おすすめ記事

こちらのページは不動産売買仲介業者の仕事や年収をさらに詳しく紹介する「銀行系列編」です。

まずは不動産売買仲介の仕事内容をざっと理解したい方はこちらのページをご覧ください。

不動産売買仲介(銀行系列)の仕事内容と集客方法

銀行系列の売買仲介の会社の営業方針は、大手売買仲介の会社とさほど大きな違いはありません。

しかし親会社が銀行ということもあり、他の会社よりコンプライアンスを求められます。その為、地場の不動産会社から転職するとかなり戸惑います。

親会社である銀行からの紹介顧客については、トラブルを起こすことができないのでかなり緊張感があります。

集客は親会社である銀行からの紹介がメインですが、案件はべテラン社員に流れやすく、他の若手社員は大手・独立地場の売買仲介会社と大きく変わりません。

不動産売買仲介(銀行系列)のメリットは「福利厚生」

銀行からの大型紹介案件があるため、顧客の集客に困ることはほとんどありません。ただし先ほども紹介した通り、新人には銀行からの案件を任せてもらえないので自分で案件を作る必要があります。

コンプライアンス重視のため、不動産業界にありがちな少しグレーな手法が使いづらいです。そういった意味では普通の不動産会社より集客や契約に制約があるため、大変かもしれません。(それが当たり前ではありますが…笑)

親会社が銀行系列ということもあり福利厚生は業界トップクラスで、珍しく暦通りちゃんと休みが取れます。もちろん有休もあるのでライフワークバランスを気にされる方は銀行系列がおすすめです。

デメリット

すべての案件や業務を石橋をたたいて渡るため、スピード感がありません。契約準備だけで1週間くらいかかることもざらにあります。(他の会社では通常1日~2日くらい)。

また銀行系列ならではの、一度トラブルを起こすと出世の道を外され、生き残ることができないとの噂も・・

不動産売買仲介(銀行系列)の年収

気になる銀行系列の年収ですが、残念ながらあげた成果(数字)に対してはそこまでインセンティブが高くなく、年収1000万円くらいが限度です。

参考

固定給が年収400万円~500万円で成績はボーナス反映です。
半期売り上げの5%くらいがボーナスの目安。半期で2000万円やれば100万円がボーナス。

不動産売買仲介(銀行系列)の主要企業

  • 三井住友トラスト不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • 三菱UFJ不動産販売

まとめ

仕事内容 主に不動産を売りたい人の仲介
営業手法 銀行からの紹介
ターゲット -
働くメリット 福利厚生
働くデメリット スピード感なし
年収目安 400万円~1000万円
主要企業 三井住友トラスト不動産販売、みずほ不動産販売

不動産売買仲介の優良企業で働きたい方

不動産売買仲介の仕事内容や年収を紹介してきましたが、会社ごとに福利厚生やインセンティブなど、それぞれ異なります。

ここだけの話、大手の求人サイトの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

転職失敗のリスクを避けるためには口コミサイトで企業の本当の情報を知る必要があります。口コミサイトであれば現社員・元社員のリアルな情報を手に入れることができます。(社内恋愛・不倫・昇給・昇進・残業など)

おすすめは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネであれば、ほぼすべての不動産会社の口コミをチェックすることができます。もちろん無料ですので気軽にどうぞ。

公式サイト:10万件の企業口コミ。キャリコネ

適正年収・市場価値を知りたい方

不動産会社の口コミより、自分にどれだけの市場価値があるのか知りたい方はMIIDAS(ミイダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミイダス)は200万人の年収データから自分自身の適正年収を調べることができます。

公式サイト:MIIDAS(ミイダス)

【無料】自分の市場価値を調べることができるアプリ

ミイダスは200万人の年収データから「適正年収」「市場価値」「転職時期」を数値化することができるアプリです。

今の年収より適正年収が高かったら転職を検討すべきかもしれません。

そのまま企業からのオファーをもらって転職することができますので、気になる方はぜひ試してみてください!

ミカタくん
5分で調べることができます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事