おすすめ記事
不動産売買仲介(大手)のメリット・デメリット!年収は?

こちらのページは不動産売買仲介業者の仕事や年収をさらに詳しく紹介する「大手編」です。

まずは不動産売買仲介の仕事内容をざっと理解したい方はこちらのページをご覧ください。

不動産売買仲介(大手)の仕事内容と集客方法

大手は基本物元です。(売る人を探します)

人数と社内リソースを最大限活用し、朝から晩までチラシをまき、売りたい人の反響をとっていきます。

大手はほかの企業と異なり広告予算が多く、大手ポータルサイトに載せ放題と広告予算に困ることはないため、比較的集客は簡単です。

デベロッパーを親会社に持ってる会社が多いですが、期待するほど紹介案件が豊富なわけでは無いので、現場の営業からすると大手のうまみは少ないと言えるでしょう。

大手の不動産売買仲介のメリットは「ネームバリュー」

大手の不動産売買仲介はネームバリューがあるため、相見積もりになった際にも勝ちやすいです。

また、広告予算も豊富にあるため、顧客がいなくて数字が作れないということはあまりありません。

中小企業の場合は営業活動から、事務作業まで一人の担当が行うケースもありますが、大手企業の場合は契約・事務関係も専門の部署がありますので、知識がなくても何とかなります。

なにより福利厚生がしっかりしている点は大手企業ならではと言えるでしょう。

デメリット

経費が高い分、営業ノルマが高い傾向があります。※最低月200万円程度。

大手と言えども営業会社なので売上が未達の際の上司からの詰めもきつめ・・

異動が多いので地元の知識でどうしても地場に負ける為、客付けだと苦戦することもあります。また反響があったお客様の振り分け権限は上司なので、そこから案件をもらえないと安定して数字が作りづらいです。

大手ならではの社内営業も必要となります。

不動産売買仲介(大手)の年収

大手企業ですが、年収は1000万円程度あればそこそこの評価といえます。

会社トップセールスで年収3000万円程度。

内訳としては固定給が年収400万円~500万円で成績はボーナスに反映されることがほとんどです。

参考
※半期売り上げの5%くらいがボーナスの目安。
半期で2000万円やれば100万円がボーナス。
売上により料率は変わり3%~10%程度。
1億売上れば1000万円のボーナス。

不動産売買仲介(大手)の主要企業

  • 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル

まとめ

仕事内容 主に不動産を売りたい人の仲介
営業手法 チラシばらまき・ポータルから集客
ターゲット -
働くメリット ネームバリュー・福利厚生
働くデメリット 営業ノルマが高め・社内営業が必要
年収目安 400万円~3000万円
主要企業 三井のリハウス(三井不動産リアルティ)、住友不動産販売、東急リバブル

不動産売買仲介の大手で働きたい方

不動産売買仲介の仕事内容や年収を紹介してきましたが、会社ごとに福利厚生やインセンティブなど、それぞれ異なります。

ここだけの話、大手の求人サイトの情報を鵜呑みにするのはかなり危険です。

転職失敗のリスクを避けるためには口コミサイトで企業の本当の情報を知る必要があります。口コミサイトであれば現社員・元社員のリアルな情報を手に入れることができます。(社内恋愛・不倫・昇給・昇進・残業など)

おすすめは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネであれば、ほぼすべての不動産会社の口コミをチェックすることができます。もちろん無料ですので気軽にどうぞ。

公式サイト:10万件の企業口コミ。キャリコネ

適正年収・市場価値を知りたい方

不動産会社の口コミより、自分にどれだけの市場価値があるのか知りたい方はMIIDAS(ミイダス)がおすすめです。

MIIDAS(ミイダス)は200万人の年収データから自分自身の適正年収を調べることができます。

公式サイト:MIIDAS(ミイダス)

【無料】自分の市場価値を調べることができるアプリ

ミイダスは200万人の年収データから「適正年収」「市場価値」「転職時期」を数値化することができるアプリです。

今の年収より適正年収が高かったら転職を検討すべきかもしれません。

そのまま企業からのオファーをもらって転職することができますので、気になる方はぜひ試してみてください!

ミカタくん
5分で調べることができます!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事