【結果は押さえた?】「クソ物件オブ・ザ・イヤー2020」

「クソ物件オブ・ザ・イヤー2020」。

令和2年12月18日、今年もクソ物件の各賞とグランプリが決定されました。

不動産のミカタをご覧いただく、不動産感度の高い御仁であれば、既知かもしれませんが、見逃しの無い様、振り返って記憶に刷り込んでおく機会として頂ければ幸いです。

尚、本年度も直前にオファーを頂き、ニコニコ生放送にて公式解説員を務めてまいりましたが、音声トラブル等で本領発揮できなかった分、こちらで文章にてフォローできればと。

第5位【パンケーキ松田、大喜利のネタに】

第5位入賞は「松田公太さん」絡みのツイート。タリーズコーヒージャパン創業者にして、国会議員経験者、そして現在は有名パンケーキ屋さんEggs'n Things(エッグスンシングス)の経営者。
そんなピカピカ経歴のマジな実業家様が、コロナ拡大のタイミングで「家賃モラトリアム」的なことを本気で発言してきたので、大家さんを中心に不動産クラスタが沸き立ちました。

売上が半減して苦しいときには家賃半額?それなら、売上が倍増したときには家賃を2倍払ってくれるの?苦しいときだけ「分かち合い」ってオカシクない?という一般人の感覚に対して、斜めからきた(松田さんではない人の)「うるせえな。四倍の売上のときはパンケーキで払ってやるって言ってんだ」のリプとセットで突き刺さります。

第4位【姫路の不動産王破産】

4位入賞は、みんな大好き姫路のトランプ大川護郎さんネタ。

借入総額500億超え、楽待の取材動画などでも高級時計や高級車、絵画諸々の分かりやすいお金持ち像が集約されていた人物ですが、従業員による横領や管理会社とのトラブルなどから、税金滞納他、肝心のお家賃収入が滞り、返済が回らずに差押え、銀行取引停止処分…。

経済ニュース等では、管理会社トラブルなどが強調されていたものの、買っていた物件が酷かったのではないか、というそもそもの部分が顕になってきました。

特に、今回のクソ物件オブ・ザ・イヤーのスピンオフ企画で、実際に現地を見に行く「クソ物件GO」でも「大川護郎氏の物件GO」の指示があったのですが、「欲しくない」「なんでこんなところに買ったんだ」という声が多数。

「融資が出るなら全部買う、どうぜ全部買うんだから見に行く必要なんかない。」そんなニュアンスでノールックのままバンバン買っていった結果の現れかもしれません。

とはいえ、借入額の大きさ=大家パワーな側面もあるので、500億を借りることができた大川氏が凄い人であるのは間違い有りません。ほら、本家トランプも苦境から立ち直ったことあるし。

第3位【無数の謎の"理事会王様"ルール】

第3位は秀和幡ヶ谷レジデンス。
周辺相場より、賃料も売買価格も割安で出てくるこのマンション。管理規約は極めてノーマル、されども理事会の独自ルールが強すぎて「バランス釜以外禁止」「介護ヘルパー出入り禁止」他、諸々がフライデーされて話題に。

第2位【川口駅直結】

メイツ川口元郷という新築分譲マンションのオフィシャルサイト。

クソ物件オブ・ザ・イヤー2020

この物件概要(オフィシャルサイトより)なのではあるのですが、なんとか物件をよく見せたい気持ちがオーバーフローして「直結」と書いてしまったのか…。

理系弁護士さんがツィートで「直結」の使い方は規定ないよって書いてありましたが、普通の感覚として優良誤認(本来のモノより誤って良く見える)するレベルなので、方々からツッコミが入り、ノミネート後にはWebサイトもバス12分に修正されちゃいました。
これで直結が許されるなら、どんな物件でも駅直結だわってなりますよね。

第1位【コロナウイルスで賃貸借契約は消滅する!】

第1位に輝いたのは、こちらの貼り紙。

コロナからの緊急事態宣言等々で「営業終了のお知らせ」を貼るのは分かる、けれどもその中に「天災地変で賃貸借契約が消滅しました」と書いて夜逃げするケースが多発。どうやらテンプレで流行ってしまった模様です。

建替えとかを狙って追い出したかった店舗がこれで出て行ってくれたラッキー(?)な大家さんもいるかも知れませんが、普通に継続した賃貸・店舗運営を望んでいた大家さんからは「勝手に消滅させんな!」と。

また緊急事態宣言されそうな雰囲気もあるので、同一テンプレが今後も使われてしまう可能性は否めません。

気持ちは分かるけれども…。

さて、今年のクソ物件オブ・ザ・イヤーもコロナに始まりコロナに終わる世相を表したものになりました。これらを押さえておくことで、決済時の着金待ちの時間を楽しく過ごせるかも知れません。

不動産マーケットがどう変遷していくのか、いまいち良く分からない状況が続いて行きますが、まずは目の前の自分の持ち場で頑張ってまいりましょう。

クソ物件オブ・ザ・イヤーのオフィシャルサイトは
↓こちらから↓
https://www.kusobukken.com/winners2020

ここで触れなかったグランプリ以外の特別賞も掲載されていますので、ぜひ。

【データを無料公開】売却獲得の勝ちパターン

実際に売却経験のある売主様2500人に「どのように不動産会社を選んだのか」を調査しました。今回はE-BOOK形式で調査データを無料公開いたします。

フェーズ別のユーザー心理と推奨アクションの解説ありますので、興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事