以前、資格試験の勉強をしていたのですが、不動産営業で活かせますか?

今回は「以前、資格試験の勉強をしていたのですが、不動産営業で活かせますか?」というお悩みを取り上げます。

不動産業に関わる資格は沢山ありますね。

不動産プレイヤーが取得する資格の代表格は勿論、宅地建物取引士ですが、その他にも公認不動産コンサルティングマスターや、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザーなどを持っておられる方もいらっしゃいますね。

今回取り上げるお悩みである「以前、資格試験の勉強をしていたのですが、不動産営業で活かせますか?」はこのような資格をお持ちの方ではなく、司法試験や司法書士、税理士といった資格試験に挑戦し、その後、不動産業界へ飛び込んでこられた方についてお話しさせて頂きます。

私の知人にも司法書士の資格試験や、司法試験に挑戦し続けていたものの残念ながら合格に至らず、生活の為に資格試験を諦めて、こられの資格と比較的親和性の高い不動産業界に飛び込んでこられた方が何人かいらっしゃいます。

不動産の営業において法律知識が豊富であったり、登記について詳しかったりすれば、他の営業マンとの差別化にも繋がり仕事がし易くなります。

目指していた資格には手が届かなかったものの、不動産営業という新たなステージで輝くことが出来れば、資格試験に挑戦したことも決して無駄では無かったと言えるでしょう。

つまり、「以前、資格試験の勉強をしていたのですが、不動産営業で活かせますか?」というご質問に対しては、「充分に活かすことが出来ます。頑張ってください!」とお答えして、めでたしめでたし…。

と言う訳にはなかなか行かないのです。

各種資格試験を諦めて不動産業界に来られた方の中には、不動産取引を「法律行為」と捉えておられる方が散見されます。

勿論、不動産取引は法律行為なのですが、「商売としての不動産取引」では無く、「法律行為としての不動産取引」に興味があり、「営業マンとしての不動産取引」では無く「宅地建物取引士としての不動産取引」に興味を持ってしまう事は正直に申し上げて危険です。

そのような営業マンは、例えば売り主様から「相続登記は売り出す前にしておいた方が良いの?」と質問された場合でも「そもそも相続登記とは何か?」といった法学部の抗議のような事を滔々と説明し、その専門知識をひけらかして一人悦に入ってしまうのです。

不動産営業の現場は、このような営業マンの「本当は弁護士になりたかったのに」、「司法書士として不動産取引に臨みたかった」という破れた夢を癒す場ではなく、ビジネスの最前線です。

いつまでも昔の夢を忘れられず、その知識(…といっても、資格試験には合格できないレベルの知識ですが)を開陳することに喜びを感じているようでは、不動産営業の世界で「あいつは、資格試験クズレだから理屈ばかりで役に立たないな」と言われかねません。

そこで、「以前、資格試験の勉強をしていたのですが、不動産営業で活かせますか?」とのご質問には、次のようにお答えします。

資格試験で得た知識を営業実務の場で発揮し、しっかりと業績を残せば、不動産営業の世界で「さすがあいつは、資格試験アガリだ!知識に裏打ちされたスマートな営業スタイルだな!」と絶賛されることでしょう。

一生懸命取り組んできた資格試験で、夢破れた悔しさはあるでしょうが、いつまでも昔の夢を引きずっていたところで前には進めません。

先程も申し上げましたが、目指していた資格には手が届かなかったものの、不動産営業という新たなステージで輝くことが出来れば、資格試験に挑戦したことも決して無駄では無かったと言えるでしょう。

不動産会社の課題を解決できる資料がダウンロードできます

▼今現在、課題に感じている項目をクリックしてください。▼

ミカタストアから課題解決に役立つ資料をご提案いたします。

集客を増やす成約率を上げる売買業務を効率化賃貸業務を効率化する

販促ツールを作るHPをリニューアルする勉強する

会社の評判を上げる業務を外注する無料でなんか使いたい

メルマガ登録する

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事