不動産営業時代にツラかった・悲しかったこと5選【体験談】

不動産営業はキツいことで有名です。

とは言え、どういったことがキツイのかイメージできない方も多いはず・・

今回は実際に不動産仲介営業を経験した3名の方に「ツラかったこと」「悲しかったこと」をヒアリングしてきましたのでご紹介いたします。

結構リアルな悪口もありますので、現職の方は共感いただける?内容となっております。

またこれから不動産業界を目指す方には参考になると思いますので是非チェックしてください。

お祝い金あり
稼げる不動産求人特集
不動産の就職・転職は「求人サイト探し」がポイントです!不動産の求人自体が少ないと、その求人の良し悪しの判断がつきません。そこでおすすめするのが業界No1の求人サイト「不動産キャリア」です。

不動産キャリアは常時8000以上の求人を掲載し、しかもすべて不動産関連!

営業職・マーケティング・事務職まで。不動産業界を目指す人であれば、必ず知っておきたい情報が満載です!

無料会員登録で新着求人やおすすめ求人の情報もキャッチできますので、まずは無料会員登録をおすすめします!

お祝い金もありますので他の求人サイトよりオトクです。

不動産営業時代にツラかった・悲しかったこと5選【体験談】

1.夜間・土日のポスティング

売買仲介の場合は、買い・売りの集客を行うためにポスティングを行います。

ポスティングは営業として非常に大事な業務ではありますが、日中はテレアポやアポイントがあるため、どうしても夜の時間帯や土日に行う必要があります。

仕事終わりにポスティングを行うため体力的にもかなりキツいですが、投函窓から漂ってくる夕飯のにおいや、TVの笑い声を聞くと、自分は何やってるんだろう…と涙を流した経験のある方も。

Aさん
ポスティングはキツイです。やりたくないけど、やらなきゃノルマが上がらない・・

Bさん
うちの場合は土日だったので、ほとんど休みがありませんでした

2.尽くしたお客様からのクレーム

自分なりに一生懸命営業をしたつもりだが、お客様には通じておらず、かえってクレームに繋がるケースがあります。

お客様からのクレームには真摯に受け止めるべきですが、思い入れがあった分、悲しい気持ちになることがあるようです。

Aさん

「気に入られているかも」というお客様から担当を変えてくれと会社に電話が入ったことがあります。

Cさん
好きな人に嫌われる感覚に近く、結構つらいですね。営業職の難しさです・・(しみじみ)

3.案件がない月末

案件が尽きて、ノルマが達成できないと感じた月末が、周りの同僚や先輩に迷惑をかけている気持ちになり、かなり辛い思いをします。

Aさん
社内にいても気まずいので、営業行くふりしてサボったことがあります。

Bさん

自分のせいで全社の目標が達成できない時は地獄です。

4.頭の悪い上司の詰め

不動産の営業であれば誰しも経験するのが”上司からの詰め”です。

詰めは営業なので仕方のない部分もありますが、話が通じない頭の悪い上司からの詰めは許容できない人もかなり多いようです。

Bさん
脳みそまで筋肉

Cさん
「いかに上層部から気に入られるか」など自分の立場しか考えてなく、この人の下でやることで人生つぶされる気持ちになる

5.休日の上司からの出社命令(電話)

休日が定められているものの、そんなものお構いなしで上司から電話がかかってきます。

多くの場合「なんで出社しないの?」という電話のため、つらいという感情を通り越してムカついている方がほとんどです。

Aさん
生産性があればOKだが、大体出社することが目的になってるから

Bさん
「休むことが悪」という不動産会社はまだまだありますね。私の場合はすぐに退職しました。

ホワイトな不動産会社を選びましょう

今回は不動産営業経験者にヒアリングを行いましたが、やはりツラく・悲しい経験をしている方がほとんどです。

これから不動産業界を目指す人にとっては、ツラく悲しい部分だけを見ると、「やっぱやめようかな・・」という気持ちになる方もいると思いますが、これはなにも不動産業界に限ったことではありません。

ミカタくん
どの業界もツラく・悲しいことばかりです。

不動産業界は、むしろホワイト企業の見分けが比較的簡単ですので、ブラックな会社を求人応募の際に避けることができます。

ホワイトな不動産会社を目指すのであれば、以下の記事を参考にしてください。

ホワイトな不動産仲介会社のわかりやすい2つの特徴【見極め方】

まとめ

  1. 夜間・土日のポスティング
  2. 尽くしたお客様からのクレーム
  3. 案件がない月末
  4. 頭の悪い上司からの詰め
  5. 休日上司からの出社命令(電話)

私怨のこめられた回答をしてくれた方もいましたが、不動産営業であればこうしたツラく悲しい経験は誰しも一度はしているものです。

とはいえ不動産業界は他の業界より稼げたり、自分の営業力だけで活躍できる魅力的な業界です。

上記はあくまでも参考程度にし、不動産業界で活躍してください!

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

【お祝い金あり】不動産業界No.1求人サイト「不動産Career」

不動産Careerは不動産業界No,1の求人サイトです。

常時8,000件以上の求人を公開し、業界特化だからこそ、ほかには掲載されていないお宝求人がたくさん掲載されています。

たった1分の登録で新着求人やスカウト情報なども受け取れます。

お祝い金もありますので不動産業界への就職・転職をお考えの方はぜひ「不動産Career」をチェックしてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事