パワービルダーの仕事内容と年収を徹底解説!
おすすめの不動産専門転職サイト3選
  1. 【宅建Jobエージェント】≪毎月600名以上が登録≫
  2. 【資格de就職】≪不動産系の資格を活かしたい方≫
  3. 【リアルエステートWORKS】≪年収1000万円以上の求人多数≫

パワービルダーという言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。

パワービルダーとは、床面積30坪程度の土地付き2階建て住宅を2000~2800万円程度の価格で分譲する建て売り業者を指す和製英語です。 主に「飯田グループホールディングス株式会社」のことを指しています。

今回はパワービルダーに興味がある方のために

  1. 仕事内容
  2. 働くメリット・デメリット
  3. 年収

などなど、詳しくご紹介していきます!

パワービルダーの仕事内容

パワービルダーの主な仕事内容は、不動産仲介会社から土地情報をもらい、自社で買って物件を建てることが主な業務となります。

  1. 不動産仲介業者から土地情報をもらう
  2. 土地を買う
  3. 土地の上に住宅を建てる
  4. お客様を見つける
  5. 成約

という流れです。

※基本的には不動産買取・再販業者同様の業務内容です。パワービルダーの場合、土地・戸建てを扱う点が大きな違いです。

取り扱い
パワービルダー 土地・戸建て
不動産買取・再販業者 区分マンション

パワービルダーでの最初の仕事

最初の基本業務は土地情報をもらうために仲介会社に飛び込み&飛び込み&飛び込み。

豆知識大まかには30件飛び込んで買取案件が1件もらえる、50件案件もらって1件成約するイメージです。

不動産の仲介業者に顔を覚えてもらい、土地情報をもらうのが基本業務となりますが、中には地主に直接飛び込み営業をかけて売ってもらうケースもあります。

また、駐車場や更地の所有者の謄本を取得し、ダイレクトメールを打ち、土地の売却をしてもらう会社もあります。

複雑な土地ができる会社だと他社と差別化が図れるため仲介業者から優先的に案件をもらえたりします。

  • 借地
  • 底地
  • 地型が悪い土地
  • 急斜面
  • 擁壁
  • などなど

この辺りは入社後に学習しても全然大丈夫です!優位性があるということだけ覚えておきましょう!

パワービルダーで働くメリットは?

主に仲介会社や地主が取引相手(B to B)なので、B to Cの不動産投資営業・新築マンション販売などよりは比較的気楽に仕事をすることができます。

ただし会社によっては仕入れから販売まで一貫して行うこともありますので個人個人の責任は重大です。

不動産や建築の知識レベルを求められることも多いため、不動産をしっかり学習することができます。また仲介業者・地主に気に入られることがカギなので、接待力や営業力は非常に身に付きやすいといえます。

デメリット

パワービルダーは

  • 不動産・建築の知識レベルを求められる
  • いかに仲介業者・地主に気に入られるか

上記の2つがカギとなりますので、苦手な方はかなり苦労します。

業者間の情報ネットワークが大事になるため、パワービルダーは完全未経験だと軌道にのるまで時間がかかります。

また最初は「飛び込み営業」なので、忍耐力と体力が求められます。

パワービルダーの年収(収入)

パワービルダーの平均年収は600万円~が目安となります。

インセンティブは建てた棟数が成績になる会社が多く、戸建ての場合だと1棟10万円程度のインセンティブを得ることができます。

参考100坪の土地を4棟現場にすると、40万円程度のインセンティブ。といった計算方式です。(それぞれのパワービルダーによって異なります。)

大手の場合

パワービルダー専業でやる場合、それなりの企業規模が必要となるため、(飯田ホールディングス、オープンハウス等)固定給がしっかりしているケースも多いです。

参考マンションの場合、戸あたり5万円のインセンティブ。40戸規模のマンションの場合40戸×5万円で200万円の歩合

トップセールスであれば年収1,500万円以上目指すことが可能です

パワービルダーの主要企業

  • 飯田ホールディングス各社
  • オープンハウスディベロップメント

まとめ

仕事内容 不動産仲介・地主からから土地情報をもらい、自社で買って物件を建てる
営業手法 仲介会社や地主への飛び込み営業
働くメリット 不動産・建築の知識が身に付く
営業力がつく
働くデメリット 初心者には難易度が高い
年収目安 600万円~1500万円以上
主要企業 飯田ホールディングス各社、オープンハウスディベロップメント

不動産業界の転職におすすめのサイト

もし現在不動産業界への就職・転職を検討しているのであれば、業界特化の求人エージェントがおすすめです。

業界特化のサイトであれば、大手求人サイトにはない「非公開求人」や業界を熟知した担当者からのアドバイスを得ることができます。

本サイトでは「実績」「評判」「業界への理解」から、下記の2つの求人サイトをおすすめしています。

宅建JOBエージェント

毎月600名以上の方が登録し、就職・転職をしている【宅建Jobエージェント】。専任キャリアアドバイザーが1000件を超える非公開求人から自分にあった会社を紹介してくれます。

スマホで気軽エージェントとやりとりできるので、ストレスなく転職活動が実現できます。

※資格なしでも”不動産業界に興味があれば”転職をサポートしてくれます。

資格de就職(不動産専門)

不動産関連の資格を保有している場合は【資格de就職】がおすすめです。資格保有者の強みを活かして転職をサポートしてくれる点が特徴で、ニッチな資格が活かせる求人も多数紹介してれくれます。

不動産の資格が他業界で活かせるケースもあるので、そういった事例などの紹介も行ってくれます。

資格保有者で転職を少しでも考えている方は【資格de就職】に相談してみましょう。

▼不動産業界を理解しよう▼

【ランキング公開中】売買仲介会社に人気のサービス


不動産会社様向け資料検索サイト「ミカタストア」では売買仲介会社に人気のサービスランキングBEST7を無料公開中です。
集客力アップ・追客効率化、業務効率化など100サービス以上が掲載されています。
≪会員登録不要・完全無料≫でサービス資料がダウンロードいただけますので、是非サービス探しにご活用ください。
\7,000人が登録/不動産会社のミカタ”メルマガ”

不動産従事者に役立つ情報を無料で配信中

  • 最新の営業手法・マーケティングノウハウ
  • 業界最新ニュース
  • トレンドのサービス情報
  • 限定セミナー情報など

貴社の売上げに役立つ情報をお届けします!

※配信解除はいつでも行えます。

Twitterでフォローしよう