不動産の査定業務をAIで効率化! 属人的だった査定業務を誰でも担当できるように!

昨今「A I(人工知能)」という言葉が当たり前のように使われるようになってきました。

「A Iで効率化」。聞こえはいいのですが、でも具体的にどうやって今の業務に組み込めばいいのでしょうか?

  • 今ぶつかっている課題がAIで本当に解決するでしょうか?
  • 属人化している現状の業務を安心して任せられますか?
  • 不動産業界の属人化しやすい査定業務にA Iを取り入れるとどうなるでしょうか?

ここでは今の不動産業界の問題点とその解決策についてお話しします。

  1. 最⻑50年先まで賃料・利回り・価格・空室率を査定
  2. 類似物件の賃貸事例・販売事例も簡単収集
  3. 柔軟な投資条件を基に高精度な収益分析
  4. レポート機能でグラフィカルな提案資料を作成
  5. 予算感に合わせた料金プランを選択可能

不動産業界の査定業務の現状に関して

不動産を好条件で売却するために大事なのは依頼する不動産会社と担当者選びである

これはお客様にとっても常識です。

不動産の購入・売却は担当者がいかに自分の希望にマッチする物件を紹介してくれるか、親身に探してくれるか、といったことが決め手となるでしょう。人生に何度も経験することがないだけに、より信頼できる、実績のある不動産会社、担当者を選びたい、というのが、お客様心理として確実に存在します。

査定の精度は経験と勘

お客様の信頼を得るためには、査定業務の精度不可欠。

不動産の査定は「取引事例比較法」「原価法」「収益還元法」という手法の組み合わせで算出されますが、最終的には担当者の経験と知識に応じて価格が決定されます。物件は一点物であり、真に同一の商材が存在しないため、土地勘、知識、今までの経験をベースにした相場感によって査定の結果、精度は大きく左右されます。

よって、入社数年の若手社員はベテラン社員に比べて査定業務の精度が必然的に低くなりがちのため、査定業務は経験豊富なベテラン社員の担当業務になっているところも多いのではないでしょうか。これは十分理解できることですし、ある意味当然でもあります。

無料DL 2億件以上の不動産ビッグデータから不動産の価値分析

2. 査定業務の属人化による業務上の課題

なぜ査定業務は属人化するのか

先に述べた通り、正確な価格査定には高度なスキルと豊富な経験が必要となるため、通常ベテラン社員が査定業務を担います。査定業務は時間がかかり、大量な資料をまとめる作業となります。

不動産のタイプにもよりますが、取引価格から契約内容、名義関連手続きなど、ありとあらゆる項目を詳細に決めておく必要があるからです。これらの書類の他に、周辺物件のデータを収集するのにも時間と手間がかかります。査定業務のフローが個人のノウハウにとどまってしまい、業務が属人化してしまいます。

若手の育成と人材不足

また、ベテラン社員が査定資料の作成に相当な時間を取られるため、若手社員の育成の時間を確保することができません。ベテラン社員が査定業務で集めてきたデータや知識、ノウハウを共有財産として蓄積することができていないので若手社員の教育に時間がかかってしまいます。営業担当の入れ替わりも多いため、新人社員の場合、妥当な査定ができるようになるまで半年〜1年ほどかかり、査定業務を担当できる人材が増えないという課題を抱えています。

目の前の業務を必死にこなしながら人材育成にも労力を割くことの難しさ。もちろんどの業界にも言えることなのかもしれませんが、こと不動産業界において、喫緊の課題であることは間違いないでしょう。

Gate.を使用することでの解決策

属人化した「査定業務」。なかなか増えない人材。「A I」で効率化できないでしょうか?そこでご案内したいのが、Gate. Investment Plannerです。

Gate. Investment Planner で属人化を平準化に

ベテラン社員しかできなかった査定業務を「Gate. Investment Planner」を使うことで、どんな社員でも高いレベルで査定を可能にし、資料作成まで行うことができるのがGate. Investment Plannerです。

2億件超の不動産ビッグデータをAIが分析し賃料・利回り相場・価格・空室率などを高精度に査定、​類似の事例も1クリックで収集可能です。
どんな担当でも同じ水準で資料を作成することが可能。査定業務や資料作成等、これまで時間を割いていた業務を大幅に削減することで、業務の効率化が実現します。

Gate. Investment Planner で人材を早期戦力化

査定業務が短時間になることで、ベテラン社員が若手育成に時間を当てることができるようになり、若手社員の早期戦力化が期待できます。

「Gate. Investment Planner」を利用することで査定に対する知見や重要なポイントを抑えることができ、同時に経験と肌感覚も養うことができます。

不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate. Investment Planner」

\AIによる査定業務・レポート作成の 新たな常識。/

2億件以上の不動産ビッグデータを元に、現在の価格だけでなく賃料の推移や空室率の推移、キャップレートなど不動産投資における将来のリスク分析を提供する高精度の不動産価値分析AIクラウドサービスです。

不動産事業者様・金融機関様におすすめです。

チェック現在、金融機関様や不動産会社様など約140社の導入実績がございます。

Gate. Investment Planner

  1. 最⻑50年先まで賃料・利回り・価格・空室率を査定
  2. 類似物件の賃貸事例・販売事例も簡単収集
  3. 柔軟な投資条件を基に高精度な収益分析
  4. レポート機能でグラフィカルな提案資料を作成
  5. 予算感に合わせた料金プランを選択可能

下記の項目に少しでもお心あたりのある方は、是非「Gate. Investment Planner」の資料をダウンロードしてみてください。

  • 査定業務を効率化したい
  • もっと詳細な分析を行いたい

無料DLGate. Investment Plannerの価格・詳細

まとめ

属人的になりがちな査定業務を誰でも担当することができるようになり、社員一人のスキルアップが組織の強さに繋がってくるでしょう。
そして、組織の強さがお客様の信頼を生むことになります。

もちろん、個人の経験、ノウハウや肌感覚の重要性が薄れることはないでしょう。それらは企業にとってかけがえのない財産です。しかし、コンピュータにできないことを実践できる人材を増やしつつも、人間が不得意なことはコンピュータに任せる。これがIT社会を生き抜く鉄則です。A Iは膨大なデータを高い精度で分析することができ、処理スピードも遥かに高いので、これを有効活用しない手はありません!

「働き方改革」が叫ばれ、労働時間をいかに効率的に活用し、さらに人材の早期戦力化が必要となってきた時代に「Gate.Investment Planner」の導入を検討してみるのはいかがでしょうか?

無料DLGate. Investment Plannerの資料をダウンロード

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事