不動産営業マンが見込み客・顧客とLINEで連絡を取るメリット

不動産会社と顧客のコミュニケーションも時代の変化にともない年々変化しています。

郵便・はがきが電話になり、Faxになり、メールになり・・

最近ではLINE(ライン)やSNSなどのチャット機能で顧客とのコミュニケーションを取る会社も増えてきました。

やはり気軽に連絡がとれるのは不動産会社としても、お客さんにとってもメリットの大きいものです。

しかしLINEで顧客とのコミュニケーションをとることにはメリットもあればデメリットもあります。

今回はLINE・SNSでの連絡のメリット・デメリットに合わせて注意点もご紹介したいと思います。

Tips

LINEは日本国内で7,800万人が利用しています。
不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産営業マンが見込み客・顧客とLINE・SNSで連絡を取るメリット

1.既読になるため見たか見ていないか判断がつきやすい

LINEには「既読」の機能があります。

不動産会社にとってこちらの連絡を見たか見ていないかわかるのはかなりありがたいです。

今までは

  • 「メール見てくれたかな?」
  • 「着信に気づいてくれたかな?」

と気にするケースも多かったのですが、LINEであれば「既読」がつくので情報が伝わっているという確認をすることができます。

ビジネスでもLINEは大活躍ですねー!

2.即レス(返信)可能

お客様は常に不動産のことを考えているわけではありませんので、お客様の返信や連絡が来た場合には即レスする必要があります。

メールはPCを開かなければ見ることができず、外回りの営業マンは携帯でメールをチェックし、夜にまとめて返信する。といったケースもかなり多いです。

上記のケースは対応として悪いわけではないですが、お客様の温度感を考えると「即レス」はかなり重要なポイントです。

LINEであればいつでもどこでもチェックできるので、外回りの営業中でも「即レス」が可能となります。

ポイント顧客側からもLINEに「既読」がつくのは「見てくれている!」と安心できるポイントでもあります。

LINEでの連絡はデメリットもある

いつでもどこでもチェックでき、

  1. 「既読の確認」
  2. 即レス

と、LINEでの連絡は不動産会社にとっても、顧客にとってもメリットが大きいものですが、気をつけなけばならないデメリットもあります。

早くLINEの連絡先を聞かれると嫌がられる

LINEを「当たり前」のように使用している不動産会社にとっては、見込み客や顧客が「教えてくれて当たり前」と思いがちですが、早くLINEを聞きすぎたり、しつこく聞くと不信感に繋がります。

顧客心理からすると

お客様
しつこい営業をLINEでされる・・

と警戒する方もいますので、ある程度ヒアリングを行い安心感を与えてからLINEの連絡先を聞きましょう!

教えてもらう際には「利用目的」をしっかり伝える必要があります。

参考
しつこく聞くのでなく、名刺にLINEのQRやIDを記載し、「よかったら連絡先追加してください!」と相手から登録してもらうと以後のコミュニケーションもスムーズに行えます。

その場では教えてくれても、内心嫌がってると後の連絡が取りづらくなるケースもあるので、強引なリクエストは絶対にやめましょう!

大事な書類や情報はLINE以外の手段を利用しましょう!

不動産会社では、手続き上

  • 顧客の年収情報
  • 口座情報
  • その他の個人情報

といった情報を送ってもらうケースもあります。

こうした情報はお客様の大事な個人情報ですので、LINEではなく、書面や直接の受け渡しで行うようにしましょう。

面倒くさいという気持ちもわかりますが、

お客様
重要な書類をLINEで送るっておかしくない?

と一気に信用を失うケースもあります。

LINEは便利なツールではありますが、使うタイミングをしっかりと考える必要があります。

うまくLINEを教えてもらう工夫

LINEを教えてもらう.

先程もお伝えしたようにLINEはお客様から強引に聞き出すものではありません。

できれば会話の自然の流れで登録してもらうことが理想ですが、なかなかうまくいかないケースもあります。

そんなときには

  • キャンペーンの実施
  • 接客カードの時に連絡希望手段に項目を記載しておく

など。

ひと工夫して、お客様の心理的ハードルを下げる必要があります。

まとめ

LINEは非常に便利なコミュニケーションツールで、

  1. いつでもどこでもチェックできる
  2. 「既読」の確認
  3. 即レス

と不動産会社に大きなメリットがあります。

しかし強引に連絡先を聞き出したり、営業の連絡ばかりになったりすると、かえって信頼を損なったり・不信感を抱かせてしまったりと、意外なリスクもあります。

LINEだけでなく、TPOをわきまえた連絡手段・コミュニケーションを選択肢、お客様に安心して購入・契約をしてもらえるように心がけましょう!

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

【PDF】売上に伸び悩むすべての不動産営業マン必読のノウハウ

不動産会社の悩みの中でも特に多いのが「一括査定に勝てない」ということです。

一括査定に勝つ会社は勝つためのノウハウを持っています。

不動産会社のミカタでは【一括査定の勝ち方】を無料公開しています!
一括査定に勝って、今日から物元業者になりましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事