不動産の電子契約は賃貸ユーザー70%以上が望んでいる

不動産取引に係わる契約を電子契約でも可能にする法律が9月1日に施行されます。
これにより電子契約は一般化するのですが、契約の相手である不動産を購入あるいは借りるといった、エンドユーザーが電子契約を歓迎するのかどうかが不明でした。

7月末に賃貸ユーザーを対象としたアンケート調査の結果が発表され、エンドユーザーも電子契約に前向きであることがわかりました。

この記事では電子契約解禁まで1か月を切った現在、まだ電子契約対応の準備ができていない不動産会社に向けて、すぐにでも着手したい3つの準備を解説します。

▼下記2冊のE-BOOKで電子契約が理解できます。
社内配布用にもおすすめです。

不動産の電子契約は賃貸ユーザー70%以上が望んでいる

参照:PRTimes「賃貸入居の契約時に「電子契約を選択したい」エンドユーザーは73%」(2021年7月29日)

2021年9月1日から本格的に運用される不動産契約の電子化、事業者からの視点で進んできた制度改革ですが、一般消費者はどのように捉えているのか意識調査がおこなわれました。
不動産賃貸ソリューションを提供するイタンジ株式会社は、運営する賃貸プラットフォームのTwitterアカウントフォロワーにアンケート調査をおこない、賃貸入居時の契約方法について「電子契約を選択したい」と回答したユーザーが73%に上ることを発表しました。

この結果は2020年2月時点での調査結果約57%から大きく増加しており、賃貸ユーザーにも電子契約を積極的に捉えている意識がうかがえます。
別の調査では不動産事業者の電子契約への移行について、積極的に考えているという割合が83%に上っており、電子契約は事業者とユーザーにとって歓迎すべき制度変更と評価されているようです。

【無料】電子契約をスッキリと理解したいならこの2冊がおすすめ

不動産の電子契約について、すっきりと理解した場合は無料配布のE-BOOKがおすすめです。

電子契約は社内全員で取り組むことがマストですので、社内共有用にも是非ご活用ください。

デジタル改革関連法案の施行で押印義務の廃止、書面の電子化で不動産業界にも変革の時代が訪れようとしています。

【何から始めればいいのか?】
【導入したら何が起こるの?】
【どうやって社内で運用すれば良いのか?】
【それで儲かるの?】をイタンジ株式会社が紐解きます。


ついに不動産業界の電子契約が全面解禁!
契約業務が楽になる未来に向けて、法律の改正内容を簡単におさらい!

  • そもそも電子契約ってどんなもの?
  • 電子契約は法的効力が認められる?
  • 電子契約の全面解禁とは?

まとめ

電子契約に移行する準備はそれほどむずかしいことはありません。

1. デバイスの確認
2. コミュニケーションツールの選択
3. 電子署名方法の選択

IT重説は可能になっているので、まずIT重説を実施し慣れるのが重要です。
2022年5月18日までには契約書面類の電子交付が可能になるので、電子署名を施した電子ファイルの送受信を試験的にやっておくと、いざ本番になったときも慌てることなく対応できるはずです。

▼こちらの記事もおすすめです。

【無料配布】実践に即役立つE-BOOK40冊以上がタダで読める

Twitterでフォローしよう