【北海道】不動産売買仲介299社から平均年収を算出してみた
おすすめの不動産専門転職サイト3選
  1. 【宅建Jobエージェント】≪毎月600名以上が登録≫
  2. 【資格de就職】≪不動産系の資格を活かしたい方≫
  3. 【リアルエステートWORKS】≪年収1000万円以上の求人多数≫

北海道でこれから不動産売買仲介会社に就職・転職しようと思っている方。

  • 北海道の不動産売買仲介会社の年収が気になる
  • 今気になっている求人が平均年収以上なのか知りたい

という方も多いのではないでしょうか。

本記事では実際に大手求人サイトで募集されていた北海道の売買仲介会社の年収から平均年収の最低値と最高値を割り出してみました。

北海道内で不動産売買仲介営業をこれからやろうと思っている方はもちろん、現役の方も是非参考にしてください。

※あくまでも求人サイトの情報を元に作成していますので、時期などにもよって大きく異なる可能性がございます。

【北海道】不動産売買仲介299社から平均年収を算出してみた

  • 集計日:2021年4月求人掲載分
  • 対象:299社

北海道の不動産売買仲介の求人から割り出した平均年収は以下の通りです。

  • 最低平均年収:273万円
  • 最高平均年収:427.8万円

不動産業界全体の平均年収は435.8万円とされていますので、北海道の平均年収は若干低めの印象を受けます。

※業界全体の平均年収について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

ちなみに上記のように最低年収と最高年収が分かれる理由は、各求人が以下のように記載されているためです。

不動産売買仲介の場合は、基本給+歩合の会社が多いため、最低年収と最高年収にかなりの開きがあります。

歩合について
不動産売買仲介会社の歩合は20%前後が平均とされています。
多いところでは30%。中にはフルコミッション(完全歩合)という企業もあるため、不動産会社ごとにかなり年収に開きがでてきます。
例)2000万円の物件を仲介した場合、3%が手数料として会社に入り、そのうちの20%が営業個人の歩合となります。
計算)2000万円×3%×20%=12万円(営業歩合)

【売買仲介】北海道の最低年収と最高年収は?

2021年度4月、北海道で求人掲載していた不動産会社の最低年収・最高年収を見てみます。

最低年収 最高年収
175.2万円/月収換算(14.6万円) 1499万円/月収換算(124.9万円)

※最低年収175.2万円の会社も歩合が含まれず、基本給だけで募集している可能性もありますので、あくまでも参考程度にご覧ください。

北海道で募集している不動産売買仲介求人の最低年収と最高年収を比較すると年間1300万以上の年収の開きができることがわかります。

ちなみに最高年収だった会社は業界最大手の「住友不動産販売」。

北海道でも住友不動産販売であれば高年収を目指すことができます。

▼北海道の住友不動産販売▼

住友不動産販売 札幌中央営業センター 北海道札幌市中央区北3条西4丁目1−1
住友不動産販売 札幌東営業センター 北海道札幌市東区北24条東15丁目4−20
住友不動産販売 札幌南営業センター 北海道札幌市豊平区平岸2条7丁目4−13

北海道全体の平均年収との比較

平均年収.jpによると北海道の平均年収は330万円、中央値で376万円とされています。

平均年収 425万円
中央値 407万円

参考サイト:https://heikinnenshu.jp/todofuken/hokkaido.html

北海道の不動産売買仲介は

  • 最低平均年収:273万円
  • 最高平均年収:427.8万円

ですので、全業種と比較しても遜色ありません。

北海道全体の年収を年代別・性別別に見ると以下の通りです。

全体平均 男性 女性
20代 295万円 310万円 278万円
30代 392万円 423万円 334万円
40代 467万円 534万円 350万円
50代 486万円 706万円 452万円

不動産業界は年齢関係なく実力主義

不動産業界の大きなメリットとして年齢・性別関係なく実力次第であることがあげられます。

20代前半で、1000万円を稼ぐ方もいますし、反面で40代でも300万円台であるケースも珍しくありません。

北海道ではハウスリアリティの年収900万円が最高値ですが、年代関係なく高い年収を目指すことが出来る魅力が不動産売買仲介にはあると言えるでしょう。

これから不動産会社に目指す方向け

不動産売買仲介は高年収を目指すこともできますが、離職率が高く厳しい世界であることは間違いありません。

ある中堅不動産会社では、毎年100人採用し、1年後残っているのは5人程度。離職率は95%。

平成29年度、厚生労働省の発表した各業界の入職率と離職率をみると、不動産業界全体の離職率は16.5%です。

一見するとそこまで高くないように見えますが、このデータは営業だけでなく事務や経理、広報・クリエイティブ職などすべてを合算した離職率です。

営業だけに絞ると離職率はグっとあがります。

不動産業界には「数字の悪い人間に人権ない」と思っている経営者や上司もたくさんいます。(もちろんいい人もたくさんいます。)

高年収を目指せることに魅力はありますが、軽い気持ちで稼げる業界ではないので、自分のキャリアや理想の働き方をよく考えたうえでチャレンジしてみましょう。

▼実体験▼

離職率の高い不動産会社あるある9選【ブラックすぎ・・】

不動産業界の転職におすすめのサイト

もし現在不動産業界への就職・転職を検討しているのであれば、業界特化の求人エージェントがおすすめです。

業界特化のサイトであれば、大手求人サイトにはない「非公開求人」や業界を熟知した担当者からのアドバイスを得ることができます。

本サイトでは「実績」「評判」「業界への理解」から、下記の2つの求人サイトをおすすめしています。

宅建JOBエージェント

毎月600名以上の方が登録し、就職・転職をしている【宅建Jobエージェント】。専任キャリアアドバイザーが1000件を超える非公開求人から自分にあった会社を紹介してくれます。

スマホで気軽エージェントとやりとりできるので、ストレスなく転職活動が実現できます。

※資格なしでも”不動産業界に興味があれば”転職をサポートしてくれます。

資格de就職(不動産専門)

不動産関連の資格を保有している場合は【資格de就職】がおすすめです。資格保有者の強みを活かして転職をサポートしてくれる点が特徴で、ニッチな資格が活かせる求人も多数紹介してれくれます。

不動産の資格が他業界で活かせるケースもあるので、そういった事例などの紹介も行ってくれます。

資格保有者で転職を少しでも考えている方は【資格de就職】に相談してみましょう。

まとめ

299社から算出した北海道の不動産売買仲介の平均年収いかがでしたでしょうか。

募集要項には歩合が記載されていないこともありますが、273万円~427.8万円のラインの年収を目指すことができます。

年代関係なく高い年収を目指すこともできますので、不動産売買仲介にチャレンジしてみたい!という方は是非下記の2サイトを利用してみてください。

▼おすすめ転職エージェント▼

Twitterでフォローしよう