おすすめ記事

こちらのページは不動産売買仲介業者の仕事や年収をさらに詳しく紹介する「ゼネコン編」です。

まずは不動産売買仲介の仕事内容をざっと理解したい方はこちらのページをご覧ください。

不動産売買仲介(ゼネコン系)の仕事内容と集客方法

ゼネコン系列は基本物元を目指します。(売る人を探します)

人数と社内リソースを最大限活用し、朝から晩までチラシをまき、売りたい人の反響をとっていきます。

親会社ブランドからの集客が見込めるのが強みではありますが、いいルート(知り合い・ネットワーク)の情報がないと苦労するケースも多々あります。その為、ルートに左右されない物元業者を目指す傾向にあります。

集客自体もグループ会社からの紹介以外は普通の不動産会社と一緒です。

不動産売買仲介(ゼネコン系)のメリットは「自社施工物件」

ゼネコン系列は管理会社やデベロッパー機能を持つことが多く、グループ内からの売却案件が見込むことができます。

また自社施工物件の情報は豊富なため、自社施工物件では他社を圧倒する無類の強さを発揮します。

デメリット

親会社であるゼネコンの顔色を伺いながら、グループ調和を図る必要があります。

感覚としては大手と銀行系列を足して2で割った感じです。

また親会社からの紹介が多いとのんびりできる反面、他社で全く通用しなくなるのも大きなデメリットです。

不動産売買仲介(ゼネコン系)の年収

気になるゼネコン系列の年収ですが、残念ながらあげた成果(数字)に対してはそこまでインセンティブが高くなく、年収1000万円くらいが限度です。

参考

固定給が年収400万円~500万円で成績はボーナス反映です。
半期売り上げの5%くらいがボーナスの目安。半期で2000万円やれば100万円がボーナス。

不動産売買仲介(ゼネコン系)の主要企業

  • 長谷工リアルエステート
  • 日本住宅流通

まとめ

仕事内容 主に不動産を売りたい人の仲介
営業手法 チラシばらまき・グループ会社からの紹介
ターゲット -
働くメリット 自社施工物件では圧倒的に強い
働くデメリット 他社では通用しなくなる
年収目安 400万円~1000万円
主要企業 長谷工リアルエステート、日本住宅流通

不動産売買仲介の優良企業で働きたい方

不動産売買仲介の仕事内容や年収を紹介してきましたが、会社ごとに福利厚生やインセンティブなど、それぞれ異なります。

ここだけの話、大手の求人サイトの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

転職失敗のリスクを避けるためには口コミサイトで企業の本当の情報を知る必要があります。口コミサイトであれば現社員・元社員のリアルな情報を手に入れることができます。(社内恋愛・不倫・昇給・昇進・残業など)

おすすめは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネであれば、ほぼすべての不動産会社の口コミをチェックすることができます。もちろん無料ですので気軽にどうぞ。

公式サイト:10万件の企業口コミ。キャリコネ

適正年収・市場価値を知りたい方

不動産会社の口コミより、自分にどれだけの市場価値があるのか知りたい方はMIIDAS(ミイダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミイダス)は200万人の年収データから自分自身の適正年収を調べることができます。

公式サイト:MIIDAS(ミイダス)

【無料】自分の市場価値を調べることができるアプリ

ミイダスは200万人の年収データから「適正年収」「市場価値」「転職時期」を数値化することができるアプリです。

今の年収より適正年収が高かったら転職を検討すべきかもしれません。

そのまま企業からのオファーをもらって転職することができますので、気になる方はぜひ試してみてください!

ミカタくん
5分で調べることができます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事