建売住宅販売の仕事内容と年収を徹底解説!

地方に行くと綺麗な住宅に「For Sale」といった看板が立っているのを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

それを販売しているのが建売住宅販売の営業マンです。

建売住宅販売はバンバン売れるイメージがないため、暇そうにも思いますが、実際はどのような仕事内容なのでしょうか。

今回は建売住宅販売の

  1. 仕事内容
  2. 働くメリット・デメリット
  3. 年収

などなど、詳しくご紹介していきます!

お祝い金あり
稼げる不動産求人特集
不動産の就職・転職は「求人サイト探し」がポイントです!不動産の求人自体が少ないと、その求人の良し悪しの判断がつきません。そこでおすすめするのが業界No1の求人サイト「不動産キャリア」です。

不動産キャリアは常時8000以上の求人を掲載し、しかもすべて不動産関連!

営業職・マーケティング・事務職まで。不動産業界を目指す人であれば、必ず知っておきたい情報が満載です!

無料会員登録で新着求人やおすすめ求人の情報もキャッチできますので、まずは無料会員登録をおすすめします!

お祝い金もありますので他の求人サイトよりオトクです。

建売住宅販売の仕事内容と集客方法

まず建売住宅販売には2種類あります。

  1. 自社物件を売る
  2. 他社の物件を売る

他社の物件を売るのは仲介領域に入るため、今回は「自社物件を売る」建売住宅販売を説明します。(系列で別会社を立ててるケースもこちらに含めます)

建売住宅販売の基本業務は、売る物件に張り付き(呼び込み)、お客さんがきたら物件の案内を行い契約を結ぶことです。

集客方法は主に

  • 周辺地域へのチラシ巻きによる反響
  • 現地販売(呼び来み)

のいずれかになります。

昔は飛び込み営業も行っていましたが、最近規制等々、厳しくなってきているため飛び込み営業はほとんどありません。

参考
夜はステ看貼りを行います。※ステ看とは「捨て看板」の略で、短期のイベントの案内する看板のことです。(違法です。)
よく電柱に立てかけられているので、誰でも一度は見たことがあると思います。
最近某大手不動産(O社)の若い営業マンがステ看を身体の前と後ろにぶら下げて、歩行者にPRしているところをよく見ます(※ステ看で身体を挟むことを業界用語で「サンドイッチマン」といいます。)

こうした泥臭い仕事も建売住宅販売の業務のひとつです。

建売住宅販売で働くメリットは?

建売住宅販売で働くメリットは「接客のあり方」を基礎からが学ぶことができます。

  • 言葉使い
  • 服装
  • 姿勢

など、どの業界でも通用する「ビジネスマナー」「接客マナー」が身に付きます。イメージとしてはホテルのフロントマンが近いでしょう。

似たような業種で新築マンション販売があります。

新築マンション販売は「高級志向」なので、言葉使い・服装などをかなり厳しく求められますが、建売住宅販売の場合は高い接客レベルを求められません。

求められる接客レベル
新築マンション販売 高い
建売住宅販売 そこまでではない

比較的、未経験からでも取り組みやすい業種ともいえるでしょう。

また数か月で現場が変わっていくので、色々なエリアを見る楽しさはあります。

デメリット

建売住宅販売のデメリットは「ノルマが厳しい傾向にある」ということです。

売上げの成績が悪いと、毎晩テレアポでお客様を集める場合もあります。

営業成績も物件次第の部分もあるため、知識がなく仕事ができない人でも案件次第でバンバン売れます。

当然逆もあって、知識が豊富・営業力も高い人が魅力のない物件を任されてまったく売れないというケースもあります。

また、物件を売ることだけにフォーカスするので、不動産業自体はあまり学ぶことはできません。

参考メリットもデメリットも新築マンション販売に似ています。

建売住宅販売の年収(収入)

気になる建売住宅販売の平均年収は400万円前後となります。

歩合率は高めで、建売物件を1件売って20万円~30万円がインセンティブ相場となります。

イレギュラーなケースですが、不動産仲介として手数料換算して、パーセンテージの場合もあります。(このあたりは会社によって異なるので割愛します。)

扱う物件が良ければ比較的売れていくため、月2件~3件契約できれば月収100万も十分に可能です。

トップセールスは年収1,200万円~となります。

建売住宅販売の主要企業

  • 飯田ホームトレード
  • オープンハウス

まとめ

仕事内容 自社物件を売る/他社の物件を売る
営業手法 建売住宅販売に興味ある方に接客
働くメリット 高い接客スキルは不要
未経験でも取り組みやすい
働くデメリット 不動産業界を学ぶことができない
ノルマが厳しい傾向にある
年収目安 400万円~1200万円以上
主要企業 飯田ホームトレード、オープンハウス

【業界No.1求人サイト】不動産Career※お祝い金あり

不動産の求人はとにかく数を見て比較してみることが非常に大切です。

リクナビ・マイナビといった求人サイトももちろん良いですが、不動産業界への就職・転職を考えているのであれば、不動産Careerがおすすめです。

おすすめポイント

  • 不動産求人常時5000件以上
  • 大手優良企業多数掲載
  • 就職お祝い金あり
  • 不動産業界に特化した転職コラム
  • 登録だけでスカウトメール
  • 検討中リストで簡単求人比較

不動産業界に特化した求人のため、たくさんの情報を比較してみることができます。不動産Careerにしか掲載されていないお宝求人もありますので、不動産業界への就職・転職を検討している方は登録してみてください。

※登録30秒。もちろん無料です。

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

【お祝い金あり】不動産業界No.1求人サイト「不動産Career」

不動産Careerは不動産業界No,1の求人サイトです。

常時8,000件以上の求人を公開し、業界特化だからこそ、ほかには掲載されていないお宝求人がたくさん掲載されています。

たった1分の登録で新着求人やスカウト情報なども受け取れます。

お祝い金もありますので不動産業界への就職・転職をお考えの方はぜひ「不動産Career」をチェックしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事