不動産会社におすすめのブログネタ3選【参考サイトあり】

不動産会社がお客様を集客する方法のひとつとして「ブログ」が挙げられます。

ブログは継続することで、

  • どのようなスタッフがいる会社なのか?
  • どのエリアに強い会社なのか?
  • どのような対応をしてくれそうか?

など。見ている方にとって不動産会社選びの判断材料となり、結果として集客に繋がります。

しかしブログといってもただ単に書けばいいというものではなく、お客様に役立つ情報を発信しなければ意味がありません。

そこでネックになるのが「ブログネタ」です。多くの不動産会社はブログネタが尽きてブログを辞めていきます。

今回は不動産会社におすすめのブログネタについて、参考サイトも交えながらご紹介していきたいと思います。

不動産仲介業務効率化ツール9選 
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産会社におすすめのブログネタ3選【参考サイトあり】

不動産会社が行うべきブログネタは大きく3つに分けることができます。

  1. エリアの物件情報
  2. 不動産関連のお役立ちコンテンツ
  3. 地域のイベント・お店情報

1.エリアの物件情報

まず不動産会社がブログを行う上で一番スタンダードなネタが「エリアの物件情報」です。

物件情報をブログとして書くことで、「その物件に詳しい会社」という印象を与えることができます。

しっかりと物件名を記載することで検索エンジンからの流入(SEO効果)も期待できます。
例)「八丁堀ライオンズマンションの物件紹介」など

参考ブログ

2.不動産関連のお役立ちコンテンツ

不動産関連のお役立ちコンテンツはブログネタも非常におすすめです。

お役立ちコンテンツとは、例えば

  • 賃貸物件の選び方
  • 売買時の注意点

など。

不動産のプロフェッショナルとして、お役立つ情報を発信すると”信頼できる不動産会社”として認識してもらうことができます。

参考ブログ

ポイントこれに加えてさらに「エリア」「地域」を限定することで、専門性を高めることができ、地域の見込み客を集客することができます。

3.地域のイベント・お店情報

不動産会社は地域に根差している営業活動している場合が多いです。

そのため、地域のイベント情報・お店情報などもブログネタにはおすすめです。

単に物件だけでなく、○○駅のお店情報も発信することで、そのエリアに今後物件を借りようとしている方や、購入している方の参考になります。

参考ブログ

タイトルも工夫することで見ている方に「おっ」と思ってもらうことができ、結果としてクリックに繋がります。

不動産会社にあまりおすすめできないブログネタ

今回紹介しませんでしたが、

  • 「会社の人事情報」
  • 「スタッフのぼやき」

こうしたものもブログのネタにすることができます。

ただし、これらのブログはお客様に価値を与えないため、あまりおすすめすることはできません。

会社の人事情報を知りたいお客様はいませんし、スタッフの意味のないぼやきを見たい方はいません。

営業マン
今日は疲れましたわー。この時期は夏バテしやすいので皆さん気を付けましょう

↑結構どうでも話題ですよね。

ブログは自分自身の書きたいことを書くのではなく、見ている方に価値を与えることが大前提です。ここをしっかりと理解することができれば、集客につながるブログを書くことができるでしょう。

集客ノウハウまとめ
不動産会社のミカタではブログだけに限らず、WEBマーケティングやブランディングなど集客に役立つ情報をまとめています。
集客にお悩みの企業様はぜひ記事をご覧ください!

まとめ

不動産会社が覚えておきたいブログネタを紹介いたしましたが、それでもブログネタが尽きるケースもあります。

こうした時には会社内でなにがお客様に役立つ情報なのか、アイデアを出し合ってブログネタを考えることも重要です。

今回紹介した3つのブログネタも徐々に精度を高めていくことで、さらなる集客に繋がります。

今日からブログでの情報発信は今日から行えることですので、さっそく始めてみてください!

\ 不動産仲介業務効率化ツール9選 /
各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産営業マンはお客様との接客がメインの業務です。だからと言って、1日中お客様と会っているかというと、そうでもありません。

お客様への物件案内、チラシ作成、間取り図作成、ポータルサイトへの入稿、ポスティング、役所調査、売契重説作成、査定書作成、反響対応と、案外事務所にいる時間が多いものです。

どれも大切な業務ですが、お客様と会わないと数字が上がりません。

そんな多忙な不動産営業マンのために、各シチュエーション別に業務を効率化できるツールをご紹介します。

不動産仲介業務効率化ツール9選 | 各シチュエーション別人気資料も紹介

不動産仲介にとって業務効率化は非常に大切なテーマです。本ページでは各シチュエーション別に業務効率化できるおすすめツールを紹介しています。

売上げUP・業務効率改善を検討している不動産会社様はぜひチェックしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

よく一緒に読まれている記事