おすすめ記事

こちらのページは不動産売買仲介業者の仕事や年収をさらに詳しく紹介する「ワンルーム編」です。

まずは不動産売買仲介の仕事内容をざっと理解したい方はこちらのページをご覧ください。

不動産売買仲介(ワンルーム)の仕事内容と集客方法

ワンルームの不動産売買仲介では、とにかくマンション所有者に電話して物件を売ってもらうのが基本業務となります。(テレアポ中心の業務)※同業内では「物上業者」と呼ばれることも。

不動産投資系の会社の業務と似ていますが、こちらは「売ってください」という営業。買ってもらうより、売ってもらうほうが難易度は比較的低めです。

目的 難易度
ワンルーム販売会社 買ってもらう 高い
ワンルーム売買仲介(物上業者) 売ってもらう 低い

※不動産を買うのはお金かかりますが、売るのはお金が入るから営業難易度も大きく変わります。

売却の依頼を受けた後の販路としては、自社買取・同業へ転売・エンドユーザーに販売、のどれか。多くの会社は同業へ転売をしているため、売却の依頼を受ければ、販売は容易にできる傾向にあります。

集客方法ですが、電話がメインですが、最近はDM・セミナー・一括査定と様々な方法で集客をし始めています。電話営業の法規制が強くなってきているので、プッシュ型からプル型へシフトしているようです。

不動産売買仲介(ワンルーム)のメリットは「年収が高い」

ワンルームの不動産売買仲介のメリットは比較的収入が高めという点にあります。

ワンルームを数件持つ顧客も多いため、一人の顧客から信頼を得ることができれば数年スパンのお付き合いになることもざらにあり、そこから大きなインセンティブを得ることができます。

豆知識似たような業種でいうと新築ワンルーム販売の方が稼げます。

デメリット

ワンルーム不動産売買仲介の一番のデメリットは、なんといっても電話営業が辛いという点にあります。

リストを片っ端からコールするテレアポ業務がほかの不動産売買仲介より圧倒的に多いです。

またワンルーム不動産売買仲介の営業マンはザ・体育会系で気合の入った方が多いので、怖い人が多いです・・

不動産売買仲介(ワンルーム)の年収

気になるワンルーム不動産売買仲介の年収ですが、トップセールスで年収2000万円前後となります。

仲介なのか買取なのか業者付けなのかで稼き方が全然違うので、気になる会社があったら事前に確認する必要があるでしょう。

不動産売買仲介(ワンルーム)の主要企業

  • ランドネット

まとめ

仕事内容 ワンルームを売りたい人を探す
営業手法 テレアポがメイン
ターゲット -
働くメリット 年収が高い
働くデメリット テレアポがつらい・怖い人が多い
年収目安 400万円~2000万円
主要企業 ランドネット

不動産売買仲介の優良企業で働きたい方

不動産売買仲介の仕事内容や年収を紹介してきましたが、会社ごとに福利厚生やインセンティブなど、それぞれ異なります。

ここだけの話、大手の求人サイトの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

転職失敗のリスクを避けるためには口コミサイトで企業の本当の情報を知る必要があります。口コミサイトであれば現社員・元社員のリアルな情報を手に入れることができます。(社内恋愛・不倫・昇給・昇進・残業など)

おすすめは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネであれば、ほぼすべての不動産会社の口コミをチェックすることができます。もちろん無料ですので気軽にどうぞ。

公式サイト:10万件の企業口コミ。キャリコネ

適正年収・市場価値を知りたい方

不動産会社の口コミより、自分にどれだけの市場価値があるのか知りたい方はMIIDAS(ミイダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミイダス)は200万人の年収データから自分自身の適正年収を調べることができます。

公式サイト:MIIDAS(ミイダス)

【無料】自分の市場価値を調べることができるアプリ

ミイダスは200万人の年収データから「適正年収」「市場価値」「転職時期」を数値化することができるアプリです。

今の年収より適正年収が高かったら転職を検討すべきかもしれません。

そのまま企業からのオファーをもらって転職することができますので、気になる方はぜひ試してみてください!

ミカタくん
5分で調べることができます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事