだ調査不足な項目と言えるかもしれません。

ちなみに、2度目のレポートである今回は先月比の変動についても触れておきたいと思います。

※先月のレポートはこちらから

まず「訪問査定率」ですが、総査定件数の上位4社であるリビンマッチ、イエウール、イエイ、HOME4Uの全社で、数字が若干落ち込んでおります。
全体的に同じ傾向で推移しておりますので、時期要因か、あるいは弊社のサービス自体の競争力が落ちている可能性もあり、トークスクリプトの刷新やコールまでの所要時間の短縮など、できうる対策を講じ3月の実績向上を目指したいと考えております。

次に「キャンセル率」についてです。
ちなみにキャンセル率は、その時々に各社が実施する広告戦略、広告上のキャッチコピーなどで大きく変動します。「査定件数 増」を目的とした広告施策を行った場合には、どうしてもライトな検討層が増えてしまいキャンセル率も増加しやすいため、弊社では「査定件数」と「キャンセル率」を合わせて観察していくことを推奨しています。

これを踏まえたときに興味深い数字となったのがリビンマッチです。

同社の査定件数は先月比で約139%増と大幅に伸長しているのに対し、キャンセル率が下がっており、査定件数を増やしながら同時に反響の質が向上していることが読み取れます。
「件数」と「質」の両立は査定媒体に対して最も求められるポイントかと思いますので、今回のリビンマッチの数字変動は利用者にとっては歓迎すべき変化ではないでしょうか。

今回のレポートは、あくまで2021年1月と2月の2ヵ月間のみのものではありますので、引き続き定点観測を続けることが重要ではありますが、弊社では今後も、毎月対応実績をまとめこのような形でレポーティングさせて頂く予定です。
査定媒体の選定や、自社の集客施策の検討にご活用いただけますと幸いです。

また以下の記事では、このサービスを運営することで得られた「アポ取得ノウハウ」を公開しています。
よろしければ併せてご一読ください。

【PR】最後に・・・

一括査定サービスを利用しても、なかなか対応ができていない、訪問査定率が伸び悩んでいるという方、

弊社の「テレアポ外注サービス」のご利用をぜひご検討ください!

こんな方にオススメです!
・新規反響対応まで手が回らない
・なかなか電話が繋がらない
・訪問査定率が1ケタ台・・・

ご不明点やご質問はお気軽にお問い合わせくださいませ。

【連絡取得率86%】一括査定初期対応コールセンター

一括査定では他社に先駆け一番最初に売主とコンタクトをとることで、その後の営業活動が優位に進みます。

ただ、契約・決済・案内・営業人員不足などにより、初期対応がおろそかになってしまっている不動産会社様が多くいらっしゃいます。

一括査定初期対応コールセンターはわずらわしい一括査定の初期対応を完全外注化することで、業務の効率化を図り営業担当が別の案件に集中できるようになるためのサービスです。

Twitterでフォローしよう