不動産仲介会社がMEO対策を行うメリット【来店増えます】

MEO対策という言葉をご存知でしょうか。

MEOは「Map Engine Optimization」の略で、簡単にいうと"Google mapの最適化"という意味です。

今や店舗を検索する際にGoogle mapを利用することは当たり前の時代になってきました。そんなときに情報がまったく掲載されていなかったり、マップが見づらかったりするとお客様の足が遠のいてしまいます。

今回は不動産仲介会社におすすめしたいMEO対策について解説していきます。

Tips

Google mapは2005年からあります。
不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介会社がMEO対策を行うメリット【来店増えます】

エリア×不動産で調べた時に検索結果に表示される

MEOの一番のメリットは「エリア」×「不動産」で調べた時に検索結果に表示されることにあります。

誰しも一度は

「エリア」×「居酒屋」
「エリア」×「ランチ」
「エリア」×「ガソリンスタンド」

といったように「エリア」×「○○」で調べた経験があると思います。

そこで検索結果に表示された店に

  • まずは電話してみる
  • もしくは行ってみる

といったようなアクションを取る方がほとんどです。

これがまさにMEO対策の効果です。

人間の心理は検索して一番目立つように出てきたところをまずチェックします。

MEO対策を行えば「エリア」×「○○」で調べた時に検索の上位に表示することができるので、結果として来店が増えたり、ホームページに集客することができます。

GPS機能も使えます。

今いる場所で「不動産」と調べるとGPS機能が働き、今いる周辺の不動産会社の情報を拾ってきてくれます。※Googleってすごいですね。

あまりないケースですが、このGPSの機能を使って、飛び込みの客を集客できる可能性もあります。

ご参考までに

店舗のイメージを沸かすことができる

MEOのもう一つのメリットはお客様に店舗のイメージを伝えることができる点にあります。

初めて行く場所であれば、なるべく情報を持っておきたいものです。

  • スタッフの顔
  • 実績
  • 会社の評判
  • 会社の雰囲気

など、ひとつでも多くのことを知っておくことで安心に繋がります。

飲食に置き換えると食べログなどで「外観」や「内観」が見れると、お店の雰囲気がわかるので、行ってみたくなりますよね。

参考飲食店は外観・内観のイメージ写真があるとないとでは、来客数が大きく変わるそうです。(当たり前と言えば当たり前ですが)

これは不動産仲介も同様です。

どんな場所なのか、事務所やカウンターの雰囲気がわかるだけでお客様はかなり安心します。

ちなみに今のGoogleマップはこんなこともできます。

上記はある飲食店のマップですが、Google map上で内観が見れるようになっています。※360°見れます。

お店の外観、内観が伝わり、お客様の来店を促せる点もMEO対策を行うメリットです。

こんな不動産仲介会社に特におすすめです

MEOがどういったものかお判りいただけたと思います。

お客様に来店をしてもらう必要がある仲介会社すべてにおすすめですが、MEO対策を特におすめするのは以下のような会社です。

ホームページからの集客がうまくいっていない仲介会社

ホームページからまったく集客できていない不動産仲介会社はSEOに苦手意識を持っている方が多いです。

「不動産」のSEO対策はかなり時間が掛かりますし、業者に頼むとかなり費用が掛かります。

しかしMEOはまだまだ対策していない企業がほとんどで、競合が少なく取り組んでいる不動産会社が少ないのが現状です。(※MEO対策を行うのであれば今がチャンスです)

後述しますが、MEO対策は費用対効果が非常に高いです。

※ちなみにSEOとは検索エンジン最適化のことです。興味のある方は下記の記事もご覧ください。

地方の不動産会社がSEO対策する上で押さえるべき2つのキーワード

自社ホームページがGoogleで上位表示されないと悩んでいる不動産会社にお伝えしたい事

外国人向けに仲介を行っている仲介会社

MEO対策は外国人向けに仲介を行う会社には非常にメリットがあります。

その理由はGoogle mapで表示された店舗情報は「自動的に翻訳」されるためです。

※日本語で書きこまれた評判や口コミは英語に自動翻訳されます。

インバウンド向けの不動産は年々需要が増しています。

ただSEO対策しただけでは、このように自動翻訳されることはありません。

MEO対策ならではの強みといえます。

外国人のお客様が多い仲介会社はMEO対策をおすすめします。

MEO対策は自社でもできる?

MEO対策は自社で対策することが可能です。

【MEO対策 方法】【MEO対策 手順】

などで調べればたくさんの情報が出てきます。

ただしワンクリックでできるような簡単なものではないため、初めての方であればかなり時間を取られます。

そのためMEO対策は業者に依頼することが一般的です。

MEO対策の業者選定は一択でOKです。

MEO対策はたくさんの業者がありますが、月額料金が○○円・問い合わせがあったら○○円といったようにわかりにくい料金体系の業者も多いです。

そこでおすすめするのが【マップでアップ】です。(むしろ一択です。)

マップでアップであれば、初期費用15万円で月額料金は一切ありません。

たったの15万円で今後ずっと集客しつづけることができる【マップでアップ】費用対効果が抜群です。

まとめ

MEO対策について記載しましたが、飲食業界に続いて不動産業界でもこうしたツールを活かして競合他社と差をつける動きは必ず出てきます。

自社の集客のために、そしてお客様のために今からMEO対策に取り組んでみてください。

今がチャンスです。

地図登録サービス【マップでアップ】

全体的な集客のノウハウを知りたい方は下記の記事をご覧ください。不動産会社の集客方法をすべてまとめています。
不動産会社の集客方法9選【うまくいくための具体策も紹介】
\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事