不動産売却検討者向けメールテンプレート【2回目】

本メールは不動産売却検討者向けの初回メールに対し返信があったものの反応が薄い場合や、 返信は無いものの見込み、又は注力顧客である場合に送る第2回目のメールとなります。

反応が薄い場合は、あまりお客様にとって有益な情報ではなかった可能性がありますので、できれば現地の下見や追加調査等から、前回の査定書作成時には考慮できていなかった事など、「メールを送るたびに何がしかのメリット」を提供したいところです。

不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産売却検討者向けメールテンプレート【2回目】

〈お客様名〉様

大変お世話になっております。
〈社名〉の〈担当者名〉です。

先日、ご用意させて頂きました資料はいかがだったでしょうか?
ご検討なさる中でご不明点や、
何か足りない情報等がございましたらご遠慮なさらずご連絡ください。

ちなみに、
<何か新情報>
※例:
①近くで用事があったので前を通ったら、
想定より環境が良かったので机上査定を微調整しました。
②近隣で担当していた物件が無事、好条件で成約しました。
③まだ媒介契約前ですが、近くで査定しました。
④近くでこんな物件出てます(又は売れました、価格変更しました等)。
⑤新聞や各種不動産情報サイトのニュース記事紹介等

私共は完全成果報酬でございますので、
ご売却が成立するまでは報酬は頂いておらず、
相続等の各種相談や、より詳しい査定報告等、
不動産にまつわるご相談の多くは無料にて承っております。

「何をしたらいいのかわからない」といった方も多くいらっしゃいますので、
些細なことでもお気軽にご相談くださいませ。

(ご予約時は下記ひな形をご活用の上、ご返信くださいませ。)
第一希望: 月 日( ) : ~ :
第二希望: 月 日( ) : ~ :
第三希望: 月 日( ) : ~ :

できる限りのお手伝いをさせて頂く所存です。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

■■_________________________________

<メール用署名欄>

_________________________________■■

2回目のメールは初回メールから「1週間後」が理想

2回目のメールを送る時期は初回ファーストコンタクトメールを送ってから1週間程度が理想です。

感覚を空けすぎるわけでもなく、かといってしつこくない感覚が1週間程度です。

お客様の属性に合わせて送付する時期を変える必要がありますが、目安として「1週間後に送付」と覚えておくとよいでしょう。

※※2回目のメールは超重要※※

今回のメールテンプレートのように、「2回目」に送るメールは非常に重要です。

なぜなら多くのお客様は「2回目のメールの内容で今後メールを開封するかしないか判断するためです。(有益か有益でないか判断されます。)」

メルマガ登録しているけど、全然見ていないメルマガを受信されている方も多いと思いますが、まさに「有益でないから開封すらしない」いい例です。

有益なメールではないと判断されてしまったら、今後どんなにいいメールを出しても開封すらされませんので、今後の開封率の増減が大きく変わってくる2回目のメールは「有益な情報をしっかりと与えること」が重要となります。

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事