おすすめ記事

こちらのページは不動産売買仲介業者の仕事や年収をさらに詳しく紹介する「町・地場編」です。

まずは不動産売買仲介の仕事内容をざっと理解したい方はこちらのページをご覧ください。

町・地場の不動産売買仲介会社の仕事内容と集客方法

町・地場の不動産売買仲介会社の基本は客付けがメインとなります。(買う人を見つける)

賃貸仲介も並行して行っているケースが多く、むしろ賃貸仲介がメインで不動産売買はたまに・・といった事業展開している会社も少なくないです。

集客は主に以下の方法をメインに行っています。

  • 広告掲載
  • ポータル出稿
  • 近隣へのチラシ配布
  • 土日の折り込みチラシ
  • オープンハウス

豆知識地場しかできないこととして、法令違反のステ看が使えます。警察との鬼ごっこも楽しめるといった噂も・・

町・地場の不動産売買仲介会社のメリットは「歩合率」

町・地場の不動産売買仲介会社の場合は大手企業にありがちな、報告や監査等煩わしいことが少なく、数字を上げることに全力を注ぎます。とにかく数字至上主義のため服装も自由なことが多いです。

多店舗展開してなければ異動が無いため、一つのエリアを深堀出来るのも大きなメリットです。

また歩合率が高く、営業力に自信がある人は地場の不動産会社でバリバリ稼ぐことができます。

デメリット

数字至上主義のため、売り上げがあがらないと即クビということも。もちろん成績の悪い人に休みはありません。

町・地場の不動産売買仲介は社長がルールの為、法律は二の次になることもしばしば・・・。

また、契約書のチェック機関が存在しないことも多く、契約絡みのトラブルも起こりがちです。月末だから契約書や重要事項説明のチェックをせず適当に作り、急いで契約。しかし後々顧客からクレームが・・

数字至上主義だと営業以外の部分がおろそかになってしまいます。

町・地場の不動産売買仲介会社の年収

町・地場の不動産売買仲介会社では最低賃金レベルの固定+歩合。という給与体系がほとんどです。

歩合は売り上げた収入の30%程度が自分のものになります。

目安年間3000万円やれば900万円くらいの歩合がつきます。

完全固定無しのフルコミッションだと50%ということもありますが、その場合、広告費や車、PCも自分負担となります。

いっけん過酷そうに見えるフルコミッションですが、社長・上司からのプレッシャーなどはないので、そういった意味では少し気楽です。(自身の生活保障がままならないというプレッシャーはありますが…)

町・地場の不動産売買仲介会社の主要企業

  • 駅前の窓に図面がびっしり貼ってある会社。

まとめ

仕事内容 客付けが主
営業手法 様々
ターゲット -
働くメリット 歩合率が高い
働くデメリット 数字至上主義
年収目安 300万円~3000万円
主要企業 駅にある窓に図面がびっしり貼ってある会社。

不動産売買仲介の優良企業で働きたい方

不動産売買仲介の仕事内容や年収を紹介してきましたが、会社ごとに福利厚生やインセンティブなど、それぞれ異なります。

ここだけの話、大手の求人サイトの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

転職失敗のリスクを避けるためには口コミサイトで企業の本当の情報を知る必要があります。口コミサイトであれば現社員・元社員のリアルな情報を手に入れることができます。(社内恋愛・不倫・昇給・昇進・残業など)

おすすめは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネであれば、ほぼすべての不動産会社の口コミをチェックすることができます。もちろん無料ですので気軽にどうぞ。

公式サイト:10万件の企業口コミ。キャリコネ

適正年収・市場価値を知りたい方

不動産会社の口コミより、自分にどれだけの市場価値があるのか知りたい方はMIIDAS(ミイダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミイダス)は200万人の年収データから自分自身の適正年収を調べることができます。

公式サイト:MIIDAS(ミイダス)

【無料】自分の市場価値を調べることができるアプリ

ミイダスは200万人の年収データから「適正年収」「市場価値」「転職時期」を数値化することができるアプリです。

今の年収より適正年収が高かったら転職を検討すべきかもしれません。

そのまま企業からのオファーをもらって転職することができますので、気になる方はぜひ試してみてください!

ミカタくん
5分で調べることができます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事