オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ることが苦手です、何とかならないでしょうか?|不動産仲介営業お悩み相談室

不動産業界でご活躍のあなた、こんにちは。
株式会社レコの梶本幸治です。

今回は「オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ることが苦手です、何とかならないでしょうか?」というお悩みを取り上げます。

オープンハウスを実施した後、その結果を上司に報告する際、一般的には次のように報告しますよね。
「本日実施のオープンハウスは来場3組、記名1組でした(オープンハウスに3組のお客様が来場され、アンケートに個人情報を記載して下さった方が1組)」
来場者数も重要ですが、この「記名」が最も大切です。
「来場0組」も「来場10組、記名0組」も実質的には同じですから。
これなら「来場1組、記名1組」の方がマシです。

このように、オープンハウスでは来場者からアンケートを取る必要があるのですが、これが苦手となるとなかなか営業担当者としては厳しいものがあります。
では、オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取るテクニックを2つ程ご紹介しましょう。

先ず1つ目は単純にアンケートを書いて下さらないお客様は来場出来ないようにするというものです。
来場されたお客様に対し玄関でアンケートへの記入をお願いし、応じて下さらないお客様に対しては物件内への入室をご遠慮頂く方法です。
居住中物件のオープンハウスを行う際は、防犯面からもアンケートへの記入をお願いする事は重要ですし又、販売中の物件はいつか購入者様のご自宅になる訳ですから、その意味でも「誰が室内をご覧になったか」を把握しておく必要もあるでしょう。
上記のような防犯上の理由をご説明しアンケートへ記入頂けば、「オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ることが苦手です、何とかならないでしょうか?」という悩みも少しは解消するのと思います。
まぁ、こんな回りくどい言い方をしなくてもズバリ「全てのお客様にアンケートへの記入をお願いしてます」だけ伝える方法でも十分だとは思いますが…。

次に都心部の区分所有オープンハウスで最近よく用いられている手法ですが、物件の外に「現在、担当者が外出しております。15分以内に戻りますので内覧希望の方はお電話下さい」との看板を設置しておき、お問い合わせ時にお名前とお電話番号をお聞きする方法です。
これなら、お問い合わせ時にアンケートへ記入して頂くのと同じ効果が得られますので、来場者からアンケートを取ることが苦手な営業担当者でも安心ですね。
但し、個人的には「オープンハウス」と謳っておきながら、現地に待機しない手法は如何なものかとも思っています、しかし、実際にこの手法を用いている不動産会社はなかなか業績の良い会社が多いように聞きますし、集客方法の一つとして検討されては如何でしょうか。

ここまで2つの方法をお示ししましたが、このような手法では「オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ることが苦手です、何とかならないでしょうか?」という悩みの根本にある問題の解決にはならないとも思っています。

悩みの根本にある問題とは、「お客様の顔色ばかり窺って、言いたいことが言えない」問題です。
そもそも、オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ること等、本当は何も難しくない筈なのです。
それを苦手だとおっしゃる営業担当者は、頭に中で次のような事を考えているのだと思います。

・せっかくオープンハウスに来て下さったのに、いきなりアンケートを書いてくれなんて言ったら気を悪くされるかな?
・どのタイミングでアンケートへの記入をお願いしたら良いかな?今かな?いやいやもう少し経ってからの方が良いかな?
・アンケートへの記入をお願いしたら強引な営業だと思われてしまうかな?強引な奴だと思われるのは嫌だなぁ。

このように「嫌われる事を恐れる」営業担当は、お客様の事を大切に考えているのではなく、自分自身の事が可愛いケースが多いように感じます。
「オープンハウス待機中、来場者からアンケートを取ることが苦手です、何とかならないでしょうか?」と悩んでおられる方は、オープンハウス以外の営業シーンでも、言いたいことが言えずにいるのではないでしょうか?

このような悩みの解決方法は、先程ご紹介致しました2つのテクニックなどでは無く、ご自身の強すぎる自己愛や嫌われる事を極端に恐れる心に気付く事かも知れませんね。

売買仲介会社におすすめサービスランキングTOP3

各種サービスの特徴や価格もご紹介いたします。

ランキングを見る

Twitterでフォローしよう

よく一緒に読まれている記事