SNSやブログで情報を発信しても、儲からないのは何故ですか?

不動産業界でご活躍のあなた、こんにちは。
株式会社レコの梶本幸治です。

今回は「SNS(Facebook、Twitter等)やブログで情報を発信しても、儲からないのは何故ですか?」というお悩みを取り上げます。

今や、SNSを利用していない人を見つける方が難しい状況であり、お友達同士のコミュニケーションで用いたり、好きなアイドルやスポーツ選手の発信を楽しみにしている方も多いでしょう。

そのような中、不動産会社や住宅会社もFacebookTwitterInstagram等で情報を発信しておられるところが多いようですね。特に賃貸会社様は比較的上手にSNSを活用しているように感じます。

LINEやTwitterをお客様との連絡や、新規物件情報の配信に使っている会社は沢山あります。

しかし、不動産売買の会社ではFacebook、Twitte、Instagram等、SNSやAmebaブログを上手に活用しておられる会社は少ないのではないでしょうか。

売買と賃貸ではお客様の年齢等、客層によるSSの利用頻度やITリテラシーの違いはあるでしょうし、賃貸情報の配信と、売買情報の配信では、賃貸物件の方がSSとの親和性が高いように感じます。

しかし、それだけが原因ではなく、不動産売買会社の多くが(賃貸会社も含まれるかも知れませんが)、ネットでの情報発信を根本的に勘違いしているかも知れません。

そこで、ここで一度立ち止まり、FacebookTwitteInstagram等のSSAmebaブログ等のインターネットサービス、その他自社HPや、自社作成のメルマガ、ステップメールで、不動産会社はどのような情報を配信しているか、検証してみたいと思います。

不動産会社のSNS、ブログ等で取り上げられている内容の主なものを列記してみます。

  • エリア内に新たにに出来たラーメン屋さんに行った、食レポ的な記事

(具体例)

今日のランチは〇〇駅前に新たに出来たラーメン屋「麵屋〇〇」さんへ突撃です!少し早い時間に行ったにも拘らず、もうすでに20人くらいの行列が!さすが人気店!30分ほど並んだ後、ようやく店内へ。本格的な博多豚骨ラーメンの濃厚なスープがたまりません。これは今後もリピートありかも。皆様も〇〇駅近くにお越しの際は是非ともお召し上がりください。

  • 贔屓のプロ野球チームの試合観戦や、連勝を続けている事に触れた記事。

(具体例)

私は昨日、聖地甲子園球場へ行ってまいりました!そして宿敵ジャイアンツを下して四連勝!強い!強い!強すぎる我がタイガース!ビールが美味い。

「♪六甲颪に 颯爽と蒼天翔かける日輪の、青春の覇気美わしく、輝く我名なぞ阪神タイガース

オウ オウ オウオウ 阪神タイガーーース、フレ フレフレフレ」どうぞ皆様もご一緒に(笑)

    • 政治、経済の私見を述べまくる記事。

    (具定例)

    安倍政権が、桂太郎を抜き憲政史上最長の内閣総理大臣となった。そして来年は東京オリンピックを控える今、我々不動産業界は大きな分岐点を迎えようとしている。

    結論から申し上げよう。不動産価格は今後、下落に転じる。今、不動産を所有されている方は、一日も早く所有不動産を売却すべきだ。

    上記、3つのSNS、ブログ等で取り上げられている記事例をご覧頂き、どのような感想を持たれましたか?

    「なんだ、このつまらない記事は!全く読むに値しない!」って感じでは無いでしょうか?

    そうなのです。不動産屋のグルメレポートや、贔屓球団観戦記や、政治・経済の分析なんか、聞きたい人はいません。

    我々は不動産のプロですから、不動産のプロとして、不動産に関する情報を発信すれば良いのです。

    エリア内の成約情報(相場情報)、不動産実務で経験したエピソード、不動産の買い方・売り方、不動産に関すること以外、何も配信する必要はありませんし、むしろ配信してはいけません。

    不動産屋がランチに何を食べようが誰も関心はありません。

    阪神タイガースの勝利喜ぶ記事を書くという事は、巨人ファンはお客様として相手にしないのですか?

    不動産屋の政治・経済に関する私見など誰も興味はありませんし、参考にもしません。

    そもそも昔から、政治・宗教・プロ野球の話は、お客様としてはいけないといわれてます。

    SNS(FacebookTwitteInstagram)やブログで情報を発信しても、儲からないのは何故かとお悩みの方は、その発信している情報が、お客様が求めておられる情報か否かを、もう一度見直してみて下さい。

    \ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
    各シチュエーション別人気資料も紹介

    不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

    お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

    どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

    そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

    不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

    不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

    売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    よく一緒に読まれている記事