不動産売買仲介の仕事内容と年収を徹底解説!

不動産業種の中でもオールラウンダーと呼ばれているのが売買仲介です。

売買仲介の仕事は幅広い知識と営業力を必要とされる業種となります。

自分の実力次第では年収1000万円も夢ではありません。

今回は不動産売買仲介に興味がある方のために

  1. 仕事内容
  2. 働くメリット・デメリット
  3. 年収

などなど、詳しくご紹介していきます!

お祝い金あり
稼げる不動産求人特集
不動産の就職・転職は「求人サイト探し」がポイントです!不動産の求人自体が少ないと、その求人の良し悪しの判断がつきません。そこでおすすめするのが業界No1の求人サイト「不動産キャリア」です。

不動産キャリアは常時8000以上の求人を掲載し、しかもすべて不動産関連!

営業職・マーケティング・事務職まで。不動産業界を目指す人であれば、必ず知っておきたい情報が満載です!

無料会員登録で新着求人やおすすめ求人の情報もキャッチできますので、まずは無料会員登録をおすすめします!

お祝い金もありますので他の求人サイトよりオトクです。

不動産売買仲介の仕事内容と集客方法

まず不動産売買仲介業者は大きくわけて「売りの仲介」と「買いの仲介」に分かれます。

売り仲介の不動産会社

売り仲介の不動産会社は「元付け業者」「物元業者」と呼ばれます。

不動産を売りたい人をチラシや一括査定で集客し、売却の依頼を受け、買主を見つけるのが主な業務となります。

売り仲介の基本的な流れは、

  1. チラシ巻き
  2. 売り反響取得
  3. 査定
  4. 媒介契約
  5. 広告出稿(チラシ・web)
  6. 買い反響
  7. 案内
  8. ローン審査
  9. 調査(法務局・役所・現地・水道・ガス)
  10. 契約書重要事項説明書作成
  11. 契約
  12. ローン申し込み
  13. 引き渡し準備(司法書士手配・銀行調整)
  14. 残金決済(採取現地確認・金銭計算)

など。一連の工程を行います。

売り仲介の不動産会社は比較的大手に多く、物件の囲い込みなどはこの業態にみられます。

物件の囲い込みとは?

お客さんから売却依頼を受けた物件を自社で抱え込み、他社には紹介しないことをいいます。通常、売却依頼を受けた不動産会社は、他社へも紹介し買い手を見つけてもらうことが一般的であり、お客様にとっても販売網が広くなるのでメリットがあります。

しかし手数料欲しさに物件を自社で抱え込んで、情報を独り占めしようとする不動産会社があとを絶ちません。

ミカタくん
物件の囲い込みは社会問題にまで発展しました。自社の利益を優先する、あってはならない行為です。

買い仲介の不動産会社

反対に買いの不動産会社は「客付け業者」と呼ばれます。

買主をオープンハウスやポータルサイトで集客し、色々な物件を案内することが主な業務です。

  1. 物件収集(レインズ見て広告承諾取得or知り合いにお願いして)
  2. 広告出稿(web・チラシ)
  3. オープンハウス開催
  4. 案内
  5. ローン審査
  6. 調査(法務局・役所・現地・水道・ガス)
  7. 契約書重要事項説明書作成
  8. 契約
  9. ローン申し込み
  10. 引き渡し準備(司法書士手配・銀行調整)
  11. 残金決済(採取現地確認・金銭計算)

売り仲介の場合は大手企業が多いですが、買いの場合は中小地場の不動産会社が多く、都心部を外れるとパワービルダー系の新築戸建に客付けをして「売り仲介」「買い仲介」の両方で収益をあげます。

参考「売り仲介」「買い仲介」の両方で収益をあげることを「両手仲介」といいます。

どの会社にいても「売り仲介」「買い仲介」どちらの業務もできますが、どちらに注力するかは会社の方針によって変わってきます。

集客について

同じ売買仲介といっても「売り仲介」「買い仲介」で集客方法は全く異なります。

売り仲介会社

物元業者(売り仲介)はチラシもしくは一括査定サイトからの反響をもとに売却依頼を取得していきます。(来店はほぼありません。)

買い仲介会社

客付け業者(買い)はポータルサイトにパワービルダーの新築戸建や、他社が売却依頼受けている物件を掲載して反響をとります。

不動産売買仲介で働くメリットは?

不動産売買仲介で働くメリットは業務の幅ゆえに「不動産知識」が身に付くことにあります。

  • 不動産
  • 民法
  • 税金
  • BtoB
  • BtoC

etc…

    学べる知識の広さは不動産業界NO1といっても過言ではありません。

    また売上げの上げ方も営業マンによって様々ですので、今後不動産会社で活躍したい人にとっては自分に合った領域を選ぶきっかけとして、不動産仲介業をおすすめできます。

    豆知識会社の力より、自分の力に依存するところが多いので独立もしやすいです。独立する際の資金も最低限で済みます。

    デメリット

    不動産の売買仲介は学べる領域はかなり広いですが、広い分、知識が浅くなりがちです。

    また不動産仲介業者もかなりの数があるので意識して営業活動・マーケティング活動をしなければ他社との差別化が図れません。

    またチラシ巻きやステ看など泥臭い営業が必要なためキラキラしたイメージとは程遠いです。

    参考
    夜はステ看貼りを行います。※ステ看とは「捨て看板」の略で、短期のイベントの案内する看板のことです。(違法です。)
    よく電柱に立てかけられているので、誰でも一度は見たことがあると思います。

    ミカタくん

    こうしたことも売買仲介の仕事ですね。

    不動産売買仲介の年収(収入)

    不動産売買仲介の平均年収は600万円~です。

    トップセールスといわれる人で年収2,000万円程度となります。

    トップセールスでなくてもある程度の成果をだせば年収800万~1000万円は比較的早く実現できます。

    ただし顧客はその仲介会社でなくてもいいので、自身の営業力次第になります。

    ミカタくん
    じぶん売買仲介で高い年収を実現するためには「いかに自分を売り込めるか」にかかっています。

    不動産売買仲介の主要企業

    • 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)
    • 住友不動産販売

    【注意】不動産売買仲介は系列によってかなりバラつきあり!

    今回は不動産売買仲介の主な業務や年収を紹介しましたが、ひと言に不動産売買仲介といっても規模や系列によってかなりばらつきがあります。

    下記にてそれぞれ系列に応じた不動産売買仲介の詳細な業務を紹介していますので、気になる系列があればぜひチェックしてください。

    実際に不動産売買仲介で働いた経験者に聞いたインタビュー記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

    まとめ

    仕事内容 不動産を売りたい人・買いたい人の仲介
    働くメリット 幅広い知識を身に着けることができる
    比較的早く独立できる
    働くデメリット 知識が浅くなりがち
    泥臭い営業が必須
    年収目安 600万円~2000万円
    主要企業 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)、住友不動産販売

    【業界No.1求人サイト】不動産Career※お祝い金あり

    不動産の求人はとにかく数を見て比較してみることが非常に大切です。

    リクナビ・マイナビといった求人サイトももちろん良いですが、不動産業界への就職・転職を考えているのであれば、不動産Careerがおすすめです。

    おすすめポイント

    • 不動産求人常時5000件以上
    • 大手優良企業多数掲載
    • 就職お祝い金あり
    • 不動産業界に特化した転職コラム
    • 登録だけでスカウトメール
    • 検討中リストで簡単求人比較

    不動産業界に特化した求人のため、たくさんの情報を比較してみることができます。不動産Careerにしか掲載されていないお宝求人もありますので、不動産業界への就職・転職を検討している方は登録してみてください。

    ※登録30秒。もちろん無料です。

    \ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
    各シチュエーション別人気資料も紹介

    不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

    お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

    どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

    そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

    【お祝い金あり】不動産業界No.1求人サイト「不動産Career」

    不動産Careerは不動産業界No,1の求人サイトです。

    常時8,000件以上の求人を公開し、業界特化だからこそ、ほかには掲載されていないお宝求人がたくさん掲載されています。

    たった1分の登録で新着求人やスカウト情報なども受け取れます。

    お祝い金もありますので不動産業界への就職・転職をお考えの方はぜひ「不動産Career」をチェックしてください!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    よく一緒に読まれている記事