プレミアマンションを【相見積もり】なく飛び込みで物上げする方法

不動産は物元キングということは誰でも知っています。

物元になればいろんなマネタイズが見えてくるからです。

ここにお越しのあなたのキャリアを考えると、そんなマネタイズをいちいちここで説明することを省きますが物上げをするためには一括査定サイトありきになっています。

しかし源泉営業を使う営業マンにおいては、なぜ一括査定サイトを使うのかよくわからないんですね。

その理由は主に下記2つ。

  1. なぜ他社と比較されることをわざわざやるのか?
  2. 反響が入ったらすぐに電話ってそんなに暇じゃない

逆に言うと源泉営業を使うと、こんなことをしなくても十分物上げができるからです。

なにそれ、どうやってって思いました?簡単ですよ。

物上げしたい物件の売主に直接アプローチすればいいんです。

その方法はたくさんあります、飛込みや電話や手紙ですね。

なぜあなたがこういった能動的な営業をやっていないかと言うとこれまた答えは簡単で、あなたの周りにできる人がいないからです。

実は、源泉営業で出会う水面下のお客様は価格で動きません。

「人」という「感情」で決めます。

何言ってるの?と鼻で笑ったあなた、

あなたは反響営業のお客様しか知らないので多くの水面下顧客がこういった特性があることをまだ知りません。

実は源泉営業には一括査定の物上げに必ず付きまとう【相見積もり】と言う面倒な世界がありません。

今回は反響営業しかやってこなかったあなたが初めて知ることになる驚愕の世界をお教えしましょう。

プレミアマンションを【相見積もり】なく飛び込みで物上げする方法とは?

あなたが一括査定サイトの反響客に一喜一憂している隙に、本物の能動的な営業マンは自ら仕掛けています。

例えば、訪問してプレミアマンションを預りたい場合

  1. 自分の会社の近所のマンションの成約事例が多い物件を見つける
  2. 築年数15年以上経っているような比較的残債が減っていそうなマンションをピックアップする
  3. グーグルマップに落とす
グーグルマップ
4.すべて回り管理人さんがいない日時を書きこむ(管理人さんが24時間いるマンションは×)

できましたか?

それができたら次に100円ショップで買ったカードケースに名刺を入れて狙ったマンションに行きましょう。

マンションに着いたらメールボックスに行き、101.102.103.104という風にA4用紙に書いていきます(画板推奨)

5.順次回ってインターフォンを押していく

さっそくインターフォンを押します

101・・ピンポーン♪‥出ない。もう一回押します

ピンポーン♪・・出ない。このお宅は留守ですので101の下にルスと書きます

次の家

102・・ピンポーン♪・・はい?とお出になりました。

あなたはこう言います。

「恐れ入ります、私すぐご近所の〇〇不動産の〇〇です。本日ご近所のプレミアマンションだけ回っていまして実際に売買されたデータをお渡ししています。ご挨拶させてください(言い切る)」

という風に、成約事例と言ってもいいしこういう言い回しでもいいし、要は

「ご近所の売れているマンションの売買データを配っているから渡したい。開けてください」

というニュアンスでお話しします。

ご挨拶させていただけませんでしょうか?とへりくだってはダメ。
堂々とするのが訪問のコツです。

すると返事は2パターンです

1.結構です(全体の95%が断り)
2.あ、はい・・と言われガーっとオートロックが開く

つまり、堂々と訪問すると

◆留守
◆結構です
◆開く→マンション内に入ってお客様宅の玄関に行き再度インターフォンを押します

必ず出てきてくれるのでありがとうございますと成約事例をお渡しして「なぜ開けてくれたのですか?」と話す。

お客様が開けたという行為には理由があるので、その理由が見込み客のネック(考え事)になります。

普通はインターフォンを絶対開けませんよね?

ではなぜ開けてしまうのか、それは頭の片隅で成約事例を見てみたいから。

なぜ?

将来的なのか今なのか過去なのか、その人に取引事例が関与する考え事があるからです。

反響営業は待ちですが、源泉営業は自ら動いてこのようなお客様をたくさん見つけることができます。

好きなだけ。

ちなみに、お子さんが出たところや留守のところや、うーん・・まだいいわと言うような含みがあるよう

なお返事のあるお宅や、「ポストに入れておいて」という方も良くいらっしゃるのでその時はポストに入れて再度「ご覧になりましたか?」と再訪問しましょう。

飛込みは1日1-2時間程度集中してやるようにすれば、飽きもなく何かをしなければいけないというようなノルマ系の仕事ではなく、「お渡しする許可を貰う」だけなのでずいぶん気持ちも楽なはずです。

過去の飛び込み営業、あなたが想像する飛び込み営業と言うのは

「アポイント取るまで帰ってくるな」
「〇〇をするまで帰れない」

という時代錯誤のものなんです。

その世界を生き抜いてきた方は大勢いますが、同じ感覚を今の社員さんに指示しても徒労に終わります。

それなら仕事をゲーム感覚にしてもらったほうが数字が上がるし組織が活性化するに決まっているので私はずいぶん前からこの源泉営業を推奨しています。

※私や弊社の実績についてはこちらには書ききれませんので弊社のブログをご覧ください。

まとめ

ということで、あなたが勇気を出して行動した訪問した結果は3つしか答えが存在しないので、それを区別していけばあっという間にマンション全体の見込み帳が完成します。

エクセルシートで管理して留守の部屋や断りの部屋を塗りつぶしていくと・・(1セルずつ使えばOK)早く

マンション全体を塗りつぶしたくなるんです、これは塗り絵の心情を使ったゲームです。

知り合った方は今か将来か必ず数字になりますので、あなたのことを覚えてもらうために毎月1回あなたの瓦版(ニュースレター)を送っておいて、返報性の法則を作っておきます。

毎月毎月あなたの瓦版が届く、接触をしておく・・・すると

「いつも悪いな、あの人に声かけるか」

ってなるに決まっているんですね。

そうするとそうなるか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は源泉営業にはエンドの物上げに必ず付きまとう【相見積もり】と言う面倒な世界がありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この世界が訪れます、あなたは既に信頼されているからです。

さらに、このマンション飛び込み物上げのもう一つのメリットは空き家の物上げ。

マンションのポストにガムテープが貼ってあるポストよく見かけませんか?

そこの住所に物上げDMを送ると新住所に転送されますから、ポストに名前が変いてあれば謄本を上げなく

ても大丈夫です(というか、謄本を上げても住所変更登記をしていることはほぼありません)

いかがですか?

へーやってみようかなってなりますよね!

ぜひ試してみてください。いくら訪問したってあなたが失うものは何もありませんから。

次回はあなたが狙ったエリアでの飛込み戸建て物上げを詳しくお教えしましょう。

優真商事株式会社
代表取締役 小林英治

【今すぐ視聴可能】実践で役立つノウハウセミナー

不動産会社のミカタでは、他社に負けないためのノウハウを動画形式で公開しています。

Twitterでフォローしよう

売買
賃貸
工務店
集客・マーケ
業界NEWS