不動産未経験でも独立開業は可能なのか?【2つの壁があります】

「未経験から不動産会社を開業したい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

最近では”未経験から不動産会社の開業するための書籍”も増えてきており、ノウハウも調べればたくさん出てきています。

では本当に可能なのか?というと

結論としては未経験から不動産会社を開業することは可能です。(実務経験がなくともOKです)

しかしその道のりは簡単ではありません。

まったくの未経験から不動産会社を開業するとなると2つの壁にぶつかります。

\ 不動産会社に役立つ資料を/
「無料」ダウンロ-ド

営業を効率よく行いたい、売上げに繋がるサービスを知りたいと思っている方も多いでしょう!

不動産会社向けのサービスは年々進化し、追客が自動化できるツールや、WEB上のお客様の動きがわかるツール過去事例がすべて見れるデータベースなど、知らぬ間に多くのサービスがリリースされています。

不動産会社のミカタでは、それらの資料を「その場で」「無料」でダウンロードできるミカタストアを公開しております。

売上げに直結する資料やアップセルに繋がるサービスもございますので、是非サービスサイトをご覧ください!

未経験でも独立開業は可能だけど2つの壁があります

未経験からでも簡単に不動産会社を開業した場合の2つの壁は以下の通りです。

  1. 宅地建物取引士の取得
  2. 銀行融資が受けられない

順番に解説いたします。

【壁①】宅地建物取引者主任の取得

宅建業者として登録するためには「宅地建物取引士」の資格が必須です。※厳密にいうと「宅建士」の資格を有した人材を事業所に設置しなければなりません。(5人に1人の割合)

宅建士の合格率は15%前後とされており、勉強時間でいうと300時間が必要と言われています。

業界経験があれば、実務から学び取ることも多いですし、宅建登録講習があるため5問免除になりますので、合格率がグッとあがります。※宅建登録講習を受講できるのは不動産従事者だけです。

もし未経験から独学でやるとしたら

  • 独立・起業前に300時間の勉強時間の確保が必要となります。
  • スクールで学習するのであれば、スクール代金が必要となります。(相場20万円程度)

しかも宅建士の試験は年に1回しか実施されないため、もし不合格になった場合は翌年まで持ち越すことになります。

ミカタくん
独立・開業前からかなり覚悟を決めなければ合格することができません。

もう宅建持ってるけど・・


もう宅建持ってるんだけど・・未経験独立できるよね!

すでに宅建を持っている方であれば、宅建業者としての登録が可能です。

しかし「宅建士」は現場では大して役に立ちません。(これは現場を経験していない人にはわからない部分です。)

宅建士を武器にする営業マンは役に立たない説【これマジです】でまとめていますので、興味のある方はご覧ください。

【壁②】銀行から融資が受けられない

未経験から不動産会社を開業する際の2つ目の壁は、「銀行から融資が受けられない」という点にあります。

銀行融資は企業活動を行っていくうえで必要な資金調達方法ですが、未経験の場合はほとんど融資を受けることができません。

理由としては非常にシンプルで実績がないからです。

未経験で実績のない方がいくらきれいな事業計画書を描いても

銀行担当者)”机上の空論”過ぎてワロタw

となります。

恐らく「経験したこともないのにどこからこの数字が出てきたんですか?」と言われるでしょう。

銀行は焦げ付く可能性の高い融資は絶対にしません。特にスタートアップへの融資は厳しくチェックしています。未経験では融資を受けられる可能性は限りなく0に近いでしょう。

開業時の初期費用は400万円です。

「銀行融資なんて必要ない!自己資金だけでなんとかしてやる!」という方は最低でも400万円準備しましょう。

400万円の根拠は以下にて解説しています。

不動産独立の開業資金はいくら?準備すべき初期費用をまとめて紹介

実務経験がない=お客様が離れていく→廃業

無事に2つの壁をクリアして開業できたしたとしても、まだまだ問題はあります。

開業後、一番の問題は実務経験がないことがお客様にバレて離れていくことです。

お客様は宅建業者を選ぶことができます。わざわざあなたの会社でなければいけない理由はありません。

そのためやり取りの中で知識がないとバレたり、信用に値しないと判断されるとすぐに別の業者に依頼します。(当然ですが・・)

それが続くと資金ショートし廃業します。

家を売買することはお客様にとっても一生に一度あるかないかの大切なライフイベントですので、業者の対応を細かく見ています。

実務経験がないのであれば、相談できる方(税理士・行政書士)などを探して、お客様に迷惑をかけないことを心がける必要があります。

ミカタくん

宅建協会で信用できる先輩を探すのもいいかもしれませんね

参考不動産の実務は教科書には載っていないことばかりです。本を読みこんだくらいで出来る気になっている方は一度冷静になって考え直しましょう。

不動産会社歴3ヵ月で独立した人は結構います。

まったくの未経験から不動産会社を開業するのは可能ですが、軌道に乗せるのはかなり厳しいです。

しかし不動産会社歴3ヵ月程度で独立開業した方は結構います。

短期間とはいえ不動産業務を体験することで、実務や仕事獲得の流れは大まかに理解することができます。

一度業界を経験しておくだけ

  • 開業した時に何をするべきか
  • お客様をどのように獲得するか
  • 必要な書類
  • 契約の流れ

などを身に着けることができます。

まったくの未経験であれば短期間でも不動産会社に就職し、現場を見ることをおすすめします。

まとめ

業界未経験でも不動産会社を独立・開業することは可能ですが、かなり厳しい道のりとなることは覚悟する必要があります。

最後になりますが、不動産会社を開業する人はどっぷり業界に使っている人が多いです。

未経験から不動産会社を始めたい方は一度は不動産会社に勤めることをおすすめします。

営業・追客ツールの資料がダウンロードし放題

不動産会社のミカタでは、営業・集客・追客に役立つ資料を無料でダウンロードいただけるミカタストアを提供しています。

業界で話題のサービスあまり公にされていない資料もありますので、是非ミカタストアをチェックしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事